FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

セシウム汚染牛 流通経路ほぼ判明 「原発・行政憎い」 (産経)

2011年7月14日(木)

 畜産農家にとっては、とんだ大迷惑な話である。

 農家や食肉加工業者や流通業者や卸業者や小売店のの損害は、

当然「東京電力」が本来全額保障するべきだ。

 漁業被害や商工業の被害、避難者への保障も当然東京電力が

行うべきである。

 それが、“自信をもって”『安全』を喧伝してきた会社として

当然の義務であろう。

 もちろん、国策としてこれを推進してきた自民党にも責任はある。

現在政府を担当している民主党も責任を負うべきだ。

 経団連など推進してきた産業界にも連帯責任はある。

     ***************

 原発の電気が他のどの方法よりも安上がりだという虚構は、

事故の際の保障や、事故対策や予防処置に掛ける費用そして

10万年もの長きに亘って放射性廃棄物を管理する(?)費用を

全く考えていないことで Frame Up されたインチキである。

     ***************

 とはいえ、流通ルートが判明したからには、それらの牛肉を

食するべきではないのは当然のことだ。

 「体内被曝」は、次世代へも影響を与える深刻な放射能汚染である

からである。

 今回、比較的早く流通ルートが特定されたのは、「口蹄疫」や

「BSE」など、深刻な感染症への対応から数年前に制定された

「トレーサビリティ」(移動経路追尾システム)確保法によって、

個体識別番号やバーコードが、肥育農家から小売業者まで、徹底して

管理するシステムが確立していたからである。

 しかし、ミンチ肉やレトルト食品に使用されている加工品にまでは

義務付けられていないらしい。

 そういうものには、混入している危険性が無きにしも非らずである。

    **************

汚染牛肉8都道府県で438キロ消費 流通の3割
 (朝日新聞) - 2011年7月13日(水)23:44

 

 福島県南相馬市の農家が出荷した牛11頭から基準を超える放射性セシウムが検出された問題で、この農家が11頭より先に出荷した6頭について、東京都は13日夜、流通状況の最終調査結果を発表した。8都道府県で計約438キロが食用として消費されたとみられ、流通した計約1439キロの約3割に当たる計算だ。

 精肉店や飲食店などを通じて消費されたとみられるのは、北海道、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、徳島、高知の8都道府県。都は、牛肉トレーサビリティー法に基づく個体識別番号で管理されていない内臓部分を除き、流通先をすべて把握したとしている。

 この日、検査中だった2頭の牛の肉からそれぞれ、これまでで最も高い1キロ当たり4350ベクレルと3710ベクレルの放射性セシウムが検出された。この2頭については、一部、業者が自ら消費したとみられるが、一般には流通していないという。6頭すべてが国の基準(1キロ当たり500ベクレル)を超え、基準の約4〜9倍弱の放射性セシウムが検出されたことになる。 



セシウム汚染牛 流通経路ほぼ判明 「安全認識崩れた」「原発・行政憎い」
 (産経新聞) - 2011年7月14日(木)08:00
 

 国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出された肉用牛の一部は、自治体のチェックをすり抜け、食卓にまで届いていた。「安全の認識が崩れた」。汚染された牛肉を扱った小売店などは対応に追われた。一方で、冷静な対応を求める声も出ている。

 ▼イオン板橋で販売

 イオンリテールは13日、東京都板橋区内の「イオン板橋ショッピングセンター」内の精肉店で、汚染された牛肉が販売されていたと発表した。販売されたのは約38キロ分。川崎市の販売元から仕入れ、6月18〜19日に販売したという。返品を受け付け、返金する方針。イオンリテールでは「迷惑、心配をおかけしたことをおわび申し上げる」としている。

 中国・四国地方でスーパーを展開する「フジ」(松山市)でも、問題の牛肉を本社が卸売業者から仕入れ、スーパー「フジグラン阿南」(徳島県阿南市)と、「ヴェスタ桜井」(高知市)に8・8キロずつ振り分け、完売した。

 同社はポイントカードの履歴から購入者をたどり、約8割と連絡を取った。健康に影響はないことなどを説明して返金し、「おおむね理解していただいている」(同社)という。

 東京都荒川区の精肉店の男性店主(61)は「購入したお客さんに謝りたいが、誰に売ったか分からない」と憔悴(しょうすい)した様子。

 6月中旬に17キロを仕入れ、すべてを20〜30人に売った。ただ、出荷元の農家を責める気持ちにはなれないという。

 「農家も生活がかかっている。憎いのは原発。こんな事態を招いた検査態勢、農家への指導をしてきた行政も許せない」

 ▼給食使用取りやめ

 北海道千歳市内の焼き肉店「焚火家」では、報道などで汚染された牛肉の販売を知った客から「食事をしたが大丈夫か」といった問い合わせが相次いだ。

 同店の近藤裕太店長(32)は「仕入れの段階で気付くのは困難だった。お客さまには本当に申し訳なく思う」と話した。

 東京都内では保健所への相談なども目立つ。中央区保健所には「私が買った肉は大丈夫か」などの問い合わせが20件あったほか、府中市の多摩府中保健所にも十数件あった。

 神奈川県藤沢市では学校給食の牛肉使用を、保護者から「安全認識が崩れた」といった不安が寄せられたことを理由に取りやめる。

 ▼「食べても影響ない」

 実際、今回問題となった牛肉を口にした場合、健康には影響するのか。

 厚生労働省によると、肉1キログラム当たりの放射性セシウムの暫定基準値は500ベクレル。人体に影響がない年間の被曝(ひばく)線量とされる5ミリシーベルトを超えないよう算出されている。

 問題となった牛肉からは1キログラム当たり1998〜4350ベクレル、基準値の約4倍〜8倍超が検出されたが、厚労省はこの値でも、食べ続けなければ健康に影響はないとしている。

 全国消費者団体連絡会の阿南久(あなん・ひさ)事務局長は「行政は肉牛の飼育方法の徹底について軽く考えていた」と指摘した上で「今回の肉を食べたとしても影響のない範囲。福島県産などの牛肉を避けるのは行き過ぎだ。冷静に対応してほしい」と呼びかけている。 



セシウム牛肉計437キロ、28か所で消費か
 (読売新聞) - 2011年7月14日(木)07:10
 

 福島県南相馬市の農家が出荷した肉用牛11頭から国の暫定規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、この農家が5〜6月に出荷した6頭の最終的な流通先が13日、東京都の調査で判明した。

 6頭分の牛肉計1438・7キロ・グラムのうち、437・65キロ・グラムが8都道府県の28か所の精肉店や飲食店で販売されるなどしたとみられる。一方、検査が終了していなかった2頭分の肉から、新たに規制値の8・7〜7・4倍を検出。これで6頭全頭が規制値を超えていたことが確認された。

 都の最終調査結果によると、問題の6頭分の牛肉は、計12都道府県に流通。うち北海道、東京、大阪、神奈川、静岡、愛知、徳島、高知の8都道府県で消費された。

 一方、大阪府の卸売業者が購入し、一部が保管されていた2頭分の牛肉を検査機関で調べたところ、それぞれ1キロ・グラム当たり4350ベクレル、同3710ベクレルが検出されたという。 




牛の餌から56倍セシウム…福島産肉牛、10都道府県で一部消費
 (産経新聞) - 2011年7月12日(火)08:00
 (昨日引用済)


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

【A8 広告】
  当ブログ管理人が各社に見積を取ったところ
  こちらの自動車保険が一番低価格でした。
    車種:HONDA インサイト

  Web 見積りの【保存】を御薦めします!
  東京海上グループで安心そうですし、
  Web契約で【1万円引き】は業界最高!



関連記事
スポンサーサイト



コメント

お読みいただきありがとうございます。

えみ 様

お読みいただきありがとうございます。

他の記事もお読みください。

たとえば、
【稲藁と牛肉だけではない! 牧草地も農地も森林も川も池も海も そして人間も!】
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/1222e9c4e97b1890d609c3b3e09ac7ff" target=_blank>http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/1222e9c4e97b1890d609c3b3e09ac7ff

他にも関連記事を幾つかUPしております。

今後ともよろしく御願い致します。

  • 2011/07/24(日) 22:41:25 |
  • URL |
  • JUNSKY 管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Unknown

『セシウム牛 流通』で検索してたどり着きました。
私はそういう知識がかなり乏しいので
わかりやすく読ませていただきました。

  • 2011/07/24(日) 11:15:54 |
  • URL |
  • えみ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2262-f7a4e00b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)