FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

九電が自ら任命した第三者委員会の報告を握りつぶし× 郷原氏怒り心頭!

2011年10月12日(水)

【九州電力は、「やらせメール」問題に関する同社の最終報告書で7日、古川康・佐賀県知事の発言がやらせを誘発したと結論づけた第三者委員会(郷原信郎委員長)の認定を見送る方針を固めた。】 (毎日 2011/10/08)

 そして、都合の良いように書き換えた報告書を

 【取締役会で承認した後、経済産業省に提出する。】 (毎日)

 ことにしたらしい。

また、【眞部利應社長の進退は議題にしない方針】 (毎日) らしい


<九州電力>原発やらせメール 九電、第三者委に反論へ 「知事が誘発」認めず
 (毎日新聞) - 2011年10月8日(土)18:00
 

 このような、九州電力の身勝手な動きに対し

【元第三者委員会委員長の郷原信郎弁護士は12日、「現体制を維持しようとする経営者の暴走」と批判し】 (読売 2011/10/12)

 【「刑事裁判に例えれば、覚醒剤の使用で起訴された被告が、裁判官の前で注射器を取り出して覚醒剤を使用する行為に等しい」と指摘した。 】 (読売)

 と云う。
 ちょっと喩えがムツカシイが、雰囲気は解る。

九電やらせ「経営者の暴走」と元第三者委委員長
 (読売新聞) - 2011年10月12日(水)19:58
 


  九州電力第三者委員会の郷原信郎委員長(共同通信)

 郷原氏は 「怒り心頭」 の御様子だ

 「恥も外聞も無い」 というか 「恥さらし」 というか

九州電力の経営陣は、全く反省のない人々である。

 こんな資質(悪いという意味で)の人々が原発を管理するなんて怖い限りである。

なんせ、『自分に都合の良い情報だけしか採用しない』 のだから・・・

 事故が起これば隠蔽するにきまっている。

 先だっての玄海原発第4号機の事故の際も、地元に連絡があったのは、

1時間半くらいも後の事だったという。

 1時間半あれば、実動でも1時間くらいは避難行動に使え、

随分遠方まで避難できる時間である。

 その避難できる機会を逸してしまった。

 これが、放射能漏れ事故であれば、フクシマのように多数の被曝者が出ていた

ことになるではないか!

 現・経営陣は 総退陣してもらわなければならない!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


九電やらせ「経営者の暴走」と元第三者委委員長
 (読売新聞) - 2011年10月12日(水)19:58
 

 九州電力の「やらせメール」問題を調査した元第三者委員会委員長の郷原信郎弁護士は12日、九電が「佐賀県知事の発言がやらせの発端ではない」とする最終報告書を経済産業省に提出する方向で調整していることについて、「現体制を維持しようとする経営者の暴走」と批判した。

 第三者委の事実認定を採用せず、事実上否定する内容で調整している九電の動きをけん制するのが狙いとみられる。九電は14日にも臨時取締役会で報告書の内容を決定し、真部 利応 ( としお ) 社長が同省に提出する予定。

 郷原氏はこの日配信したメールマガジンで、「不透明な企業行動を問題点として指摘した第三者委の報告書を根底から否定するだけでなく、報告書の指摘に反する行為をあえて繰り返すことにほかならない」と知事擁護の姿勢を続ける九電の方針を批判。「刑事裁判に例えれば、覚醒剤の使用で起訴された被告が、裁判官の前で注射器を取り出して覚醒剤を使用する行為に等しい」と指摘した。
 


<九州電力>原発やらせメール 九電、第三者委に反論へ 「知事が誘発」認めず
 (毎日新聞) - 2011年10月8日(土)18:00
 

 九州電力は、「やらせメール」問題に関する同社の最終報告書で7日、古川康・佐賀県知事の発言がやらせを誘発したと結論づけた第三者委員会(郷原信郎委員長)の認定を見送る方針を固めた。第三者委は、九電と古川知事との密接な関係が一連のやらせ問題を生んだ、と指摘。九電は、事実関係が異なるとして、両者の主張は平行線をたどっていた。

 九電は来週開く予定の臨時取締役会で報告書を承認した後、経済産業省に提出する。しかし、社内調整が難航したり、経産省側の都合によっては、翌週の17日以降にずれ込む可能性もある。

 臨時取締役会では、続投する意向の眞部利應(まなべとしお)社長の進退は議題にしない方針で、役員の報酬カットや更迭も決める予定。松尾新吾会長と眞部社長については、他の取締役よりカット幅を大きくしたり、カット期間を長くする方向だ。

 また第三者委が提言した原子力部門の社内監視組織の設置や、コンプライアンス(法令順守)部門の機能強化などは盛り込まない。

 他方、グループ企業や取引先企業への政治資金パーティー券あっせんの中止や、幹部による個人献金の自粛は盛り込む予定で、細部は調整している。

     毎日新聞 【中山裕司】
 


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2381-d1397210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)