FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

リビア内乱状態 軍の一部が反体制派に合流 首都で死者60人超!

2011年2月22日(火)

 カダフィ大佐が実権を握り続けてきたリビアでの反政府運動は、この数日で

地方都市から急速に広がり、昨日には首都トリポリまで達したという。

 昨日の時点で200人以上の死者と数千人の負傷者が報道されていたが、

トリポリでの治安部隊による銃撃により新たに60人を超える死者が出たらしい。

 市民を銃撃しているのは外国人傭兵を中心とする部隊と見られており、

これに義憤を感じた一部の軍の部隊が反政府運動側に合流し、傭兵部隊を

制圧に向かうという話が報じられている。

 また、リビアのアラブ連盟代表大使に続き、駐インド大使、駐中国大使が

「暴力に耐えかねる」として辞意を表明したとも言われている。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



   「「内戦か改革か」とカダフィ氏次男 リビア、首都も混乱」

リビア内乱広がる 首都でデモ隊銃撃、60人死亡  

      (朝日新聞) 011年2月21日23時20分

 【カイロ=貫洞欣寛】
 約40年にわたり最高指導者カダフィ大佐の独裁が続くリビアで21日、反体制デモが首都トリポリにも拡大、政府庁舎や警察署などが放火されたという。ベンガジなど東部の複数の都市は反体制派が市街地を掌握しているといい、東部を中心に内乱状態が広がっている。アラブ圏の有力紙は、政権幹部らが近くカダフィ氏に退陣を求めると報じた。

 目撃者が朝日新聞に語ったところによると、トリポリでは21日未明から警察官らが姿を消し、反体制デモ隊が市中心部の広場を一時占拠した。政権打倒を訴えて近くの警察署に放火し、カダフィ氏の肖像画などを破壊した。まもなく、治安部隊員と見られる私服の男たちが車に乗って現れてデモ隊を機関銃で銃撃し、多数の死傷者が出たという。

 周囲のビルの屋上などに狙撃手らが配置され、「表通りを不用意に歩くと撃たれかねない状況」という。目撃者は「トリポリで起きたのは虐殺だ。国際社会の助けを求めたい」と述べた。

 衛星テレビ局アルジャジーラやAFP通信などによると、トリポリではこの銃撃などで61人が死亡した。20日夜から21日にかけて国営テレビ局や複数の政府庁舎が放火されたという。

 東部ベンガジ近郊を本拠とするリビア最大の部族がカダフィ氏に対し、反旗を翻したとの情報もある。別の有力部族の幹部は20日、「市民に対する抑圧が続くならば、石油輸出を止める」と述べた。また東部ナフーラ油田では労働者がストをはじめ、原油生産が止まったという。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは21日、過去5日間のリビアでの死者数が233人となったと発表した。実際の死者はさらに多いとみられる。

  カダフィ氏の次男で後継者と目されるセイフルイスラム氏(38)は21日未明、国営テレビで「内戦か改革かの分岐点にある」と述べ、事態の沈静化を訴えたが、ベンガジの住民の一人はアルジャジーラに「彼にできることは父親を国外に出すことだけだ」と語った。演説の効果は限定的だったとみられる。

 21日付アラブ圏紙シャルクルアウサトによると、革命評議会幹部らがカダフィ氏に退陣を迫り、権限を軍部に渡すよう求める声明を送ることを決めたという。幹部らは軍部中心の移行政権をつくり、1年以内の選挙導入による新政権発足を検討しているという。

 一方、アルジャジーラなどによると、リビアのアラブ連盟代表大使に続き、駐インド大使が「暴力に耐えかねる」として21日、辞意を表明した。体制内の動揺を示す動きとの見方が出ている。

 在リビア日本大使館によると、在住邦人約120人は全員無事。トリポリ空港に向かう道路は通行可能なため、各自が出国に向けて動いているという。 

 

 アルジャジーラなどによると、一部の軍部隊が反体制側に合流し、政権側がデモ鎮圧のため動員した外国人傭兵(ようへい)部隊を攻撃しているという。複数の市民が電話で「ベンガジは解放された。銃声は止まった。今はみんなで祝っている」と述べた。また、ベンガジの病院の医師は20日、AP通信に「この街での死者は200人を超えた」と述べている。

 アラブ圏紙シャルクルアウサトは20日付で、複数の軍幹部がカダフィ氏がデモ鎮圧のため外国人傭兵を導入したことに反発し、傭兵鎮圧のためベンガジに向かうと伝えていた。 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2072-c8489178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)