FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

福島第1原発第3号機 MOX燃料崩壊でプルトニウムが環境中に漏洩しているのでは?

2011年3月25日(金)

 福島第1原発【3号機で24日に作業員が 被曝した事故について、東電と経済産業省原子力安全・保安院は25日、原子炉につながる配管などが損傷して 炉内の水が漏れ出ていた可能性がある。 との見解を示した。 (中略)
 東電が採取して分析したところ、セシウム137など、核燃料が損傷した場合にしか検出されない放射性物質が含まれていた 】(読売)という。

 マスメディアは殆ど触れようとしない(特にテレビメディアでは私は聞いた事が無い)が、このブログでも何度か書いているように、福島第1原発第3号機は、 MOX(プルトニウム混合)燃料 を使用しているいわば『実験炉』である。
 国民が生活している場で運用しているので、実験室内での実験とは言えず、『実用試験機』とでも言うべきであろうか?
 周辺住民を「プルトニウムによる影響を調査する」人体実験に使うようなものである。

 大地震津波前までは、今回のようなクライシスが起こらない場合の「通常状態における周辺住民の健康へのプルトニウム等放射性物質の影響」を監視するという処であっただろうが、この重大事故により、周辺住民は言うに及ばず、首都圏数千万人、もっと事態が進めば全日本国民の健康への影響を『調査できる』大規模人体実験を『可能とする事態』になってしまった。

 昨日までは、これは私の(他にもネット空間では大勢の方が指摘しているが)「推察」に過ぎなかった MOX燃料の崩壊 (炉心溶融)が、冒頭に引用した今日の公式見解で本当の事態になってしまった。

 もちろん、その記者会見では「プルトニウム」という名称は明らかにしていないようであるが、
「セシウム137 など 」
 と発言したと言う事なので、この「など」の中にプルトニウムが含まれている可能性がある。

 いずれにせよ、炉心を構成する 「核燃料が損傷した場合にしか検出されない放射性物質が含まれていた」 ことは極めて重大かつ危険な事態である事は確かである。

     **************

 このような異常事態に驚いた政府は、避難地域を従来から拡大し、ようやく半径20km〜30kmを 自主避難地域 としたようだが、これでは一向に地域住民の命を守れる状況になったとは言えない。

 おまけに、具体的対応は市町村に任せると言った無責任ぶりである。

 読売新聞の調べ では、この対象地域になお高齢者や動けない人も含めて1万人前後の人々が残っていると言う。

 明確な「避難命令」なり「避難指示」が必要である。

 被災から2週間を区切りとしてか久しぶりに 菅総理が記者会見 (朝日Web版)したようだが、緊迫感も指導力も無いもののように見えた。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


3号機の配管損傷か…1・3号機に真水注入開始
 (読売新聞) - 2011年3月25日(金)21:11
 

 東京電力福島第一原子力発電所3号機で24日に作業員が 被曝した事故について、東電と経済産業省原子力安全・保安院は25日、原子炉につながる配管などが損傷して 炉内の水が漏れ出ていた可能性がある との見解を示した。

 東電は同日、1号機でも原子炉から漏出したとみられる水を確認したと発表。2、4号機でも、1、3号機と同様、タービン建屋地下に水たまりがあり、東電は今後、分析を行う。電源復旧などに向けた今後の作業に影響を与える恐れが出てきた。

 3号機タービン建屋の地下1階で作業員が触れた水は、原子炉に延びる配管などが集中する箇所の下にたまっており、東電が採取して分析したところ、セシウム137など、核燃料が損傷した場合にしか検出されない放射性物質が含まれていたという。

 1号機については、東電が、タービン建屋地下1階で24日に採取した水を分析したところ、総放射線量は1立方センチ・メートルあたり約380万ベクレルで、3号機の作業員が被曝した水とほぼ同じレベルだった。セシウム137も検出されており、東電は、1号機の水も原子炉から漏れ出た可能性が高いとみている。

 1、3号機では25日、仮設ポンプで原子炉内に真水を注入する冷却作業が始まった。これまでは海水を注入していた。真水の使用には、海水による配管や電気設備の腐食などを避ける狙いがある。福島第一原発の冷却に真水を使うのは、被災からの復旧が本格化して以来初めて。 




真水での冷却へ準備=米軍が協力、大型はしけ利用―北沢防衛相
 (時事通信) - 2011年3月25日(金)14:03



福島第1原発冷却用の真水を積んだ米軍貸与の「バージ船」(左)をえい航し、
 神奈川県の横須賀港を出港した海上自衛隊の多用途支援船艦「ひうち」
 =25日午前、神奈川県の横須賀港沖(海上自衛隊提供)
      【時事通信社】 2011年3月25日(金)19:11

2011年3月25日(金)14:03
 北沢俊美防衛相は25日午前の記者会見で、福島第1原発事故への対応に関し、米軍の協力を得て、真水を使った冷却作業の準備を進めていることを明らかにした。真水を積載した米軍の大型はしけ2隻が同日中に米海軍横須賀基地を出港、3日程度で到着するとしている。

 冷却作業には海水を使用しているが、米側は塩分が含まれることから強い懸念を示しており、「バージ船」と呼ばれる大型のはしけで真水を運ぶことにした。防衛相は「機材の腐食を防ぐため、海水を淡水に早く変更すべきだとの強い要請があった」と説明した。 
    (時事通信) - 2011年3月25日(金)14:03



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2121-4391b7ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)