FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

森ゆうこ参議院議員 (文部科学副大臣) より 返信メール 頂きました

2011年12月6日(火)

 私(JUNSKY)が、【学校給食の放射能残留目安】問題に関して、森ゆうこ参議院議員のブログにコメントを書いた(2011/11/5 14:55)ところ、以下の返信メールがありましたので、ご紹介します。

…………………………

Fw: ご意見を賜りありがとうございました。
--------------


【給食の安全確保について】

予算の制約があり、17都県での実施となりました。
また現在、給食丸ごとミキサー検査の予算調達中です。
不十分、遅すぎるとのご批判を頂いております。
更に頑張りますのでご理解をお願い申し上げます。
給食検査について、参考として例示した40ベクレル/kgでは緩すぎるというご意見もありますが、ゲルマニウム半導体検出器が入手し難い状況で、出来るだけ迅速に実施することを優先しました。

一部報道で「基準と目安で混乱」とある。
報道の意図が分からない。
給食検査の実施要項に、検出された数値をどう扱うのか、その目安を例示するのは当然のこと。
その目安は、出荷停止措置などを伴う法的規制値と違うのは当然のことである。
それとも暫定基準値以下なら使用せよということなのか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【給食検査】

 他の政務三役や官僚から理解、協力してもらうために、専門家による非公開の勉強会も開催した。
 チェルノブイリに視察に行ききちんと報告会をしたことで理解が深まった。
 事業開始にあたり、放射性物質が検出された場合の対応について、文科省としての考え方を提示すべきという主張も了解を得て、目安の数値は現在審議中の新たな規制を先取りすることが三役と幹部の懇談会で了承され、その方針に基づいて担当部局は非常によく整理された実施要項を作成してくれた。
 その要項は所定の決裁を受け、すぐさま対象の17都県に発出された。

 それが11/30。

 その翌日が私の会見。

 「不用意な発言」で混乱を招いたと批判するのは結構だが、根拠を示して欲しい。

 少なくとも早く給食の安全確保策を実施しなければならないという使命感と覚悟を持って粘り強く準備を重ねてきたのは事実である。

 放射能から子どもたちを守る!
  邪魔する者たちとは断固闘う!


                    森ゆうこ

  (2011年12月5日 15:50 受信:コメント投稿から約1時間後)  

 
  以上、内容は 昨日このブログ で御紹介した 【森ゆうこ の Twitter】

 @moriyukogiin に書かれている内容 とほぼ同じで、

 コメントや御意見に「定形で」返信されているものとは思いますが、

 何処かの党のように幾ら意見を送っても 『なしのつぶて』・音沙汰無し

 よりは、余程まともな対応だと思います。

 なお、上記の返信には、昨日御紹介した内容から以下が抜けています。

【給食の安全確保事業をスタートするために三ヶ月かかった。当初、厚労省や農水省の了解を得ないと財務省に認めてもらえないと言われて両省から了解も得た。】

 単なる書き落としか、何らかの配慮があってのことか・・・

 重要なポイントなので、ちょっと気になります。 


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

私(JUNSKY)が、森ゆうこ参議院議員のブログに書いたコメント(2011/11/5 14:55)

Twitter:@moriyukogiin 
を読ませて頂きました。
無念さが伝わって来ました。

当方のブログに引用して紹介させて頂きました。
【東日本地域の学校給食40Bq/kg以下を目安】 を記者会見で発表した森ゆう子文部科学副大臣の想い

RTもしておきます。

***********

農水省や厚労省にも了解を得て準備周到に発表されたにも関わらず、「何も聞いていない」と居直る厚労省の姿勢は許すことができません。

最も国民の命、とりわけ子どもの生命を守ることに熱心であるべき主務官庁である厚労省が、率先して文部科学副大臣の公式見解を揉み消そうと躍起になっているのが恐ろしい限りです。

200Bq/kg や 500Bq/kg という欧州基準の100倍、チェルノブイリ原発の被災地域であるウクライナよりも遥かに高い設定で平気な顔をして、相変わらず「直ちに健康には影響が無い」との立場を堅持している厚労省や政府の対応では、数年後、数十年後の日本に恐ろしい光景をお越しかねません。

************

しかし、Twitterで『つぶやく』と云うことは、副大臣の地位を掛けた挑戦でもあると思います。

この『つぶやき』を政治的に問題にされて副大臣の地位を失う前に、森ゆうこ参議院議員として、つぶやかれている内容の証拠を固めて公式記者会見で真相を発表されるべきだと思います。
もし『席』を失っても、世の中の母親たちをはじめ多くの人々を立ち上がらせる 【Key Stone】 になるに違いありません。


投稿: JUNSKY | 2011年12月 5日 (月) 14時55分 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2442-1e83ac92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)