FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【急流で馬を乗り換える】 べきか 否か!?

2011年5月19日(木)

 昨日、西岡参議院議長は、国権の最高機関の議長として、

読売新聞に寄稿し、菅総理の 「即刻退陣」 を要求した。

 読売新聞紙面をざっと読んだが、言っていることに特別な内容は無く、

何も感銘は受けなかったし、ある意味で無責任な発言であると思う。

 取り分け、その発言が、「国権の最高機関の議長として」と

銘打って行われていることは問題である。

 西岡個人ではなく、「国権の最高機関の議長として」の発言であれば、

参議院で正規の議論を経た上で、議決として行われるべきである。

 今回の発言には、そのような経緯は無く、完全な個人的感想である。

従って、菅総理や政府要人がこれを「聞き流す」のは当然である。

 マスメディアによっても、この発言を重視する意見と、批判する意見に

分かれているようである。

 読売新聞が、発言を肯定する記事を掲載しているのは、【寄稿】を

受けた新聞としては当然の方向性であろう。

 今回の【寄稿】で、『急流で馬を乗り換えるな』という言葉を

引用しているが、どうも4月28日の西岡議長の発言が最初の引用の

ようである。

 産経新聞によると、西岡議長は、馬を民主党菅政権に、御者を国民に

喩えているようであるが、この格言の本来の意味としてオカシイのでは

ないだろうか? 引用そのものが筋違いのような気がする。

 ところで、当ブログは菅総理には一日も早く退陣して頂きたいという

気持ちは同じであるが、それは西岡氏の発言を引くまでもなく、多くの

国民が思っていることである。

 しかし、菅政権が今の事態から逃げることも許されないのである。

菅政権退陣を求める小沢氏や自民党は、この事態を引き継ぐ決意が

あるのかどうか?

 退陣要求や行動が「及び腰」になっているのもその決意不足の

顕れだと思う。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

倒閣の動きに「急流で馬を乗り換えるな」 自民・小里氏
 (朝日新聞) - 2011年5月17日(火)23:53



西岡議長、本紙に寄稿「首相は即刻退陣を」
 (読売新聞) - 2011年5月19日(木)03:04
 

 西岡参院議長は18日、東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故への菅首相の対応を厳しく批判し、一刻も早く退陣するよう求める論文を読売新聞社に寄稿した。

 三権の長である参院議長が、行政府の長である首相の退陣を求めるのは極めて異例だ。

 西岡氏は、震災発生以来の首相の対応について、「首相としての責務を放棄し続けてきた」と批判し、「必死さも、決意も、術もなく、今、お辞めにならなければ、原発事故がもたらす重大な課題も解決できない」と強調した。

 具体的な疑問点として、原発事故について正確な情報を国民に知らせていないと指摘したほか、仮設住宅建設やがれき処理の遅れ、すべて先送りの首相の政治手法などを挙げ、いずれも「政権の座に居続けようとする手法」と切り捨てた。

    (寄稿全文は19日の読売新聞朝刊に掲載) 



西岡武夫参院議長 菅首相延命が「最大不幸」
 (産経新聞) - 2011年5月18日(水)08:00
 

 (一部引用)
  「『急流で馬を乗り換えるな』という言葉があるが、急流を渡れず流されているのであれば、馬を乗り換えなければならない」と申し上げたが、菅さんは急流を泳いでいない。馬に乗っているのは国民全員ですよ。このまま行けば菅さんと一緒に日本の国がおかしくなっちゃう。

 とにかく、菅さんはダメですからね。だいたい「最小不幸社会」なんてスローガンはないですよ。不幸を前提にしているわけでしょ? あれに菅さんの政治姿勢が象徴されているんじゃないですか。「戦後最大の国難に菅さんが首相でいることが最大の不幸だ」と言われているそうですが、その通りでしょうね。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

【A8 広告】




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2192-eceff485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)