FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

掛け算 【Sv × 時間】 ができない!? 東電・原子力保安院・政府・御用学者・マスメディア

2011年3月16日(水)

 福島第1原発は、度重なる爆発で凄まじいかつ悲惨な状況に陥っています。

もはや、廃墟のごとき壊れ方です。

 「原子炉格納容器は壊れていない」という言葉がウツロです。
   *********************

   3号機付近から白煙=福島第1原発
        時事通信 3月16日(水)13時2分配信

    福島第1原発3号機と4号機。3号機(左手前)は水素爆発で
    原子炉建屋が吹き飛び、4号機(中央奥)は建屋の壁に
    大きな穴が開いている。3号機と4号機の間からは白い煙が
    立ち上っている=15日(東京電力提供)

   *********************

 民放もNHKも東京大学系の“学者”を 『 安全宣言 』 させるために使っています。

NHKも東京大学・大学院の
何も真相を語らず、少しツッコミ(NHKらしい控えめなツッコミ)が入ると
オタオタする何とか直人と言う“教授”を、ずっと起用しています。


どのアナウンサーも学者もコメンテイターも
【 Sv × 時間 】 の基礎的な計算ができない(?)、小学生以下の人々です。
  (Sv:シーベルト)

これで多くの国民を騙せると思っているのでしょうか?

年間総被曝量の許容値と瞬間的被曝量を敢えて混同して「安心感」を売り込んでいます。

昨日も書きましたが、彼らの言い方は、たとえば

「100μSv(マイクロシーベルト)は、レントゲンより低いレベルですし、ニューヨークまで飛行機で往復するレベルよりもずっと下のレベルですから、安全です。」

 しかし、レントゲンはほんの一瞬(実質1秒以下)だし、海外旅行でも合計24時間以下であることを言いません。

 逆に言うと、【100μSv】は 実は【100μSv/時】のことであって、「数値」だけを見れば低い値ではあっても、時間軸を考えれば全然低くは無く、命に関わる数値だということです。

 基礎的な式で書けば

【 総年間被曝量 = Sv × 24時間 × 365日 】 となり、

【総年間被曝量 = Sv × 8,760時間 】 であり、

 「公表される数値の8,760倍」  が、年間換算の被曝量となるのです。

 一昨日は東京・新宿で 【 0.8μSv 】 とかが観測されましたが、これが学者の言うような「僅かな放射線量」では全く無く、年間約 【 7,000μSv 】 という生殖機能や生命に関わる危険なレベルであることを知る必要があります。

 一時滞在者は別にして、東京はもちろん東北・関東地域に居住する人々は、確実に危険なレベルで被曝するのです。それも何年も・・・

 その上、おととい新宿で測定された時より福島原発のメルトダウン状況は益々ひどくなっています。

     
      上の図の数値は3月17日のもの(事後、画像UP)

 富裕層が東京脱出を始めたと言うのは、勝手ではあっても、そういう裏付けがあるのでしょう。 

 数十年先の被曝症状やガンの発生確率は確実に高くなるでしょう。

 そういう真相を正確に伝えて避難させ国民を守るのが政府の役割でしょう。

「ここで撤退すれば東電は確実につぶれる」

  と昨日菅総理が言った言葉は勇ましいようですが、

 『国民の命よりも東電の存続の方が大事』

  とでも言っているように聴こえました。
  (これは私の受け止め方です。総理の本心は解りません)

Twitterやブログでも真相を書くと「恐怖を煽るな!」みたいな反応が出るようですし・・・
(Twitter には結構そういう反応が出ています)

***********************

多くのブロガーの皆さまが

********************************
総年間被曝量= Sv × 24h × 365d
 = Sv × 8,760 
(Sv:シーベルト)
********************************

  となることを広げてください。

すなわち、
「 1μSv の放射線量ですが全く安全です。」
  という学者・コメンテイターなどのコメントは、
「 1μSv の放射線量の地域で1年滞在すると 8,760μSv / Year の放射線量を浴びることになりますから極めて危険です」
  と読み変えなければなりません。


この計算は小学生でもできます。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


「東電情報隠し」の裏で進行する放射能汚染(03/15)

福島第1原発の放射線量が急増、一時作業員が退避=保安院
 (トムソンロイター) - 2011年3月16日(水)14:15
 

[東京 16日 ロイター]
 経済産業省原子力安全・保安院は16日正午の会見で、東京電力<9501.T>福島第1原発の放射線量が一時急増し、現場の作業員が安全な場所に退避したものの、線量が減少したため、午前11時半に退避を解除したことを明らかにした。

 現在、1―3号機への注水作業は継続されているとする一方、4号機の使用済み核燃料棒が保管されている一時貯蔵プールへの注入は始まっていない。

 第1原発では16日午前、複数にわたって3号機付近から白煙が上がるのを東電社員が目撃。その一方で10時過ぎには、第1原発の正門付近の放射線量を測るモニタリングポストで線量が急増。10時10分には毎時810マイクロシーベルト(マイクロはミクロの1000分の1)だった線量が、10時半には同2399に、40分には近くの別のモニタリングポストで10ミリシーベルトに増えた。このため、現場の作業員に安全な場所に一時避難するように退避命令を出した。その後、11時以降は線量の低下傾向が見られたため、退避を解除した。

 枝野官房長官は、3号機の格納容器が破損した可能性があると指摘したが、保安院はすでに格納容器の一部が破損しているとみられる2号機が原因である可能性が高いと分析している。3号機の格納容器が破損しているかどうかは現時点では不明だとしている。

 一方、使用済み核燃料が一時貯蔵プールに保管されている4号機に関しては、注水のためのポンプ車が隣接できるようにブルドーザーでがれきを取り除く作業に取り掛かっているとした。  



原子炉冷却に全力=白煙、火災相次ぐ―周辺は高い放射線量・福島第1
 (時事通信) - 2011年3月16日(水)17:03



「使命感持って行く」=電力会社社員、福島へ―定年前に自ら志願
 (時事通信) - 2011年3月16日(水)05:03
 

 福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。

 会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。

 男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。

 東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。

 男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。  


 他人事のように説明する東電幹部や、原子力安全・保安院の無責任なお役人がいるかと思えば、正真正銘命懸けで現場に駆け付ける決意をした立派な電力マンも居るのだ。

 敬意を表します。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


【地震】天皇陛下、被災者と国民へビデオメッセージ(11/03/16)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

1年1mSvは国際的なコンセンサス

久しぶりに投稿します。一般人(幼児も含む)の人工放射線(つまり自然放射線や医療用放射線を除く)は1年1mSvが現時点で国際的にコンセンサスがとれた我慢の限度になっているようです。日本の国内法も当然、これを遵守しなければいけないはずなのですが・・・。
以下を参照ください。
http://takedanet.com/2011/05/post_a8d4.html" target=_blank>http://takedanet.com/2011/05/post_a8d4.html

  • 2011/05/30(月) 10:19:53 |
  • URL |
  • mr_senta #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Unknown

実験データの操作なんてことが行われているのであれば、実際のことは実験の当事者でなければわかりませんね。
実際、都合のいいデータを表示することはできるわけですし、その点に関しては盲点でした。

推進派による捻じ曲げられた結果であると疑われるのであれば、一応別の根拠を示しておきます。
いずれにしても実際に実験をするわけにはいかないと思いますので、参考資料程度です。

放射線影響研究所
http://www.rerf.or.jp/index_j.html" target=_blank>http://www.rerf.or.jp/index_j.html

このページの『 放影研のこれまでの調査で明らかになったこと』という欄に別のデータが載っています。

ここには載せられませんが、他のソースでも同様の結果だったことからも実験家の世界ではこのデータが妥当という見方が一般的であると思われます。

少なくとも、勝手な判断で危険というよりは信頼のおけるデータではないでしょうか。
無責任に拡散を求める前に、ご自分の手で事実関係を調べるひと手間を踏まれることをお勧めします。


なお、このコメントは管理者様の投稿を責める意図で行うものではありません。

  • 2011/03/20(日) 20:36:00 |
  • URL |
  • TM #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

安全基準は人それぞれ

ちょっと流れが酷いですね。
管理者もコメントの人もどちらも(安全/危険)という言葉の基準が定まっていないんですよね。当選率1/100を当たると言っているのか当たらないと言ってるのかの違いと同じです。
管理者の言う「1μSv/hは極めて危険」というのは何がどうなる事を指しているのでしょうか。
その年間総量とはCTスキャン1.5回分に相当する事で、これを危険というのは個人の自由なので、検査受けなければ良い話でしょう。病院も絶対安全とは言わないでしょう。
そもそも、「?Svで~~な症状」というのも確率の話なのですから。

但し、確率をどう受け取るかは個人の裁量である事に対し、「危険であると拡散しろ」という要求は洗脳と同じです。
要求するべきは危険かどうかの個人的基準ではなく、定量的データの拡散であるべきです。

繰り返して言います。安全と危険は単位ではなくて、主観に基づいた表現でしかないです。

  • 2011/03/19(土) 22:16:53 |
  • URL |
  • mnaka #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

“安全”の『科学的』根拠とは、原発を推進を『教育』する政府系の資料!

コメントで、
「250mSvまでは臨床的に健康的な被害は確認されていないそうです。」
 と、いまだに無責任な主張をする人がいる。
 そして、『根拠』のリンクを示しているが、そのアドレスが
 【http://www.atomin.go.jp/" target=_blank>http://www.atomin.go.jp/
 となっているように、原発を推進するために国民を『教育』する政府系の資料である。
 ウソだと思うなら再確認されたい。
そのサイトのタイトルは
「原子力・エネルギー教育支援情報提供サイト」
 となっている。

 これを『安全』の根拠として持ち出すなど、手前味噌の典型である。

 さらに、その推進機関の資料でさえ、
 250 mSv: 胎児の奇形発生(妊娠14~18日)
  50 mSv: 原子力施設で働く人たちへの規準(年間)
 1.0 mSv: 原子力施設の公衆への規準(年間)    となっているのである。

「250mSvまでは臨床的に健康的な被害は確認されていないそうです。」
 という言い方は、推進派の受け売り以外の何物でもない。

 ついでに言うと、マスメディアが垂れ流している
「0.2 mSv: 成田・ニューヨーク間の国際線航空機片道飛行で宇宙線からあびる量 」
 も、ここからの出典のようです。

 マスメディアも
「原子力・エネルギー教育支援情報提供サイト」
 なる原子力推進派の国民洗脳機関の情報を頼りにしているようでは、ジャーナリズムの精神を疑われます。

 もっともテレビメディアの大半は、ずっと前からジャーナリズムとは言えませんが。

  • 2011/03/19(土) 13:03:58 |
  • URL |
  • JUNSKY 管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

関連情報

一言で被曝と言っても被曝のし方(一度に被曝か長期間の被曝か、全身か局部か、呼吸・食物による内部被曝など)によっても症状が変わるだろうし、個人差もあると思う。症状の発生について確率・統計的に処理する必要もあるだろう。そもそも人体実験するわけにいかないのだから、ICPR含めどのように症例を集めたのか、私は専門家ではないので本当に疑問だらけです。東北地方に住み続ける者、否、日本人全体にとっては今後重大な関心事になると考えられます。根拠、基準が不明確な上に単位が混乱しているTVの報道だけでは安心できませんし、根拠が不明確なままでは風評被害も広がる恐れがあります。
 ところで、以下の内容って本当?どなたか、根拠をご存知ないですか。

http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/44837263.html" target=_blank>http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/44837263.html

  • 2011/03/19(土) 10:20:38 |
  • URL |
  • mr_senta #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Unknown

根拠をつけ忘れました。
確かにこででは無責任ですね。すいません。
http://www.atomin.go.jp/atomin/high_sch/reference/radiation/jintai/index_06.html" target=_blank>http://www.atomin.go.jp/atomin/high_sch/reference/radiation/jintai/index_06.html

さらに本文に『同じ放射線量を、時間をおいて何回かに分けて浴びた場合には、障害はこれより軽微になる。』とあります。

被害が拡大する可能性は否定できませんが、現状ではたばこの害のほうがよっぽど被害が大きいですね。
パニックをあおらないでください。

  • 2011/03/18(金) 05:56:54 |
  • URL |
  • TM #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

科学の名で学術的到達を否定する人々

コメントで。

「数ミリシーベルトなどどうってことない」と言い続ける輩がいる。

この記事への最初のコメントで、Mr.Senta さんが書いているように、原爆や医学X線などの過去の被曝事例による経験と調査を元に学術的に定められた
【年間(全身)の最大許容被曝線量の許容値:1〔mSv/年〕】
 を自分勝手に否定して、
「8.76mSv/年ですが、人体に影響はありません」
 というなど、科学的でも何でもありません。

 安全な閾値として定めれれた水準より高ければ、「安全とはいえない」のは当然のことで、それを数倍も数十倍も上回った値は安全ではないと判断するのが当然です。

 どうしても安全だと言いたいのなら、福島原発の応援に行って来られたら良いでしょう。

 また、そうした言い分は、自分のブログで発言されれば良いでしょう。
 わざわざ、他人のブログに出掛けてきて難癖を付けるのをひたすら楽しみにしている人のコメントには今後付き合っていられません。

  • 2011/03/18(金) 01:22:00 |
  • URL |
  • JUNSKY 管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

非科学的

http://www.rerf.or.jp/general/qa/qa12.html" target=_blank>http://www.rerf.or.jp/general/qa/qa12.html

(広島長崎の)残留放射能は爆発後1週間で90%以上が消滅し、1年以内に自然放射線のレベルになりました。

半減期の長いものでも時間とともに希釈拡散すれば放射能がバックグラウンドレベルから識別困難なくらいにまで低下します。

「数ミリシーベルトなどどうってことない」というのは、ICRPも認めている科学的事実です。

  • 2011/03/17(木) 20:17:58 |
  • URL |
  • latter_autumn #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

事故が収束しない限り減衰するはずがない

コメントで

『数ミリシーベルトなどどうってことない値です。』
『8.76mSv/年ですが、人体に影響はありません。』
などと無責任な事を言う人が居る。
その上、減衰は早いとヨウ素を持ち出す。
放射性物質の半減期は何万年も掛かるものもあり、我々の生存中は殆ど減衰したとは言えないレベル。

その上、原爆のように一過性の被曝では無く、福島原発からは毎日大量の放射性物質が、爆発の粉じんや水蒸気に交じって大気中に放出されており、現場の写真を見ても、益々悪化して行くことは明らかである。

一瞬の原爆でさえ、あれだけの被害と原爆症と言う後遺症を今の時点まで引きづっているのである。

長期に継続する放射性物質の放出・拡散による被曝が、一層広範囲に厳しい後遺症を残すことは明白である。

危険ではないというインフォメーションを流すことが、どれだけ被曝者を拡大するかを考えなければならない。

  • 2011/03/17(木) 19:39:37 |
  • URL |
  • JUNSKY 開設者 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

それから

放射能は時間が経てば減衰します。
半減期の長いものは時間がかかりますが、半減期の短いものはじきに放射能がなくなります。
例えば比較的環境に拡散しやすいヨウ素131は、半減期約8日なので、80日も経てば約1000分の1に減ります。

また放射性物質が雨や風で流されて希釈拡散する場合でも、放射能測定値は時間とともに減ります。

十分な時間が経てばほとんどの場所は自然放射能のレベルになります。

一部の場所、事故現場からある程度の範囲では除染の必要が出てくるかもしれませんが。

今回の事故の結果東京新宿で除染が必要になることはありえません。

  • 2011/03/17(木) 13:21:04 |
  • URL |
  • latter_autumn #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

誤解です

8,760μSv/年=8.76mSv/年ですが、人体に影響はありません。

100mSv/年以上になれば、ガンなどの晩発性障害を生ずる確率が増加し始めると確認できるレベルですが。

8.76mSv/年では、将来ガンなどになる確率は実際問題上がりません。
(理論上は確率上がると仮定することになっていますが、現実の疫学データでは識別できない、その仮定が真実だと実証できないのです)。

国際放射線防護委員会(ICRP)基準では、放射線従業者の通常(緊急時ではない)の防護基準を最大50mSv/年(5年平均20mSv/年)に定めていますが、この程度でも生殖機能や生命に関わる危険は全くありません。

  • 2011/03/17(木) 13:01:22 |
  • URL |
  • latter_autumn #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Unknown

250mSvまでは臨床的に健康的な被害は確認されていないそうです。
さらに、1Sv浴びると一か月死亡率が0~10%とありますが、これは一度に浴びた場合の話です。

数ミリシーベルトなどどうってことない値です。未確認情報を拡散しないでください。

  • 2011/03/17(木) 12:32:22 |
  • URL |
  • TM #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

マスメディア

 確かに テレビに出る 東大系の教授はオブラートに包んだ言葉を、フィルターにかけて発言していました。京大系、阪大系の在野の研究者のほうが、わかりやすい指摘をしています。
まったく!!

  • 2011/03/17(木) 00:51:55 |
  • URL |
  • あんくるトム #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

許容被曝線量と単位

テレビの報道を見ていると、人体に影響のある被爆線量の計算において単位が混乱しているように思います。年間(全身)の最大許容被曝線量の許容値が1〔mSv/年〕とすると、1/(24×365)=0.000114〔mSv/h〕=0.114〔μSv/h〕という計算になるはずです。従って、今お住まいの所の放射線量が0.114〔μSv/h〕以上の値が観測がされ、この値が1年間以上継続すると健康被害があると考えられます。福島市で18〔μSv/h〕郡山市で2.8〔μSv/h〕が観測されたということは、これを浴び続ければ、健康被害が生じる危険があると推測できます。
参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E6%9B%9D" target=_blank>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E6%9B%9D
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110316/t10014716461000.html" target=_blank>http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110316/t10014716461000.html

  • 2011/03/16(水) 18:27:18 |
  • URL |
  • mr_senta #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2108-896a6a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)