FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

被曝の恐怖  パニックを避けるためかメディアは過小評価!?

2011年3月16日(水)

 原発事故以来、東京電力や原子力安全保安院や政府やマスメディアまで

「放射線量は極僅かなので、人体に大きな影響はない」 という

虚偽とも言える紋切り型の説明を続けている。

 メディアに登場する主として東京大学系の学者さんたちも、御用学者と

いうのであろうか、「安全」ばかりを強調し、危機感を持って説明する者が

いない。 学者の良心はどこに行ったのだろうか?

 典型的な説明は、こんな感じだ。

「放射線量は、人間が1年に浴びる放射線量の百分の1位だから全く影響ない」

 しかし、これには誤魔化しがある。

一般に100mSv(ミリシーベルト)とかいう数値は、時間当たり被爆量である。

 すなわち、ある地域の放射能汚染が、「許容量の百分の1」であったとしても

その地域で100時間(4日ほど)過ごせば1年分の許容量になるし、1ヶ月も

避難していれば、許容量の7倍の放射能に被爆するのである。

 一時が万事であって、東京電力からマスメディアまで、この簡単なカラクリ

を“公開”するあらゆる数値情報で活用して、知らぬふりをしているのである。

 気付いている記者やコメンテイターもいるはずだが、『プレスコード』か

何かで、「言ってはならない」「疑問をもってはならない」のだろう。

 くれぐれもこのような簡単な騙しのテクニックに乗って安心してはいけない。

 数値が発表された時は、必ず時間軸を考え、乗じ(×)なければならない。

    ***************

 さて、文字通り命懸けで原子炉に給水活動を行っている

自衛隊員と警察官のみなさんの奮闘振りを紹介する記事があったので

引用してご紹介する。

 この記事によると東京電力の社員や下請け社員も参加しているようだ。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


被曝の恐怖、余震…真っ暗な建屋で決死の作業
 (読売新聞) - 2011年3月15日(火)20:01
 

  高濃度の放射性物質の放出が続く福島第一原発。

 放射能汚染の恐怖と闘いながら、決死の作業が続く。15日朝に大きな爆発が起きた2号機。東電や協力企業の作業員ら800人が水の注入作業を行っていたが、爆発に伴い、「必要最小限」という50人を残し、750人が一時、現場から離れた。 被曝 ( ひばく ) を避けるため、放射線量が高くなると作業を中断しなければならない。15日午前、隣接する3号機付近で観測された400ミリ・シーベルトの環境下で作業できる時間は15分が限度。津波による被害で、停電も続く。照明がつかないため真っ暗な建屋内で、作業効率はあがらない。余震が続く中、津波警報で作業の中断を余儀なくされることもある。400ミリ・シーベルトを記録したのは、作業員が携帯する放射線監視装置だった。

 12日午後、高圧になった1号機の格納容器内の蒸気を逃がすための弁が開放された。格納容器に亀裂が入る最悪の事態はまぬがれた。その弁を開ける作業にあたった男性は、100ミリ・シーベルト以上の放射線を浴び、吐き気やだるさを訴えて病院へ搬送された。

 もともと、この作業では、大量の放射線を浴びる危険があった。このため、1号機の構造に詳しいベテラン社員である当直長が作業を担当。「タイベック」と呼ばれる特殊な全身つなぎ服とマスクを身につけ、手早く弁を開けたが、10分超で一般人が1年に浴びてもいい放射線量の100倍にあたる放射線を浴びた。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、同原発で注水作業に当たる東電職員らは約70人。緊急時対策室でポンプなどを制御しつつ交代しながら格納容器付近の現場で活動している。

 中央制御室で監視できる計器も、被災後、故障し計測不能なものがある。遠隔制御も不能で、原子炉冷却のために弁を開く作業も手作業するしかない。福島第一原発は1971年に1号機が稼働した古い原発で、通路などが狭く作業しにくいことも足を引っ張る。

 注水が進めば原子炉内の圧力が上昇し、炉の崩壊の危険性が高まるため、弁を開いてガスを外部に放出しながら進めなければならない。ガスは放射性物質を含むため、放出自体は最小限に抑えなければならない。東電の担当者は「バランスをみながらぎりぎりの選択の連続だ」とため息をつく。 


放射能 大量検出 識者「パニック避けて」
 (産経新聞) - 2011年3月15日(火)15:24
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Unknown

宗純さま

いつもトラバとコメントありがとうございます。

NHKも東京大学大学院の何も真相を語らず、少しツッコミ(NHKらしい控えめなツッコミ)が入るとオタオタする何とか直人と言う“教授”を、ずっと起用しています。

おそらく、「この人を使え」というような“指示”が天の声として来ているのでしょう。

どのコメンテイターも【Sv×hour】の計算ができない小学生以下の人々です。

これで多くの国民を騙せると思っているのでしょうか?

Twitterやブログでも真相を書くと「恐怖を煽るな!」みたいな反応が出るようですし・・・
(Twitter には結構そういう反応が出ています)

当方には今のところそういう非科学的コメントは来ていませんが・・・

多くのブロガーの皆さまが
総年間被爆量=Sv×24h×365d
 =Sv×8,760 
  となることを広げてください。
Sv:シーベルト

すなわち、
「1μSvの放射線量ですが全く安全です。」
という学者のコメントには、
「1μSvの放射線量の地域で1年滞在すると8,760μSv/Yearの放射線量を浴びることになりますから極めて危険です」と読み変えなければなりません。
この計算は小学生でもできます。

よろしく「拡散」お願い致します。


  • 2011/03/16(水) 17:05:25 |
  • URL |
  • Unknown #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

東京大学大学院教授

地震当日の3月11日や翌日12日の昼過ぎに1号機が爆発する寸前まで
テレビなど映像ディア報道では、出演している人物(学者?東電関係者?)全員が、今回の巨大地震でも予定どうり自動停止して『日本の原発は無事(優秀)で何の危険性も無い』と、強調していたのですよ。
嘘をつくにもほどがある。
毎日系のテレビでは東大大学院の諸葛(もろくず)教授が出ずぱりで念仏のように未だに『安全である』と唱えているのですが、原発の水素爆発について聞かれて『想定外』とぬけぬけと言い放つ。
最悪の事態を何も知らない(知りたく無いし、存在を認めたく無い)らしいのですね。
もろクズのような人に、(何も考えていないのですから)今度の事故の話を聞くのは無理があるのですよ。
専門家面して間違いや憶測を語るだけ、一般の素人よりも悪いでしょう。
何故、放送局はわわわざ無責任にも『知らない、想定外』の人に勝手気ままにを喋らしている。
ところが、以前から今回の事故を予想していた真面目な学者や技術者は絶対に出演させない今のテレビ局の態度は、宣伝機関ではあるが、到底報道機関とはいえないでしょう。

  • 2011/03/16(水) 16:40:51 |
  • URL |
  • 宗純 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2107-85ebec52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)