FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

質量 【1kg】 の基準が変わるかも・・・

2011年10月17日(月)

 NHKのニュースによると、私たちが慣れ親しんでいる 【1kg】は、

パリ郊外にある国際機関の「国際度量衡局」に厳重に保管されている

「キログラム原器」からのトレーサビリティが確保されているらしい。

 しかし、その「キログラム原器」も百数十年の歳月を経て重さが

変化している(と言っても極めて微視的にみての話ですが)らしい。

 今日からパリで始まった、「メートル条約」の加盟国の総会で、

およそ120年ぶりにこの基準を見直す見通しとなったという。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 
キログラム 120年ぶり見直しへ
 (NHKニュース) − 2011年10月17日 5時48分
 

 重さの単位「キログラム」を定義する国際的な基準が、17日からフランスのパリで行われる国際会議で、およそ120年ぶりに見直される見通しとなり、日本の最先端の研究に基づいた新たな基準が検討されることになっています。

世界的に使われている重さの単位「キログラム」は、パリ郊外にある国際機関の「国際度量衡局」に厳重に保管されている「キログラム原器」と呼ばれる、高さ4センチほどのプラチナとイリジウムの合金の円柱型の分銅が「1キログラム」の基準となっています。この分銅をもとに、19世紀末から世界中のはかりが作られていますが、この分銅は、過去に汚れを落とした際に重さがごく僅かに減ったことが確認されており、歳月とともに重さが変わることが懸念されています。このため、17日からパリで始まる「メートル条約」の加盟国の総会は、およそ120年ぶりにこの基準を見直す見通しとなり、新たな基準として、日本の独立行政法人の産業技術総合研究所が進める最先端の研究に基づいた物体の原子の数から重さを決める方法などが検討されることになっています。新たな基準の策定に当たる「国際度量衡局」の国際委員会の田中充委員は「これまでの基準ではマイクログラムなど極めて小さい単位になると、精度がかなり落ちてしまった。新たな基準が採用されればナノテクノロジーや、バイオテクノロジーなどの科学技術の発展に大いに役立つだろう」と話しています。総会は21日まで開かれ、最終日に、基準を見直すかどうか採決で決めることにしています。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2387-debff553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)