FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

プルトニウム混合燃料【MOX】運転中の福島第1原発 第3号機 関連

2011年3月27日(日)

 プルサーマル運転中であった福島第1原発 第3号機 での被曝事故につき

 東京電力の3月25日の記者会見によれば
【東電や保安院によると24日、3号機のタービン建屋地下1階で、深さ約15センチの水たまりにつかりながら作業をしていた3人の作業員が被曝した。東電が事故後、この水を調べたところ、1立方センチメートルあたり390万ベクレル(放射能の単位)が検出された。
 原子炉を通る冷却水は通常でも放射能をおびるが、強さは1立方センチメートルあたり数百ベクレルほどだという。水からは放射性物質コバルト60やヨウ素131のほか、セシウム137などが検出された。普段の原子炉内の水では、ほとんど検出されない元素だ。
 東電の担当者は「セシウムは破損した燃料棒から出てきたものと考えられる」という。
 今後、この水にウランや プルトニウムが含まれていないかどうかも調べる という。】
  (読売 2011年3月25日12時11分)
 と発言したが、私がフォローした範囲では、その後
 「ウランやプルトニウムが含まれていないかどうか」調べた結果報告は見当たらない。

 また、枝野官房長官は3月25日の記者会見で、
【(プルサーマル発電)については、当然それぞれの炉がどういう性格を持っているかということ含め、原子力安全委員会含めて専門家のみなさんに、様々な可能性、危険性を指摘していただきながら対応してきているところ。いずれの炉についても、これ以上の事態の悪化を防ぐということが必要であるという状況は同じであると思っている。そうした中でご指摘のあった プルトニウムなどについても、しっかりと線量、放射線物質の出ている状況などがないかについてモニタリング は、より危険性の高いものについてよりしっかりとしたモニタリングを行うことの指示はこの間もしてきている。】
   (朝日 2011年3月25日20時35分)
 と答えた。

 しかし、官房長官からもこの問題は調査報告されていないようである。

 あるTwitterのつぶやきによると
【保安員会見中。建屋内に溜まった水の検査で プルトニウムは「やる意味がないからやらない」。全く意味がわからない。こんな明確な嘘をつかれて記者はなぜ追求しないのか!追求しないマスコミも共犯だ!】とある。(3/26,23:30頃UP)

 関連のWebニュースを検索してみたが見当たらなかった。
 「マスコミも共犯だ!」とある通りなのかも知れない。
  いわば、「プルトニウム汚染」は、プレスコード(禁句)になっているのだろう。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


核燃料の損傷、進行か…汚染水から放射性物質
 (読売新聞) - 2011年3月26日(土)22:51



 

 東京電力福島第一原子力発電所の放水口付近で採取した海水から、高濃度の放射性ヨウ素131が検出された問題で、東電や経済産業省原子力安全・保安院、専門家は26日、汚染水が原子炉につながる配管などから海に放出されたという見方を強めた。

 汚染水からは、燃料が核分裂した際に生成する多種類の放射性物質が検出され、燃料損傷が進んでいる可能性を示している。大気中の放射線量に大きな変化はなく、浮遊する放射性物質が降下して海に溶け込んだことが原因とは考えにくいとの見方が強い。

 この海水は福島第一原発1〜4号機の放水口から南へ約330メートルの場所で採取された。検出された放射性ヨウ素131の濃度は1ミリ・リットル当たり50ベクレルで、原子炉等規制法で定める濃度基準の約1250倍だった。

 海水が高濃度の放射性物質で汚染された原因について、原発周辺で大気中の放射線量が急増した事実はなく、浮遊している放射性物質を落とす雨も降っていないことから、東電は26日の記者会見で「原子炉につながる配管から汚染水が流れ出した可能性がある」と説明した。


     ****************

以下、私がツィートした内、プルトニウム関連 のものを再掲
  (色文字補強は、ブログ再録時に付加)

【読売】核燃料の損傷、進行か…汚染水から放射性物質 http://t.co/I8qV8Fr 汚染水が原子炉につながる配管などから海に放出されたという見方を強めた。  汚染水からは、燃料が核分裂した際に生成する 多種類の放射性物質 が検出され、燃料損傷が進んでいる可能性を示している。

【読売】福島第一3号機、冷却水位下がり燃料棒が露出 http://t.co/VOHv4lc 3号機では昨年9月から、使用済み核燃料から取り出した プルトニウム を混ぜた核燃料(MOX燃料)を炉内に入れて発電する「プルサーマル」を実施していた。原子炉の圧力容器や格納容器の破損の可能性も

【読売】放射性物質、影響は http://t.co/qGJvOAF 使用済み核燃料の中には、毒性の強い「プルトニウム 239」や「ヨウ素131」「セシウム137」「クリプトン85」「キセノン133」などの放射性物質が含まれている。

【読売】使用済み核燃料 http://t.co/k4LcKhj 原子炉内にある核燃料は、使い終わった後も熱を放出し続ける。この使用済み核燃料には、毒性の強い プルトニウム などの放射性物質が含まれており、人体に大量に入ると、がんなどの深刻な被害をもたらす。

【朝日:2011/3/13】http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103130070.html 3号機では、通常のウラン燃料とは違い、ウランと プルトニウム を混ぜた「MOX燃料」を使ったプルサーマル発電が昨年9月に始まったばかりだった。

【朝日】最悪回避へ最終局面 福島第一原発事故 http://t.asahi.com/1ocu 最悪ケースをたどれば、溶けた燃料がプールの下にたまる。燃料中には プルトニウム があり、核分裂が連続して起きる「臨界」が心配だ。ただ一緒に溶ける制御棒の成分が臨界を抑制するかもしれない。

【朝日】枝野官房長官の会見全文〈25日午後4時過ぎ〉 http://t.asahi.com/1sa8 ご指摘のあった プルトニウム などより危険性の高いものについて、線量、放射線物質の出ている状況などについてよりしっかりとしたモニタリングを行うことの指示はこの間もしてきている。

【朝日】被曝現場水たまり、通常の冷却水の1万倍濃度の放射能 http://t.asahi.com/1rew 「今後、この水にウランや プルトニウム が含まれていないかどうかも調べるという。」 と昨日のニュースでは書いていたが、その後実施されたのだろうか?報道されたのかどうか?不明

     ****************



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント・TBありがとうございます。

あんくるトムさん
コメント・トラックバックありがとうございます。

真実一路さん
政府の報道発表“資料”ご紹介ありがとうございました。

  • 2011/03/27(日) 10:50:27 |
  • URL |
  • JUNSKY 管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

あっても無し

>プルトニウムが含まれていないかどうかも調べる
これは完全にポーズだけですね
http://www.meti.go.jp/press/20110320003/20110320003.pdf" target=_blank>http://www.meti.go.jp/press/20110320003/20110320003.pdf

  • 2011/03/27(日) 09:48:40 |
  • URL |
  • 真実一路 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

プルトニウム?

 私も すでにプルトニウムを検出しているのではないかと思っています。
プル・サーマルですので、炉心が溶融すれば出るのは確実では?
『燃料が核分裂した際に生成する多種類の放射性物質が検出され』と表現し、やっぱり 隠蔽しているのですね。

  • 2011/03/27(日) 01:01:08 |
  • URL |
  • あんくるトム #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2123-92eb8102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)