FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「脱原発」は政府見解ではない … 首相釈明(読売新聞)

2011年7月15日(金)

 おいおい、菅総理自ら認めてしまうのかよ!

   それはないだろう!! あんまりではないかい!!!

 ここは、何がなんでも突っ張るべきだろうが・・・

 うっちゃられてしまったのか? 

 もう、土俵から落ちるしかないわなー―−!!!!


     ************

「脱原発」は政府見解ではない…首相釈明
 (読売新聞) - 2011年7月15日(金)13:17
 

 菅首相は15日午前の閣議後の閣僚懇談会で、将来的な「脱原発」方針について、政府見解ではなく、個人としての考えを 披瀝 ( ひれき ) したものだと釈明した。

 閣僚への説明は、中野国家公安委員長の抗議を受ける形で行われ、独断で方針表明したことを自ら認めた。首相は来週早々に、自らが本部長を務める原子力災害対策本部などを開いて意見調整に入る意向だが、閣僚からは早くも反対論が提起され、閣内の不統一ぶりが深まっている。

 閣僚懇談会では、中野氏が「首相は(13日に)原子力に関する見解を発表したが、閣僚は話を聞いていない」と説明を要求。首相は「今日までの経緯を含め、総合的にこの辺りで国民に方向性と自分自身の決意を述べておく時期ではないかと考えて記者会見した」と語り、「個人の考え」の表明だったとした。 


     ************

 しかし、まぁ 日本政治の行方を左右しかねない重大な方針転換を

記者会見の予告までして鳴り物入りで『決然と』表明したのに、

民主党内での論議はおろか、閣議決定さえもしていなかったとは!?

 民主党『政権』って、いったい何?

 そのうえ、一日で引っ込めてしまうとは?

 昨日に引き続いて、論評のしようもない!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

首相の脱原発「党の方針でない」…民主反発拡大
 (読売新聞) - 2011年7月15日(金)08:01
 

  菅首相が記者会見で表明した将来的な「脱原発」方針について、民主党内では14日、「党が了承したものではない」といった反発や疑問の声が一段と拡大した。

 輿石東参院議員会長は記者会見で、「首相の職を辞さねばならないので、自分の思いを国民に訴えておきたいという気持ちがあっても不思議ではない」と一定の理解を示した。

 しかし、岡田幹事長は別の会見で、「脱原発」方針について「もちろん党(の方針)ではなく、首相としての発言だ」と強調し、首相と一線を画した。

 前原誠司前外相も自らのグループ会合で、「(脱原発の)方向性はその通りだ。しかし、(ポスト菅の)しっかりした体制で取り組むべきだ」と指摘。同グループの城井崇衆院議員は「首相方針には党内の議論を踏まえた部分がまったく感じられない」と憤った。 



新規に原発を作るのは極めて難しい…細野氏強調
 (読売新聞) - 2011年7月15日(金)13:36


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

【A8 広告】
  当ブログ管理人が各社に見積を取ったところ
  こちらの自動車保険が一番低価格でした。
    車種:HONDA インサイト

  Web 見積りの【保存】を御薦めします!
  東京海上グループで安心そうですし、
  Web契約で【1万円引き】は業界最高!



関連記事
スポンサーサイト



コメント

長島昭久ら民主党議員30人が

集まって管直人は首相をすぐ辞めろと公然と宣言しているのですが、その理由が、
(1)『原発の安全が確実に確認出来たら安全で安く安定している電源確保の為に動かしても良い』(と管直人自身が言っていた)→そして(2)玄海原発を厳重に安全保安院が検査した結果、完全に安全と確認されたので→(3)海江田大臣が認め地元にまで出向いたのに→(4)翌日国会で首相自ら脱原発宣言をしているぶっ潰した。→しかも(5)政府内部で何も意見調整や論議をせずに勝手に発表。(5)結果大混乱に落としいれている(6)責任は管直人に全責任があることは明らかである。
何故ならそもそも(7)管首相自身が(1)の安全確認が完全に証明されたら原子力発電を推進する立場である。
松下政経塾とは悪魔の碾き臼である新自由主義の巣窟であり所属議員は全員が煮ても焼いても食えない口先男の三百台言。
真っ赤な嘘と本当の斑模様で、この公式発言も(1)(4)(5)(7)は本当のことですが、他は真っ赤な嘘であり白を黒と言い募っている。

先ず『安全が確認出来たら』の条件なら、何も管直人首相でなくとも誰でも原発の再稼動に賛成します。
京大の小出助教も間違いなく賛成するし私も賛成です。
今現在ですが小出助教の40年間の主張のとおりで原発の危険性は完璧に証明されている。
その反対の原発の安全性などは誰かの脳内妄想程度であり、安全保安院のお墨付きなど何の意味も無い。
その意味では管直人の発言は(可也苦しいが)問題ではないでしょう。
5番の事前の根回しですが、今のような四面楚歌(原発推進)状態の閣内に事前に出せばその時点で潰されるのは、確実に予想される。
確実な敗北が判っている。
それなら管直人としては突然の発表と言う奇襲攻撃しか道は残されいなかった。

今国民の意識では脱原発は絶対多数であり原発は危険だと誰もが思っている。
ところが国会内や閣内では、正反対であるらしいのですよ。
あれ程無責任に見える管直人が、あくまで相対評価ですが、
実は内閣の中では一番真面目で責任感も現状認識もまとも(他はもっと悪い)なのですから、
これでは日本国民の苦難はまだまだ続きます

  • 2011/07/18(月) 14:14:27 |
  • URL |
  • 宗純 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

宗純さま コメントありがとうございます。

[此処で管の脱原発宣言を叩けば、喜ぶのは原発推進の周りの連中であり]
とおっしゃるのは、解るのですが、それは、あ菅総理が、「私見でした」と認めず、断固として政府の方針だ!と突っ張った場合の話でしょうね。
政府内部で何も意見調整や論議をせずに勝手に発表し、それを認めてしまったら立つ瀬はありません。

  • 2011/07/18(月) 11:32:01 |
  • URL |
  • JUNSKY #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

本当に腹が立つ

如何しようも無く情けないですね~え。涙がでそうです。
首相は日本国の最高責任者なのですよ。
他の護憲派ブログも(私の見た範囲ですが)『こんな無責任な話も無い』と一つの例外も無く『管首相が悪い』と今回の出来事を怒っている。
全てのマスコミも今回は呆れ果てていて、右は産経から左は赤旗まで新聞各社は全ての例外なく、記事や論説の主張で口を揃えて管首相を罵っているのです。
公人中の公人である首相の『私見』などは、最初から何処にも『無い』のですよ。
心の中の呟きは(出すまでは私見だか)口から出した瞬間に変質して首相の主張となる。
首相が公の場所で脱原発を喋れば、『わたくしごと』ではなくて日本国の首相判断である。

ところが今回、その首相判断が閣僚の反対で『私見』に格下げになって仕舞ったのですよ。
この反対に、脱原発に周りが賛成なら政府判断に格上げになっていた。

管直人が優柔不断で恥ずかしくて情けなくて根性なしでずるいことは事実ですが、
それでも他の閣僚とは違い、一応正しい方向に向いていることは一定限度評価しても良いでしょう。
何故なら此処で管の脱原発宣言を叩けば、喜ぶのは原発推進の周りの連中であり、これは政治的にマイナス。
ですから護憲派が怒るべきは原発推進で凝り固まっている周りの閣僚とか官僚組織の方であり、力の無い情けない管直人首相を激励する方が正しいのではないでしょうか。
今のように、出来の悪い(悪すぎる)子供を頭ごなしに叱るよりも、少しでも負い面を見つけ努力をして褒めて育てないといけないかも知れない。

  • 2011/07/18(月) 10:39:34 |
  • URL |
  • 宗純 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2264-639a5836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)