FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

ようやく渋々始めた「プルトニウム漏出」の調査・・・ そして検出された!

2011年3月28日(月)

 【東京電力は27日、福島第1原発各基の原子炉から、毒性の強いプルトニウムが漏出していないか調べるため、同原発敷地内の土壌を21、22両日に敷地内の5カ所で土壌を採取、日本原子力研究開発機構と日本分析センターに回された。】(時事通信) という。

プルトニウム漏出も調査=土壌採取し分析―東電
 (時事通信) - 2011年3月27日(日)18:03


 21日・22日に採取したのに、何故発表が27日になったのか?

 情報を素早く提供するという面で誠実さに欠ける対応だ!

    *******************

 そして、その分析の結果、やはりプルトニウムが検出された。

土壌からプルトニウムを検出…福島第一原発
 (読売新聞) - 2011年3月29日(火)00:04


 それでも、あいかわらず「人体に問題となるレベルではない」と妄語している!

    *******************

プルトニウム漏出も調査=土壌採取し分析―東電
 (時事通信) - 2011年3月27日(日)18:03
 

 東京電力は27日、福島第1原発各基の原子炉から、毒性の強いプルトニウムが漏出していないか調べるため、同原発敷地内の土壌を21、22両日に採取したことを明らかにした。

 東電によると、敷地内の5カ所で土壌を採取、日本原子力研究開発機構と日本分析センターに回された。分析は23日から始まり、結論が出るには約1週間かかる。同様の土壌採取は28日からも週2回続けるという。

 プルトニウムは原子炉内でウラン燃料が燃える過程で生成される。



 この間、当ブログでは、第3号機のプルサーマル運転の燃料にプルトニウムが使用されている旨を強調してきたが、解説などによると、通常のウラン原発でも、燃料を使用する(つまり燃焼させる)過程で化学反応によりプルトニウムが生成されるという。
 すなわち「使用済み核燃料棒」冷却用プールには、プルトニウムが大量に漏出していた可能性が高い。 そして、第3号機のものだけではなく、第1号機から第6号機までの全てにプルトニウムを高濃度で含有する「使用済み核燃料棒」が『保存・冷却』されていて、その内の過半で制御不能になっているという危険な事態なのである。

土壌からプルトニウムを検出…福島第一原発 
 (読売新聞) - 2011年3月29日(火)00:04
 

 東京電力は28日深夜、記者会見し、東京電力福島第一原子力発電所で21、22日の両日、採取した土壌から、プルトニウムが検出されたことを明らかにした。

 これまでの大気圏内の核実験に由来するものではなく、今回の事故で放出された可能性が高いという。

 東京電力によると、人体に問題となるレベルではないとしている。 



土壌から微量プルトニウム 福島第一原発敷地 東電発表(朝日新聞) - 2011年3月29日(火)00:02


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2128-53392f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)