FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

世界でも過去最大規模の原発事故! μSv ⇒ mSv へ単位が千倍に

2011年3月15日(火)

 福島第一原子力発電所の相次ぐ原子炉建屋の爆発と放射能漏れ事故は、

世界最大の原発事故に成り始めている。

 放出されている放射線量は、昨日までの

【μSv】(マイクロシーベルト)単位から 【mSv】(ミリシーベルト)に替わった。

 百万分の1単位から千分の1単位に成った訳で、

同じ数値なら 千倍の放射量 となる。

 そういう前提の上で、今朝測定された放射線レベルは「400mSv」ということで、

いよいよ大量の放射性物質が大気中に放出されていることになる。

 政府は半径20km内に避難命令を出し、30km内に自宅待機を要請したが、

私の感覚では、これでは範囲が狭すぎると思う。

 何しろ、昨日の3号機の爆発を受けて、沖合185kmで支援活動を行っていた

米軍空母が、その位置から退避したというほどなのだから。

  米軍の「トモダチ作戦」苦戦 原発事故で一時退避も 

 広島・長崎のデータや核実験による米国兵士の被爆経験から放射能の

恐ろしさを言わば知り尽くしている米軍が退避した訳である。

 少なくとも半径200km以上が避難区域になるのではないだろうか?


     【twit pic】2011/3/15 より


 今朝の記者会見では、これまでの第1号機から第3号機に加えて、

定期点検中の第4号機にまで火災が発生して、放射能が高いレベルで

放出されていることを発表し、枝野官房長官は、「400mSv」は

「人体に影響を及ぼす可能性のある数値であるのは間違いない」

と、ようやく認めた。


  役に立つかどうか解らない『防護服』で対応する職員と自衛隊員

 東京都内でもセシウムなど異常に高い放射性生成物を観測したと言う。

核反応生成物、都内で微量検出=セシウムなど、放射線量20倍
 (時事通信) - 2011年3月15日(火)14:03


 政府や御用学者は「極微量なので全く心配するほどのものでもない」

と冷静な対応を訴えているが、信じられるものではない。

関東各地で高い放射線量、通常の100〜3倍
 (読売新聞) - 2011年3月15日(火)13:21


「外出控え、ぬれないように」=放射性物質、雨で地上に−専門家、屋内退避呼び掛け
 (時事通信) - 2011年3月15日(火)14:03
 
 【避難などでやむを得ず外出する際は、傘やレインコート、マスクなどで身を守り、屋内に戻ったらシャワーで体を洗い流すなどして、放射性物質の体内への吸収を避けることが重要という。同情報室は「雨にぬれたコートなどは玄関などの決められた場所に置き、不用意に屋内に持ち込まないことも大切だ」としている。 (時事通信)】


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


原発2号機で爆発音=屋内退避、30キロに―圧力抑制室、損傷か―福島第1
 (時事通信) - 2011年3月15日(火)06:03
 

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発2号機(福島県大熊町)で15日午前6時14分、爆発音があった。東電によると、原子炉格納容器の一部の圧力抑制室(サプレッションプール)が損傷したとみられる。今回の震災で、放射能を封じ込める格納容器の一部損傷が明らかになったのは初めて。

 菅首相は記者会見し「今後さらなる放射性物質漏えいの危険が高まっている」と述べ、既に避難を指示した周辺20キロ範囲の住民に加え、20〜30キロの住民に屋内待機を呼び掛けた。

 枝野幸男官房長官は3号機付近で400ミリシーベルトの非常に高い放射線量が確認されたとし、「人体に影響を及ぼす可能性のある数値であるのは間違いない」とした。

 一方、地震時は運転を停止していた4号機で同9時40分ごろ、原子炉建屋4階で火災が確認された。爆発は4階にある再循環ポンプ制御用の電源装置で起きた可能性があるという。火災は午前11時に自然鎮火した。

 原子力安全・保安院によると、2号機は爆発音後、格納容器内の圧力が保たれており、格納容器が大きく壊れたとは考えられないという。

 同原発の正門付近の放射線量は午前8時31分、1時間当たり8217マイクロシーベルトを記録した。自然界で人が1年間に浴びる放射線量は2400マイクロシーベルト。今回の量はその3倍を1時間に浴びる計算になるが、保安院は「健康に直ちに影響を与える量ではない」としている。正門付近の放射線量は約3分後、2400マイクロシーベルトに下がった。爆発音の後、東電は第1原発の職員について、約50人を残し退避させた。

 圧力抑制室は原子炉格納容器の下部にあり、水を張ったドーナツ状のプールになっている。過剰な水蒸気を水に戻す役割などがある。 


福島第1原発で年間限度の400倍の放射性濃度、4号機で火災=官房長官
 (トムソンロイター) - 2011年3月15日(火)12:48


第1原発で「人体に影響ある」放射性濃度、30キロ以内の住民に退避要請
 (トムソンロイター) - 2011年3月15日(火)11:48




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2105-f24ade86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)