FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

福島原発 「ベント」 (3/12−午前9時) 現場労働者に周知せず実施 大量被ばく!?

2011年5月2日(月)

 昨日も紹介した東京電力による杜撰な放射線管理。

 今日の西日本新聞(共同電)では、震災翌日の3月12日に行った

原子炉の圧力をさげるために緊急処置として実施した原子炉内部の

強い放射能を浴びた蒸気や空気を屋外に放出する「ベント」作業の際、

現場の労働者には全く知らせないまま実施した

   ことが発覚したと報道している。

 『緊急処置』と言っても実施するまで何時間も掛かって、対策が

後手に回ったと批判されているほど、時間が掛かっているのである。

ようやく実施を決断してからでも実行までに約6時間経過している。

【政府は午前3時ごろベント実施を発表して東電との協議に入り、事態が深刻な1号機で午前9時すぎ、二つの弁のうち、最初の弁の開放作業が始まった。】

現場の労働者に通知する時間が無かったなどいう言い訳は通用しない。

 何回も述べるが、

 東京電力の労働者の健康への管理の杜撰さは、犯罪的でさえある。

問題の部分を一部引用すると

【緊急措置「ベント」が、 敷地内で働く一部の作業員に知らされないまま始まり進められていた ことが1日分かった。現場にいた東電社員が共同通信に証言した。

 (中略)周辺の放射線量を一時的に急上昇させることが確実で、 作業員らは最も重要な情報を与えられないまま、大量被ばくの危険にさらされていた。 】

 『大量被ばくの危険にさらされていた』と控え目に書いているが、

実際には「大量被ばくした」ことは確実である。

引用を続けると

【最初のベント着手は3月12日午前9時ごろ。(中略)
証言によると、ベントに着手する方針や着手の時期、作業の進行状況などについて、これ 以前も以後も、この社員や同僚には一切の情報が伝えられていなかった。 】

【データによると、午後2時20分の線量は通常の 約180倍 で、午後2時の線量から2倍以上に跳ね上がっていた。】



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

福島原発「ベント」周知せず着手
 作業員、被ばくの危険に

  (西日本新聞) - 2011年5月1日 19:39
 

 東京電力福島第1原発事故の際、1号機の原子炉格納容器の弁を開けて放射性物質を含む蒸気を排出した緊急措置「ベント」が、敷地内で働く一部の作業員に知らされないまま始まり進められていたことが1日分かった。現場にいた東電社員が共同通信に証言した。

 ベントは格納容器の内圧を低下させて破損を防ぐことなどが目的だが、周辺の放射線量を一時的に急上昇させることが確実で、作業員らは最も重要な情報を与えられないまま、大量被ばくの危険にさらされていた。

 現場の線量管理をめぐっては、東電の女性社員2人が国の線量限度を超え被ばくしていたことも相次いで判明、ずさんさが明らかになっている。

 最初のベント着手は3月12日午前9時ごろ。当時、放射性物質の漏えいにより敷地内の線量は既に上昇を始めていたが、証言によると、ベントに着手する方針や着手の時期、作業の進行状況などについて、これ以前も以後も、この社員や同僚には一切の情報が伝えられていなかった。

 情報は免震重要棟2階の対策本部や、中央制御室でベントに当たった要員に限定されていたとみられ、実施の事実さえ「うわさ」として事後に別の社員から知らされただけだったという。

 政府や東電が明らかにした経過によると、格納容器内の圧力の異常上昇は12日未明に判明。政府は午前3時ごろベント実施を発表して東電との協議に入り、事態が深刻な1号機で午前9時すぎ、二つの弁のうち、最初の弁の開放作業が始まった。

 二つ目の弁の開放着手は午前10時すぎだったが、実際に蒸気の排出が確認されたのは午後2時すぎ。データによると、午後2時20分の線量は通常の約180倍で、午後2時の線量から2倍以上に跳ね上がっていた。

 一方、正門での東電のモニタリングによると、線量は午前4時40分の計測で初めて上昇し、約2時間後には通常の70倍以上に。線量の急上昇に気付いた作業員が建物に避難する騒ぎも起こっていた。

 ベントをめぐっては、決定から実施まで時間がかかり、事態が深刻化したとして国と東電が批判を浴びた。東電は「当時の詳細な状況は確認中で、今後整理された段階で説明させていただきたい」としている。 



福島の汚泥から高濃度セシウム
 郡山市の下水処理場

  (西日本新聞) - 2011年5月1日 19:10


放出量予測システムも使えず
 想定の甘さ浮き彫り

  (西日本新聞) - 2011年5月2日 11:36


学校放射線基準は「安全でない」
 ノーベル賞受賞の米医師団

  (西日本新聞) - 2011年5月2日 09:47


長期微量被曝はどれくらい危険か
 ノーベル賞受賞の米医師団

  (日経ビジネスオンライン) - 2011年5月2日(月)

 長い『論文』から結論的な部分を極一部引用すると

 短期間に一定以上の頻度で被曝すれば、少しであっても確実に「リスク」つまり病気になる可能性、危険性は上がる、そう考えることにする、という、これは 正しく怖がるための知恵 なのです。

 転ばぬ先の杖、と言いますね。身を守るための知恵を言っているのであって、それを文字面でああだこうだ言う以前に、しっかり判断、沈着に行動するか、しないか、で結果が変わってきます。
 要するに「しきい値説」も「比例説」も疫学統計を解釈する学説に過ぎず、どちらがより妥当であろうと、私達の被曝予防は慎重であるに越したことはない、 この1点に髪の毛ほどの揺るぎもないものと思う次第です。 

 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



関連記事
スポンサーサイト



コメント

Unknown

>【最初のベント着手は3月12日午前9時ごろ。(中略)
証言によると、ベントに着手する方針や着手の時期、作業の進行状況などについて、これ 以前も以後も、この社員や同僚には一切の情報が伝えられていなかった。 】

総理の原発訪問一時間でベント着手が遅れに遅れた結果、緊急事態になったのでしょう。原発視察を支持して、ベント排出遅延を容認しておきながら緊急排出を批判するのは何故ですか?

  • 2011/05/04(水) 23:19:11 |
  • URL |
  • Unknown #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2173-5804600e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)