FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【肉牛出荷停止/農家支援に万全を期さねば】 河北新報・社説

2011年7月29日(金)

 ますます拡大する一方の、放射性セシウムに汚染された稲藁を食べて

内部被曝した「食肉牛」の肉が全国に流通し、その内モニターできた

少なからずの牛肉から暫定規制値(500Bq/kg)を超える放射能が

検出され、出荷停止が複数の県に及んでいる問題。

 福島県産に続いて、宮城県産も屠畜場への出荷停止が政府により

命令され、週明けには岩手県産にも及ぶという状況。

 原子力発電所というものが、如何に危険で制御不能の物であるかを

誰の目にも明らかにした訳である。

 しかし、検査費用や補償を東京電力に求める声は政府には弱い。

国民やメスメディアに突き上げられて渋々後出しで言う始末。

 日本共産党の国会質疑(2006年他) や 政府機関の広報 でも

全電源喪失でメルトダウンという過酷事故の筋書きが警告されて

いたのに、これに配慮せず、対策を怠ってきた政府や東京電力に

責任の根幹があることを改めて明確にすべきである。

    **************

 東北を拠点とする【河北新報】は、汚染牛肉の出荷停止に関して

今日の社説で万全の対策と補償を求めている。

東日本大震災 肉牛出荷停止/農家支援に万全を期さねば

 河北新報・社説 − 2011年07月29日金曜日
 

 これでは営農も暮らしも立ち行かなくなる。東北の畜産農家にとって、まさに死活問題である。高濃度の放射性セシウムに汚染された稲わらが肉牛に餌として与えられ流通していた問題は、深刻の度を増している。
 福島第1原発事故の膝元、福島県に続き政府はきのう、宮城県にも全域での出荷停止を指示した。岩手県にも近く指示する見通しだ。食の安全が根底から覆される異常事態の中、暴落する肉牛市況を見れば、東北の他県でも出荷をためらわざるを得ない状況だ。
 何の落ち度もないのに、肥育農家は収入の道を一方的に閉ざされた形だ。影響は子牛を供給する繁殖農家にも及ぶ。今後も営農ができ生活が成り立っていくよう、農家の支援・補償に万全を期さなければならない。
 その点で政府が決めた緊急対策は、不十分と言うしかない。
 事態を打開するために不可欠なのは、食の安全に対する信頼を回復すること、その手だてをしっかりと講ずることだ。
 対策は、セシウムの暫定基準値を超えた牛肉を買い上げることや、検査で基準値を下回ったりした肉を業界団体が冷凍保管することなどにとどまった。
 そもそも餌の管理について周知徹底できなかった農林水産省の不手際が、問題を拡大させた面がある。健康に不安を与えかねない肉を流通ルートから隔離するだけで事足れりとするのでは、その自覚の乏しさと認識の甘さを指摘するほかない。
 現に風評被害は深刻化し、肉の取引価格が通常の半値以下に急落。やむにやまれぬ自衛策として、全頭検査に踏み切る動きが東北各県をはじめ全国に広がる。だが、検査態勢の関係などから対象頭数が限られるなど限界が指摘される。
 出荷停止解除の条件としても、各県や生産者団体が強く求める国による全頭検査を、早急に決断すべきではないか。
 出荷停止や価格下落で打撃を受けた農家支援のため、政府の緊急対策では牛1頭当たり5万円が交付される。2、3カ月分の餌代にはなっても、とても暮らしの足しにはならない。
 農家は出荷時期に合わせて牛を太らせ肉質を向上させる。時期を逃せば市場価値は下がり、病気になって死ぬ恐れもある。「市況が従前水準に戻るまで、出荷停止地域で出荷予定の全頭を国に買い上げてほしい」。買い上げ拡大を望む福島県の農家の心情は痛いほど分かる。
 だが、原発事故による補償は最終的に東京電力に負わせるのが政府の方針だ。汚染牛問題についても原子力損害賠償紛争審査会に判断が委ねられる。
 そうであるならば、その結論を急ぎ早期支払いにつなげるべきだ。それまで農家にはつなぎの資金が要る。無利子の融資を含め、農家の経営を支えるあらゆる手だてを国はもちろん、自治体にも講じてもらいたい。
 肉用牛は宮城と福島の農業産出額でコメに次ぐ県内第2位の位置にあり、岩手を含む3県の産出額はいずれも全国10位内に入る。主力に育てた産業の危機を何としてでも乗り越えたい。

  河北新報・社説 − 2011年07月29日金曜日 



【関連記事】

宮城県産肉牛を出荷停止 岩手県産でも検討
 (朝日新聞) - 2011年7月29日(金)00:35


牛肉出荷停止、宮城に拡大 農家不安「どこまで補償」
 (産経新聞) - 2011年7月29日(金)08:00


汚染稲わら、16道県使用 出荷2965頭、31頭基準超す 中間まとめ
 (産経新聞) - 2011年7月29日(金)08:00


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

宮城県産肉牛を出荷停止 岩手県産でも検討
 (朝日新聞) - 2011年7月29日(金)00:35
 

 宮城県産の牛の肉から基準を超える放射性セシウムの検出が相次ぎ、原子力災害対策本部(本部長・菅直人首相)は28日、県全域の牛の出荷停止を県知事に指示した。岩手県産の複数の牛肉からも基準超えが見つかっており、同県の牛についても、出荷停止の検討を始めた。

 宮城県では、28日までに栗原市や蔵王町などの農家から出荷された10頭の牛の肉が基準を超えた。えさとなる稲わらの汚染も登米市などで確認されていた。

 宮城県の解除条件は、福島県とほぼ同じ。肉で基準を超えた牛を出荷した農家や、高濃度に汚染した稲わらをえさにしていた農家は、全頭検査で基準を下回った牛だけを出荷できる。それ以外の農家は全戸検査で、最初に出荷する際に1頭以上の肉を調べて基準を下回れば、飼っている牛を一定期間出荷できる。 


牛肉出荷停止、宮城に拡大 農家不安「どこまで補償」
 (産経新聞) - 2011年7月29日(金)08:00
 

 ■「遅い対応 コストかさむ」

 国の暫定基準値を超えた放射性セシウムを含む牛肉が流通していた問題で28日、宮城県の牛の出荷停止が決まった。「この先、どうなるのか」「自粛より補償がはっきりする」。宮城県内の畜産農家からは、不安と期待の声が上がった。

 登米市で肉用牛4千頭を肥育する「日高見畜産」社長、佐藤寿男さん(63)は、顧客から「宮城産の牛肉を応援したい」と頼まれ、準備していた牛1頭の処理を慌てて取りやめた。「全頭検査が始まるから、出荷の本格再開の準備をしていたのに」と話す。

 出荷停止は経営に重くのしかかる。出荷の時期が遅れるほど、暑さに弱い牛が死ぬリスクが高まる。堆肥の出荷も制限され、牛の糞尿(ふんにょう)もたまる。餌代がかさみ、40人以上の従業員の給与もある。

 「出荷停止は自粛より補償が明確になる」と期待するものの、「いつ再開するのか、どこまで補償されるのか。先が見えない」と疲れた様子だ。

 多くの農家では、出荷前に肉用牛を太らせる。病気の危険性が生じ、出荷しないままだと管理が難しい。

 同市で肉用牛100頭を育てる千葉正ファーム代表、千葉正一さん(61)は「行政の対応が遅れるほどコストがかさむ。最初から出荷停止にすればよかった」と批判する。

 千葉さんによると、県内農家の4、5割は東京都の食肉市場に直接、出荷してきた。「東京でも全頭検査をしないと再開の道筋が立たない」と訴える。


汚染稲わら、16道県使用 出荷2965頭、31頭基準超す 中間まとめ
 (産経新聞) - 2011年7月29日(金)08:00
 

 基準値を超えた放射性セシウムを含む稲わらが肉牛に与えられていた問題で、農林水産省は28日、全国調査の結果、基準値超えの稲わらが16道県で肉牛に与えられ、このうち14道県で計2965頭を出荷、31頭の牛肉が国の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超えていたと発表した。

 農水省は19日に全都道府県に対し、原発事故後に収集した稲わらの使用状況などを21日までに調査するよう通知していたが、結果がまとまっていない自治体もあり、発表は27日午後10時現在の中間報告となった。28日も新たに基準値超えの牛肉が確認されている。

 調査によると、基準値超えの稲わらを出荷していたのは福島▽宮城▽岩手▽茨城▽栃木−の5県。基準値超えの稲わらを肉牛に与えていたのは16道県で、飛騨牛で知られる岐阜県や松阪牛の三重県なども含まれており「予想外」(篠原孝農林水産副大臣)の広がりを見せた。篠原副大臣は「高級和牛に霜降りを入れるため、コストをかけても遠方から良質なわらを取り寄せた」との見方を示した。

 埼玉、青森両県では稲わらを肉牛に与えていたが、出荷はしていなかった。出荷された肉牛のうち回収、検査されたのは約1割に当たる393頭だった。

 農水省は牛肉のパッケージなどに記されている個体識別番号を入力すれば、汚染状況が簡単に検索できるシステムを家畜改良センターのホームページ上などに8月4日に開設。回収への協力を呼びかける。 


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

【A8 広告】
  当ブログ管理人が各社に見積を取ったところ
  こちらの自動車保険が一番低価格でした。
    車種:HONDA インサイト

  Web 見積りの【保存】を御薦めします!
  東京海上グループで安心そうですし、
  Web契約で【1万円引き】は業界最高!



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントありがとうございます。

水徒然さま

コメントありがとうございます。

何の罪もない生産者や流通業者小売業者が経営の危機に瀕しています。

可哀想の言葉も掛けられないような虚しい状況です。

もっと怒る必要があるのではないでしょうか?

  • 2011/07/29(金) 16:48:33 |
  • URL |
  • JUNSKY管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

水徒然

初めまして。私も政府(官僚)の無責任、後追いの後手後手の処置に憤慨しています。税金で食っているものが、生産者に害を及ぼして、のうのうとしているのもどうかしていると思います。この体質に対する批判は諸説紛々のようですが、生計を立てている農家の苦悩は以下ばかりか!
 

  • 2011/07/29(金) 15:19:15 |
  • URL |
  • tetsu #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2285-70800607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)