FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

英国のMOX燃料工場閉鎖 で プルサーマル運転は破局に!

2011年10月18日(火)

 本日付け東京新聞によると、

東京電力福島第1原発事故で

「日本がMOX燃料を受け入れる見通しが立たなくなった」

 と英側が判断したため、英国のプルトニウム・ウラン混合酸化物

MOX燃料工場 の 閉鎖が決まった という。

日本負担の数十億円無駄に 英MOX燃料工場の閉鎖で
 東京新聞 − 2011年10月18日 10時26分


   
   英中西部セラフィールドにある
   プルトニウム・ウラン混合酸化物燃料工場
    (セラフィールド社提供・共同)

 
     ******************

 故障が相次いでいたため、日本の電力10社が数十億円の

費用を負担して改修工事が進んでいた矢先のこと。

 英国も、原発やプルサーマルが時代遅れであることを既に理解して

の判断だったのだろう。

 日本は、いつまで超毒性の悪魔(プルート)の元素 プルトニウムに

依存した原発運転を続けるつもりだろうか?

 この英国の工場閉鎖を言い訳にしてでもよいから

直ちにまずはプルサーマル原子炉を停止して頂きたい。

続いて全ての原発を停止するべきである!




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 なお、このニュースは、Web版では東京新聞しか報道していない模様。

『ニュース記事検索』 に 掛からない!(10/18, 19:00 現在)

日本負担の数十億円無駄に 英MOX燃料工場の閉鎖で
 東京新聞 − 2011年10月18日 10時26分
 

 【ロンドン共同】原発の使用済み核燃料を再利用するプルサーマル計画をめぐり、日本の電力10社が費用負担して改修工事が進んでいた英国のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料工場の閉鎖が決まったため、既に拠出した少なくとも数十億円が無駄になったことが18日、分かった。関係筋が明らかにした。

 工場閉鎖の直接的な原因は、東京電力福島第1原発事故で「日本がMOX燃料を受け入れる見通しが立たなくなった」と英側が判断したためだ。

 工場の改修が必要になったのは以前から故障が相次ぎ、計画通りにMOX燃料の製造が進まなかったという英側の事情からだった。 




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

MOX燃料

コメントありがとうございました。早速、ブログに引用させていただきました。英国もドライに撤収するものですね。

  • 2011/10/19(水) 01:57:05 |
  • URL |
  • あんくるトム #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2388-7f45cd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)