FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

嘘ツキ東電は 「臨界なかった」と断定するが、信じられるはずが無い!

2011年11月3日(木)

 おとといから急に報道され始めた、キセノン検出による再臨界の疑い!

二回目の検査でも放射性キセノンキセノン135が検出されたという。

半減期は、キセノン133が約5日、キセノン135が約9時間なので、

キセノン135が検出されたことは、つい最近核分裂が起こった ことを

示すものである。


   (説明図は、読売新聞Web版より拝借)

 当初は、フクシマ第1原発2号機からの検出だとされていたが、

それは、2号機は検出装置がまだ『生きていた』からで、

検出装置が破壊されている、1号機・3号機でも同様の事象が

起こっている可能性が高い。

 今日、東京電力は「キセノンは自発核分裂の状態であり臨界なかった」

と断定したようだが、

「臨界なかった」と断定 キセノンは自発核分裂 東電
 (朝日新聞) - 2011年11月3日(木)13:51


これまで嘘をつき続けてきた来歴を考えると、

とても信じられるものではない。

 原子力安全保安(不安)院も、これを追認したようで、自主性のカケラ

もない『原子力村』状態が続いている。


 記者会見で、福島第1原発2号機の状況などについて説明する
 原子力安全・保安院の森山善範原子力災害対策監=2日午後、経産省


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

「臨界なかった」と断定 キセノンは自発核分裂 東電
 (朝日新聞) - 2011年11月3日(木)13:51

 東京電力は3日、福島第一原発2号機の原子炉内で核分裂反応が連鎖的に起こる「臨界」はなかったと断定し、発表した。検出されたキセノンの濃度や原子炉の温度、圧力のデータから核分裂の状況を推定し、臨界状態には達していないと判断した。

 検出されたキセノンは、原子炉の燃料に由来する放射性物質キュリウムなどが自然に核分裂を起こす「自発核分裂」で発生したと見ている。これは、通常の原発停止中にも原子炉内で起こる現象。年内に冷温停止状態を目指す工程表の達成にも影響がないという。

 2号機では、格納容器内の気体を浄化するガス管理システムで処理した気体を1日に調べた結果、放射性キセノン133、135を検出した。2日も測定したが、キセノン135が検出された。キセノン133は半減期が約5日、キセノン13が約9時間と、比較的短いため、キセノンが検出されたことで、最近でも原子炉内で、核分裂が断続的に続いていることが明らかになった。
 



「キセノン検出」官邸へ連絡遅れる…保安院注意
 (読売新聞) - 2011年11月3日(木)00:10


福島原発で核分裂 冷温停止へ「黄信号」 注水に影響
 (産経新聞) - 2011年11月3日(木)08:00


福島第一2号機、再測定でもキセノン検出
 (読売新聞) - 2011年11月2日(水)22:21


福島2号機の核分裂ほぼ確実 キセノン確認、臨界調査中
 西日本新聞 − 2011年11月2日(水) 22:15


1、3号機も小規模臨界の可能性 福島原発、分析進める
  西日本新聞 − 2011年11月02日
 福島第1原発2号機で核分裂が生じ一部で小規模な臨界が起きた可能性がある問題で、東京電力は2日、2号機格納容器から吸い出した気体を再分析し、臨界があったかどうかを確かめる作業を進めた。東電は「1、3号機についても同様のことが起きている可能性がある」としており、早期に燃料の状態を把... 




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

目に余る検察や警察やマスコミの怠慢

これが電力会社ではなくて他の製造業なら 、悪臭程度でも、とうの昔に強制捜査されていますよ。
張本人の犯罪者に事件の解明を期待するなど、馬鹿馬鹿しくて話にもなりません。
キセノンの検出による再臨界の話ですが、3・11から8ヶ月も経っているのですよ。
今回の2号基のキセノン初検出ですが、初めての検出の意味は、『初めて検査した』の意味なのですよ。
今までは検査していないのです。
原子炉は最初の段階で破壊されているのですから、完璧な形の臨界はそもそも起きる筈が無く、ぶすぶすと不定期で臨界していると見るべきでしょう。
普通なら3日もあれば圧力容器の温度は100度以下にまで下がるのですよ。
毎日数十トンもの冷却水を注入していて8ヶ月。これは崩壊熱程度ではなくて再臨界熱の発生を考えないと辻褄が合いません。
何れにしろ、真相の解明には下手人を逮捕してからでないと、絶対に無理ですね。今の政府や警察やマスコミの態度は、この凶悪事件を起こした犯人との協同謀議が疑われる段階でしょう。

  • 2011/11/07(月) 16:26:34 |
  • URL |
  • 宗純 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

「原子力ムラ」の外にいる中立的立場の科学者の発言どころか

きくまこ先生 @kikumaco ですが、
大阪大学の物理学教授の菊池誠氏ですが、御存知無い善良な人が未だにいるようですが、この人物はエアーな原発安全村の御用学者の筆頭に挙げられている人物ですよ。
反原発憎しで凝り固まっている、この人物の御用ぶりは年季が入っており昨日今日ではない。
福島第一原発が爆発炎上している最中に、長年原発の危険性を指摘していた広瀬隆氏人を『トンでもである』と自分のブログで告発した心算がやぶ蛇。
余りの原発御用学者ぶりに、信者の取り巻き連中からも呆れかえられるほどの空気が読めない原発安全教の狂信者ですよ。
菊池誠 (@kikumaco)物理学者ですが、つぶやく内容の1/4は「でたらめ」です。この人だけは避けた方が正解で、恥をかかずに済みそうです。

  • 2011/11/05(土) 14:46:21 |
  • URL |
  • 宗純 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

連鎖反応と非連鎖(?)核分裂

黒猫先生 @Mihoko_Nojiri とかきくまこ先生 @kikumaco のツイートを追った限りでは、
(1)自発核分裂(臨界と違って連鎖しない)が、一定の確率で起きる。
(2)燃料の組成から、自発核分裂の生成物の量が推定できる。
(3)発表された検出量からは、臨界ないし連鎖反応は起きていないか、短時間・局所的で今のところ危険はないと思われる。(ただし監視を続ける必要はある。)

ということのようです。

いわゆる「原子力ムラ」の外にいる中立的立場の科学者の発言を追っておくと、東電発表をどう判断すべきかの助けになります。ご参考までに。m(_◎_)m

  • 2011/11/04(金) 16:45:48 |
  • URL |
  • BUNTEN #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2407-86fb613c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)