FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「千鳥ヶ淵墓苑」 と 「靖国神社」


    写真は千鳥ヶ淵墓苑(正面)

 9月10−11日、所要で有給休暇を取って東京に行き、
11日の午後の時間が空いたので、靖国神社の視察をしてみることにした。

 靖国神社は、太平洋戦争での日本の侵略を、『アジア解放のための戦争』であり、『正義の戦争であった』と、今もって公言するような特異な考え方をしている団体である。(あえて“宗教”団体とは言わない)
 ここで祭る“神様たち”は、侵略戦争を究極にまで推し進めた東条英機などの
A級戦犯をはじめ、戦争の推進者達である。

 一方では、彼ら戦争推進者の無謀な作戦の犠牲となり、南方の地で餓死したり、特攻兵器で殺されたりした人々も一緒に祀られているが、それが“英霊”に応えることになるとは思えない。

 従って、靖国神社に参拝するのではなく、視察だ。

 ところで、地図を見ると、無名戦士を慰霊する「千鳥ヶ淵墓苑」が、靖国通りを隔てて、道路の反対側に対面するかのようにあることが解った。
 そうと解れば、「千鳥ヶ淵戦没者慰霊碑」は、やはり靖国神社より先に訪れて、
頭を下げるべきであろう。



 東京メトロ「九段下」駅から、江戸城の堀に面した木漏れ日の石畳の側道を歩いて行くと、10分ほどのところに、その施設 「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」 はあった。

 しかし、思いのほか簡素な造りである。野外ステージと言おうか、完全に外気にオープンな、また誰でも訪れることができる施設となっている。
 奥の六角の屋根が架かる下の方が納骨堂らしい。 いまも外地から発掘されるご遺骨を定期的に奉納しているらしい。

 靖国神社には訪れない天皇・皇后夫妻や、皇太子夫妻、秋篠宮夫妻も訪れて献花している(手前の建物に写真が掲示したあった)。
今年は小泉首相も来たようである。



 しかし、この日この時間には、礼拝者は私を含めて3名ほどだった。

 そこで、しばし礼拝し時間を過ごし、九段下方面に戻ると、およそ1時間が過ぎていた。(往復だけなら20分もかからないと思う)

 靖国通りに掛かっている歩道橋を亘ると、目の前が靖国神社の参道である。
 外国人の姿もかなり見られる。
広い参道をしばし進むと、人々を威圧するように大鳥居、そして大きな門(名前は見なかった)があり、その奥に拝殿と本殿がある。



 取敢えず、拝殿の前に進み、自らの真意に反して若くして殺されなければならなかった人々に、思いを馳せた。
 
 その後、先ほどの門を戻り、左手にある、軍事博物館「遊就館」に行く。
靖国神社に来たからには、この博物館を見なければならない。
 「遊就館」そのものも人を威圧する造りであるが、
本館の右手には、ガラス張りのエントランスが別に設けてあり、
そこにはいきなり「零式艦上戦闘機」(ゼロ戦)とキャノン砲が展示してある。



まさに入り口から軍事博物館(武器博物館)である。

 長くなるので、その靖国神社「遊就館」については、次回にまわすとする。
なお、靖国神社と「遊就館」の考え方は、私の思想に反するので、リンクを張らない。

************************************************
最後まで御覧頂きありがとうございました。ついでにワン・クリックしていただければ嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Unknown

これなんかどうですか。

反日マスコミが伝えない親日の話http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/index.html" target=_blank>http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/index.html

  • 2006/09/21(木) 22:14:23 |
  • URL |
  • ss #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

nob 様ありがとうございます。

ご訪問ありがとうございます。

ご返事遅くなりまして申し訳ありません。

TBブログも見させていただきました。



私のこの記事の連載も、あと数回やると思いますので、引続き御覧ください。



ミーハーの方々を連れてゆくときには、予備知識(歴史的事実)をやはり勉強してもらっとかないと、洗脳されてしまいます。

造り方が巧妙ですから。

  • 2006/09/20(水) 08:47:58 |
  • URL |
  • JUNSKY(開設者) #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

慰霊の前提

ネットウヨの主張のなかに「中国韓国は無知だ、靖国に位牌や遺骨が有ると思っている』と言うのが有りましたが、なるほどそうかも知れない、外国人達には日本人が自分達の同胞の亡骸を山河に打ち捨てたままにしているとはたぶん信じられないでしょう。



日本軍将兵の遺骨が半分近く収集されていません。

フイリッピンやニューギニアのジャングルには膨大な野ざらしになった遺骨が苔むすままになっています。

撃沈された軍艦や貨物船は全く手付かず状態、海にも陸にも百万人近い日本人の遺骨が打ち捨てられて家族のもとへは届けられていません。

しかし戦後61年経って厚生省は遺骨収集事業の打ち切りを策しています。戦後を終わらしたいのでしょう。

死者の亡骸を彼等の家族の下に返さねばなりません。

慰霊の前提条件です。

慰霊とか顕彰とか言う前に、しなければ為らない最低条件です。其の最低条件が軽んじられ亡骸は野辺に朽ち果てようとしています。



戦争初期には遺骨を家族に返して、靖国に祭っていたのですが、中期以後はぼろ負けで遺骨どころでは無くなり、白木の箱に石ころでごまかした。

政府は此れからも靖国程度の話で誤魔化し通けるつもりでしょう。

科学技術が進歩し遺骨からでも身元が特定できます。

本当に政府に慰霊の気持ちが少しでも有るなら遺骨の収集はぜひやってもらいたい。



無念の犬死をそのまま放っておいて何が英霊でしょう!野ざらしになったまま靖国に還れるはずがありません.

偽善も偽善,魂が靖国に還ってきていない,

還って来れないのは百も承知しているくせに知らぬ顔して英霊を顕彰するなんて大偽善です.

死体を回収せずに死者のむくろを道端に打ち捨てて置いて、英霊の顕彰などと言う自称愛国者や靖国などは日本の大恥、世界のものわらいです。

  • 2006/09/16(土) 16:01:54 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

初めまして。

 こんにちは、北海道の中年ケアマネnobといいます。

 今日は時期遅れの夏休みを消化しています。いつもなら夜中になるネット巡回を真っ昼間からしていましたところ、大津留さんのブログの中に、こちらのTBを発見しました。



 靖国神社は、小泉首相の参拝問題で注目のスポットですから、ミーハーでもいいので、ぜひ、批判的視点で、多くの方に「視察」していただきたいと思います。



 以前、若い職員と一緒に行った時のこと、事前にいろいろと話をしたつもりだったのですが、一番若い、1年目の青年が、遊就館を見た後、一時的に軍国青年になってしまいました。これでは「思うつぼ」ですね…。今でも反省しています。



 TBさせていただきます。

  • 2006/09/15(金) 11:49:26 |
  • URL |
  • nob #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/214-5d9d1f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)