FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

九電と第三者委対立 やらせメール、知事関与巡り (読売)

2011年9月18日(日)

 九州電力が抵抗するほど益々疑わしさが増すばかりであるのに、

そのことにさえ気が付いていないお馬鹿ぶりである。

 九州電力が自ら任命した「第三者委員会」の報告書について

「佐賀県知事の発言がやらせメールのきっかけになった」 とする

「第三者委員会」が指摘する内容を

【知事に配慮した内容に修正するよう繰り返し求めた】 (読売9/18)

  と云う。

やらせメール、知事関与巡り九電と第三者委対立
 (読売新聞) - 2011年9月18日(日)12:23



 そんな修正をしたら、「第三者委員会」の「第三者」たる前提が

崩れてしまうではないか?

 九電は、初めから「九電の意にかなった結論」を出してくれるものと

期待して「第三者委員会」を設立して、世論をかわすつもりだったようだ。

 その委員に郷原信郎氏を選んだのが九電にとっては間違いだった!

 もっと、献金漬けにしている御用学者を委員にするべきだった???

     

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

やらせメール、知事関与巡り九電と第三者委対立
 (読売新聞) - 2011年9月18日(日)12:23

 九州電力の「やらせメール」問題で、中間報告をとりまとめた8日の第三者委員会における議論の概要が明らかになった。

 佐賀県の古川康知事の発言がやらせの発端とする第三者委と、知事擁護に徹する九電側が激しく対立。相互不信を極めた両者の関係が浮かび上がった。第三者委は18日に調査を終え、20日にも第4回会合を開く予定で、最終報告の取りまとめに向け、両者が最終調整に入る。

 関係者の話を総合すると、九電側は会合前、「知事発言が発端」と認定した中間報告の原案に反論する意見書を第三者委に提出。8日の会合は、意見書の取り扱いから議論が始まった。

 九電側は「知事はやらせを要請しておらず、メモは真意と違うと発言している」と指摘。知事が記者会見で、九電に対する法的措置の可能性について「第三者委の報告を参考に、事実関係が明らかになるのを待って考える」と述べたことを挙げ、知事に配慮した内容に修正するよう繰り返し求めた。これに対し、第三者委側は「本気で名誉 毀損 ( きそん ) の可能性があると思っているのか。そんな見解の弁護士がいれば話をしてみたい」と応酬した。

 九電側が「なぜそこまで知事発言とメモの整合性の話をするのかわからない」と不満をぶつけると、第三者委側は「知事との関係があるから触れたくないのか。事実を曲げてはいけない」などと反論。知事発言が発端との認定について「断定できる確証があるのか」と食い下がる九電側に、第三者委側は「刑事裁判のレベルで勝てる」と一蹴したという。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2352-5ecf46e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)