FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

ツタンカーメン像など盗難 エジプト考古学博物館

2011年2月13日(日)

 エジプトの混乱に乗じて、一部不埒な人間が盗賊となり、

エジプトの考古学資料であり、国の財宝とも言える

ツタンカーメン像などの貴重な宝が盗みだしたらしい。

 市民が財宝を略奪から守るために盾となっていたという報道もされていたが・・・

 大規模デモなどの収束にしたがって次第に状況が明らかになってきたようだ。


以下の画像は、朝日新聞 2011年2月13日22時52分 による。
   =エジプト考古省提供


供物をささげるアメンホテプ4世
  (別名アクエンアテン)の像
 


「女神に運ばれるツタンカーメン王」
 の木像。 金ぱくが施されている



一部が盗まれた、
「もりをうち込むツタンカーメン王」
 の木像。 金ぱくが施されている



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

エジプトの宝、略奪から市民が守る(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト) - 2011年2月1日(火)18:55

エジプト考古学博物館のミイラは「全て無事」=当局者(トムソンロイター) - 2011年2月7日(月)15:08

ツタンカーメン像など70点損傷 エジプト、混乱の中で(朝日新聞) - 2011年2月11日(金)03:30

ツタンカーメン像など18点盗難 エジプト考古学博物館 

      (朝日新聞) 2011年2月13日(日)22:52
 
【カイロ=古谷祐伸】
 エジプト考古省は13日、ムバラク前大統領退陣を求める民衆デモで起きた騒乱の最中に、カイロ中心部のエジプト考古学博物館から収蔵品18点が盗まれていたと発表した。中にはツタンカーメン王の像2点も含まれていたという。考古省は警察と協力して捜査を始めている。

 主な盗難品は、博物館2階に展示されていた「女神に運ばれるツタンカーメン王の像」と、「もりをうち込むツタンカーメン王の像」の胴体と腕の部分。いずれの像も金ぱくが施された木製。多神教から一神教へ宗教改革を進めたことで知られるファラオ、アメンホテプ4世(別名アクエンアテン)が供物のトレーを捧げている石灰岩製の立像もなくなっていた。

 治安当局とデモ隊の衝突が激化した1月28日夜、泥棒が博物館の天井の窓から内部に侵入した。考古省のザヒ・ハワス大臣は今月6日、収蔵品70点が傷つけられたものの、修復は可能だと発表していたが、盗難被害の有無については触れていなかった。

 エジプト考古学博物館は、ツタンカーメン王の黄金のマスクなど10万点以上の収蔵品を誇り、ピラミッドと並ぶエジプト観光の目玉。民衆デモの拠点となったタハリール広場に隣接しており、騒乱の影響で閉館している。再開の日程は決まっていない。 





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2063-d114164e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)