FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

内閣 【不支持率】 が 【支持率】 の 2倍 から 3倍 に

2011年1月12日(水)

 きょう発表された NHK調査では、

   内閣 【不支持率】 が 【支持率】 の 2倍

   (菅内閣を「支持する」と答えた人は29%
    「支持しない」と答えた人は59% 
     回答数65%,1097人)   

 

 12月末の共同通信調査では、

   内閣 【不支持率】 が 【支持率】 の 約 3倍

   (菅内閣を「支持する」と答えた人は23%
    「支持しない」と答えた人は67% 
     回答数不明)

 1月14日追記
  内閣支持微増、21%=不支持は59%―時事世論調査 
         (時事通信) 2011年1月14日(金)16:03
  

   ***********************

 そういう危機的な状況だと言うのに、民主党内は事実上内紛状態!

 “ガス抜き”を期した今日の民主党両院議員総会も荒れに荒れた

ようで、ますます可燃性ガスが溜まったようにも思える。

 菅党代表が「自信を持とう!」 と呼び掛けたが、これに応える

声は一部に留まっていたように見える。

     ***************

首相や党執行部へ批判相次ぐ…民主両院議員総会
      (読売新聞)  2011年01月12日 20時30分

国会に集中し過ぎたと反省=「空き菅」には不快感―菅首相
      (時事通信) 2011年1月12日(水)22:03

首相、しっかりしてください…両院総会要旨1
      (読売新聞) 2011年1月12日(水)20:09



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


NHK調査 内閣支持率29%

      NHK 1月11日 19時33分

 NHKが行った世論調査によりますと、
 菅内閣を「支持する」と答えた人は29%で、
 先月の調査より4ポイント上がり、
 4か月ぶりに上昇しました。


 NHKは、今月8日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは1694人で、このうち65%に当たる1097人から回答を得ました。

 それによりますと、
 菅内閣を「支持する」と答えた人は29%で、先月の調査より4ポイント上がり、内閣改造の直後に行われた去年9月の調査以来、4か月ぶりに上昇しました。
 一方、「支持しない」と答えた人は先月より1ポイント高い59%で、「支持する」の2倍を超えています。

菅内閣を支持する理由では、
 ▽「ほかの内閣よりよさそうだから」が50%、
 ▽「支持する政党の内閣だから」が20%などとなっているのに対し、
支持しない理由では、
 ▽「実行力がないから」が42%、
 ▽「政策に期待が持てないから」が38%などとなっています。

菅内閣に最も期待することは、
 ▽「年金や医療などの社会保障政策」が26%、
 ▽「景気・雇用対策」が21%、
 ▽「税金のむだ遣いの根絶」が15%などでした。

次に、菅総理大臣が、民主党の小沢元代表が政治資金を巡る事件で強制的に起訴された場合、離党や議員辞職を含め、みずからが判断すべきだという考えを示したことについて尋ねたところ、
 ▽「大いに評価する」が23%、
 ▽「ある程度評価する」が44%、
 ▽「あまり評価しない」が17%、
 ▽「まったく評価しない」が12%でした。

続いて、小沢氏は起訴された場合、進退についてどうすべきだと思うか聞いたところ、
 ▽「議員辞職すべきだ」が58%、
 ▽「民主党を離党すべきだ」が22%、
 ▽「離党も議員辞職も必要はない」が14%でした。

一方、参議院で問責決議が可決された仙谷官房長官と馬淵国土交通大臣を交代させるべきだと思うか聞いたところ、
 ▽「交代させるべきだ」が33%、
 ▽「交代させる必要はない」が22%、
 ▽「どちらともいえない」が39%でした。

そして、いわゆる「ねじれ国会」をどう打開すべきだと思うか尋ねたところ、
 ▽「衆議院の解散・総選挙で改めて民意を問うべきだ」が41%で最も多く、次いで
 ▽「与党と野党が政策ごとに連携すべきだ」が37%、
 ▽「与党と野党の一部が連立政権を組むべきだ」が7%、
 ▽「与党と自民党が大連立政権を組むべきだ」が6%でした。 

次に、社会保障制度と消費税を含む税制の一体的な改革について、菅総理大臣が、与野党間の議論をできるだけ早く始め、ことし6月ごろまでに一定の結論を得たいとしていることの評価を尋ねたところ、
 ▽「大いに評価する」が12%、
 ▽「ある程度評価する」が51%、
 ▽「あまり評価しない」が23%、
 ▽「まったく評価しない」が10%でした。  

また、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、どう思うか聞いたところ、
 ▽「交渉に参加すべきだ」が47%、
 ▽「交渉に参加すべきでない」が9%、
 ▽「どちらともいえない」が37%でした。

さらに、衆議院の解散・総選挙の時期をどう考えるか尋ねたところ、
 ▽「できるだけ早く行うべきだ」が16%、
 ▽「予算案が成立したあと、ことしの春ごろに行うべきだ」が19%、
 ▽「通常国会が終わることしの夏ごろに行うべきだ」が21%、
 ▽「ことしの年末までには行うべきだ」が12%、
 ▽「再来年の任期満了まで総選挙を行う必要はない」が22%でした。 



内閣支持23%、不支持67% 共同通信世論調査

      (共同通信) 2010年12月26日(日)16:36
 共同通信社が25、26両日に実施した全国電話世論調査によると、菅内閣の支持率は23・6%と11月下旬の前回調査と同じで、不支持は67・0%と過去最高になった。11年度予算案を評価するとの回答は18・4%にとどまり、評価しないと答えた人が76・0%に達した。小沢一郎民主党元代表に自らの政治資金問題をめぐり国会での説明を求めたのは70・0%に上った。 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントありがとうございました。

寺嶋眞一 様

当ブログを御覧頂き、またコメント頂きまして
ありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

  • 2011/01/13(木) 09:07:20 |
  • URL |
  • JUNSKY #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

future

我々は、ともすれば、消去法で意見を述べようとする。ああでもなければこうでもない、と話す。
消去法は、無哲学・能天気の人に見られる。不満はあっても、主張はない。
結局、不満の主張ということになるのか。
否定文だらけで不毛の内容となる。無為無策でいる。
自分の意見は、自分の哲学で話そう。上手い話を現実の中で辻褄を合わせることが出来れば、建設的な内容となる。

我々は、無いものねだりはできない。
つたない政治家であっても、捨てるわけには行かない。
我々は、助け合って、現実対応して行かねばならない。
指導者は、遠い未来に我々の行き着き先の内容を明らかにする必要がある。
そうすれば、自己の協力者を得ることが可能になる。

だが、未来時制のない日本語を使用していては、それも難しいことなのであろう。
日本語脳の持ち主は、未来の内容を受け入れることが難しい。
激しく離散集合を繰り返しながら、現実の世界を迷走する。
この国の意見発表がまともにならなければ、この国の政治音痴も解消しない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/" target=_blank>http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812" target=_blank>http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

  • 2011/01/13(木) 01:01:28 |
  • URL |
  • noga #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2028-5f8343ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)