FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

ソフトバンク・エナジーの太陽光メガソーラー発電所、京都などで7月から始動

2012年3月5日(月)


 フクシマ事故以来、原子力発電所に強く反対し始めた孫正義氏が

全国の地方自治体に呼びかけて推進しているメガソーラー発電所の

モデル発電所4ヶ所が7月から始動するという朝日新聞のニュース。

 反原発の立場の当ブログとしては孫正義氏の真意がどこにあるかは

詳しく知っている訳ではないが(著書や「あんぽん」も読んでない)

取り敢えず、東電を厳しく批判し脱原発のアクションを自ら起こした

というこの「勇断」にエールを送ります。

 孫正義氏については、いろいろと言う人も居ますが、在日として

苦労してきた経歴を考えれば、単純に大資産家であるから反対

と云う立場を当ブログは取りません。

 但し、良く知らないので、将来に亘って支持を続けるという訳でも

ないことを表明しておきます。

 脱原発という一点で手を繋げるのではないでしょうか?

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 
ソフトバンク太陽光発電、京都など4カ所で7月から始動
 (朝日新聞) - 2012年3月5日(月)22:13
 

  ソフトバンクグループは各地での太陽光発電の事業化に向けて
  発電パネルのテストを行っている=12月、北海道苫小牧市

 通信大手ソフトバンクの傘下で自然エネルギー事業を手がけるSBエナジーは5日、大規模な太陽光発電所(メガソーラー)を群馬県榛東村と京都市伏見区、徳島県小松島市と松茂町の計4カ所につくると発表した。

 群馬県と京都市では4月に着工し、7月1日の運転開始を目指す。自然エネルギーの電気を電力会社が買い取る「固定価格買い取り制度」が同月から始まるためだ。群馬県ではシャープが、京都市では京セラグループが、それぞれ設備の設計や調達を担う。徳島県については、今後開始時期などを詰める。 

 ソフトバンクは東日本大震災後、自然エネルギー事業への参入を決めた。全国十数カ所に合計で200メガワット規模の太陽光や風力などによる発電施設を設置する計画を明らかにしているが、建設が具体的に決まったのは今回が初めて。




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2552-30840f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)