FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

信じられない! このごに及んで課長に責任をナスリ付ける九電の無責任体質! 

2011年7月11日(月)

 今日のお昼のNHKニュースを見て驚いたことには、

 九州電力の副社長と原子力発電本部副本部長が

鹿児島県議会原子力安全対策等特別委員会に謝罪のため訪れ

(共産党県議の追求にウソ答弁したことに対する謝罪)、

議員の質問に答弁したらしいが、責任を部下に擦り付ける答弁をした。

「私が部下の課長に番組の周知を指示したが、

  具体的な方法などは把握してなかった」


『原発再開を支持するメールを出せとは言っていない』の言い逃れ。

「出したメールの内容をフォローしていなかった」とも

信じられない。 まともな会社の対応ではない。

部下の責任を問いたいなら会社の中でやってくれ!

しかし、それがどれほど重大な内容かは課長さんも解っているだろうから

独断で送信したとは思えない。 

「これでいいですか?」くらいは最低でも上司に訊いているはずである。

 そういう部下に責任を押付ける発言を公的な場でする取締役って一体何?!

副社長が会社を代表して出席したのなら、対外的な責任は

当然副社長が負うべきである。 それも九電という会社の責任として!


    ************

 鹿児島県議会という公式の場で、会社の不祥事を

部下のせいにして乗り切ろうなどとは赤恥の上塗りである。

 この『部下のせいにする』 態度は一貫しているようで、7月7日に

鹿児島県議会議長に謝罪した際も同様の“釈明”をしたようである。

 誰も、この副社長と原子力発電本部副本部長の発言を信じないだろうし、

無責任体質に、ますます九電に対する不信感が増すばかりである。


    ************

 その上、昨日の夜のニュースによれば、要請メールを送った課長や、

これに応えて説明会にメールを送った社員や協力業者の社員まで

処分すると言う。 とんでもない話だ。

 社命に従って、仕事をした人間を処分するなど以ての外。

処分は、社長以下取締役や本部長クラスに厳しく課されるべきである。

 上に甘く、下に厳しい、まさに『宮殿』の住民らしい生き様である。

九州電力の無責任体質は、治療不可能なほど非道いものだ!

 こんな無責任な会社に危険な原発のコントロールができる訳がないし、

任せるわけには行かない。

 即刻、全原発を停止し、冷温管理するべきだ!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 九電幹部 部下が安易に要請
 NHK − 2011年7月11日 13時1分
 

 玄海原子力発電所の説明会を巡る九州電力のメール問題で、運転再開に賛成の意見を出すようメールで指示したことを鹿児島県議会の委員会で否定していた幹部が11日、改めて委員会に出席し、「部下が安易にメールで要請した」と述べ、部下の判断で行われたという考え を示しました。

 この問題は先月、佐賀市で玄海原発の2号機と3号機の運転再開に向けて住民からの質問を受け付ける国主催の説明会が開かれた際、九州電力原子力発電本部の課長級の社員が、子会社と社内の一部に原発の運転再開に賛成する意見を説明会に送るようメールで指示していたものです。

 この問題について、4日に開かれた鹿児島県議会の原子力安全対策特別委員会で、(共産党県議の追求に対し;引用者追記)原子力発電本部の中村明副本部長は、メールで指示したことを否定していました。
 問題の発覚を受けて11日、鹿児島県議会の特別委員会が再び開かれ、九州電力の中村副本部長と山元春義副社長が参考人として呼ばれました。

 まず、山元副社長が「県議会と県民の信頼を損なうことになり、心からおわびしたい」と謝罪しました。続いて、中村副本部長は4日の特別委員会でメールによる指示を否定したことについて「部下に説明会を周知することは伝えたが、その後、フォローしていなかった。部下が安易にメールで要請した」と述べ、前回の発言は故意ではなく、メールによる指示は部下の判断で行われたという考え を示しました。



九電副本部長「課長のメール内容、把握せず」
 (読売新聞) - 2011年7月11日(月)13:36
 

 鹿児島県議会の原子力安全対策等特別委員会が11日開かれ、九州電力の「やらせメール」問題を巡り、九電の中村明・原子力発電本部副本部長が 「私が部下の課長に番組の周知を指示したが、具体的な方法などは把握してなかった」 と釈明した。

 中村副本部長は4日の特別委では「そのような事実はない」と否定していたが、この日の特別委では「(指示した)課長が関連会社などに出したメールの内容をフォローしていなかった」とした。

 「誰から指示を受けたのか」との質問には、「私の上司だが、国に対する報告書を作成しているので現段階では(具体名は)ご容赦いただきたい」と明言しなかった。

 特別委には、参考人として、山元春義副社長兼川内原子力総合事務所長も出席。山元副社長は冒頭、「県民の方々に大変、ご迷惑をかけたことをおわび申し上げます」と陳謝した。 

 

九電副社長 県議会に謝罪
 NHK − 2011年7月7日 20時0分
 

 九州電力の幹部が、今月4日に開かれた鹿児島県議会の特別委員会で、運転再開を容認するメールを「依頼していない」などと事実と異なる説明をした問題で、九州電力の山元春義副社長が、7日、県議会を訪れ、議長らに謝罪しました。

 この問題は、今月4日、鹿児島県議会、原子力安全対策特別委員会に参考人として出席した九州電力原子力発電本部の中村明副本部長が運転再開を容認するメールについて「そのようなことを依頼した事実はない」などと事実と異なる説明をしていた ものです。
 九州電力の山元副社長は、7日午後、県議会を訪れ、金子万寿夫議長らに「県議会に迷惑をかけて申し訳なく思う。事態を深刻に受け止め、信頼回復に努めたい」と謝罪しました。
 これに対して金子議長は、「議会として不愉快だ。鹿児島でも開かれる予定の国の説明会に与える影響は大きい。なぜこうなったのか九電は説明してほしい」と述べました。
 面会はこの後、非公開で行われましたが、金子議長らによりますと、山元副社長は「説明した幹部が子会社にメールを依頼したことを知らなかった」などと釈明した ということです。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

【A8 広告】
  当ブログ管理人が各社に見積を取ったところ
  こちらの自動車保険が一番低価格でした。
    車種:HONDA インサイト

  Web 見積りの【保存】を御薦めします!
  東京海上グループで安心そうですし、
  Web契約で【1万円引き】は業界最高!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

無責任な九電

JUNSKYさんのブログをあんくるトム工房で紹介させていただきました。よろしくお願いします。

  • 2011/07/12(火) 08:11:01 |
  • URL |
  • あんくるトム #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Q電ってひどい会社ですね

 九電本社ビルにいって、トイレだけ借りているけど 本当にひどい会社ですね。電気って社会的な必需品ですよね。社会のものを扱うにしては マナーのない会社ですね。

  • 2011/07/11(月) 23:12:17 |
  • URL |
  • あんくるトム #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2258-0f52abef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)