FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【“最後の被曝医師”が語る人体に与える内部被曝の脅威】 日刊SPA!

2012年1月5日(木)

 今日付けの【日刊SPA!】Web版に、

“最後の被曝医師”肥田舜太郎さん(1917年生れ)へのインタビュー記事が

掲載されていた。

内部被曝の恐怖 「何ミリシーベルト以下なら大丈夫」はウソ
“最後の被曝医師”が語る人体に与える内部被曝の脅威

  日刊SPA! − 2012.01.05


  
          肥田舜太郎 医師

     ******************

 ここからは、私の思い ・・・

 内部被爆は、主として飲料水や食料品から取り込まれるが、空気からも肺を

経由して取り込まれ、血液を通して全身に送り込まれる可能性がある。

 また、福島や残留放射線濃度が高い地域ばかりではなく、放射線汚染稲藁が

全国の酪農家に(意図せず)使用されていたことからも解るように、日本の

高度な流通システムによって、結果的に汚染は日本全国に拡大しているのであり、

全国民が多かれ少なかれ内部被曝しているのである。(もちろん私たちも)

 今、政治的に“規制”されているのは、国際基準から見ても数十倍以上の

『暫定基準値』を超えるものだけであり、500Bq/kg 以下の食材は、無警告で

流通し、殆どの国民が知らないうちに内部被曝しているのである。


 AEON や イトーヨーカドー(7-11含む) などでは、新基準値を目処にして

管理されているようなので、少しはマシだが、肥田舜太郎 医師によれば、

「低レベルであれば安全であるという訳ではない」 とのことである。

 以下、是非お読みいただきたい!

    ・・・私の思い終わり

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

長いので、全文引用は避けるが、その主なところをピックアップすると・・・
   (文字強調は引用者)

     ****************

【私はこれまでずっと広島・長崎で被曝した患者を診続けてきました。原爆のときは、火傷をしたり全身の粘膜から血が噴き出したり、頭髪が抜けるなどの急性症状がありましたが、今回の福島原発の場合は、長期的な「内部被曝」の影響が心配されます。

 よく年間何ミリシーベルトだとか、毎時何マイクロシーベルトまでなら大丈夫だとか言われていますが、これは外部被曝の場合のことです。
 内部被曝というのは外部被曝と違って、放射性物質を体内に取り込んでしまい、1日24時間ずっと被曝し続けるというものです。】

【日本の政府や学者がついているいちばん大きなウソは、「(外部被曝線量が)年間何ミリシーベルトなら大丈夫です」ということ。内部被曝のことを全く考慮していません。

体内に入る放射性物質は「それ以下なら大丈夫」ということはない。少しでも体内に入ったら、長期的に被曝し続ける。微量な被曝であれば大丈夫というのは間違いです。

 専門家というのは、政府の責任を隠したり、業界の利益を守ったりするために、ときに意識的にウソをつくことがあります。

福島原発事故後の例で私が実際に報告を受けたもので言えば、多くは放射線に敏感な子どもに初期の被曝症状が現れています。

 下痢が続いて止まらない、しばらくしたら口内炎が出るとか、のどが腫れて痛いとか。多くの母親が心配していたのは子どもの鼻血です。鼻血がずっと続いて止まらない。そのうちに、両親にもそんな症状が出てくる。これは福島に限りません。私のところには、東京や神奈川、静岡などからもこういった相談が寄せられました。】

【被曝をできるだけ少なくするために、「原発からとにかく遠く逃げろ」とか「汚染されてない食べ物を食べろ」などと言われています。でも、そんなことは誰にでもできるわけではない。

 家も仕事も地元の人間関係も放り投げて逃げられる人が、どれだけいるでしょうか。
 事故がおきて9か月以上経っています。これまで1日3食として800食以上、まったく汚染されていない食べ物を食べ続けている人は少ないでしょう。

 遠くに逃げても生活できて、汚染されていない食べ物を調達できるというのはごく一部の人々です。
 ほとんどの人々は、放射能汚染されたこの日本で生きざるをえない状況になっています。】 (以下略:リンクからお読みください)

内部被曝の恐怖 「何ミリシーベルト以下なら大丈夫」はウソ
“最後の被曝医師”が語る人体に与える内部被曝の脅威

  日刊SPA! − 2012.01.05



     *****************

【肥田舜太郎】
 1917年広島生まれ。医師。
広島市への原爆投下により自身が被曝、その後被曝者の救援・治療にあたる。
臨床体験をふまえて「原爆ぶらぶら病」と呼ばれる症状や、内部被曝、低線量被曝の影響に関する研究にも携わった。

     *****************

【解説:内部被曝と外部被曝】
 内部被曝と外部被曝では、被曝の仕方が全く異なる。
 内部被曝では、透過性の低いアルファ線、ベータ線のエネルギーがほとんど体外に逃げることなく、人体に影響を与える。これに対して、
外部被曝では透過性の低い放射線は届かず、主に透過性の高いガンマ線で被曝する。
体内に摂取した際に危険なのはアルファ線、ベータ線を出す核種である。

     撮影/大西史恵 取材・文/北村土龍

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

群馬大学長による、早川教授への訓告

放射性汚染物で高度に汚染している福島県での農産物の出荷をオウムのサリンになぞらえて批判(ツイッターでの発言)をした早川由紀夫教授が群馬大から訓告処分を受けている。
自分自身も原発事故の被害者である福島の農民を、地下でサリンを撒いたオウム信者扱いは、当の農家にとっては名誉毀損かもしれないが、無関係な大学当局が処分するなど言論統制ですよ。
しかも日本国内では、今まで何ヶ月もの長い間『放射能は安全安心』なる不思議な宣伝が政府やマスコミによって行われていたのです。
それならカウンターバランスとして過激に見える早川発言は、正当な発言とも考えられるのですね。
肥大医師の主張のように、癌の発症では低濃度の内部被曝が怖いなら、早川教授がツイッターに書いたように福島での農産物の生産や販売は限りなくオウムのサリン散布に近い『無差別テロ』に近いと考えてもで間違いではないのです。オウムサリンよりも今回の福島原発放射能の方が、遥かに多くの被害者が今後発生することが予想されているのですよ。
それなら、この早川氏が処分されるなら、肥田医師も『名指し』していないだけで主張内容は同じ意味なのです。

  • 2012/01/06(金) 11:56:41 |
  • URL |
  • 宗純 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2477-2b66b4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)