FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

菅内閣 末期症状 立党の理念の全く異なる「たちあがれ日本」に秋波

2010年12月25日(土)

 菅・民主党内閣の支持率は、どの世論調査でも20%前後と低迷。

小沢一郎が、この支持率低下を「菅内閣のせいだ」として非難している

のには、開いた口が塞がらない。

 小沢一郎の言動がこの支持率低下の最大の理由であることに知らぬ振り。

国会の政倫審には、司法の場で明らかにするからと言って出る意思はなく

それなら裁判に出てくるのかと思ったら、今もなお、検察審査会の議決の

無効を言い立てて、裁判も回避しようと悪あがきを続けている。

 みっともない小沢一郎の態度こそが、支持率低下の元凶である。

 さて、そうして支持率が危険水域を低迷している菅内閣は、理念が全く

ことなるはずの「たちあがれ日本」と連立を組もうと呼び掛けていることが

きのう明らかになった。

 これに対して、たちあがれ日本の園田博之幹事長は24日夜、
「あり得ない。ふざけた話だ」と記者団に語った。(時事通信)という。


 菅内閣は、一方では社民党との復縁も画策している。

 両極端ほど理念の異なる「社民党」と「たちあがれ日本」が、連立する

など、笑い話にしかならないであろう。

 まさか 『薩長連合』とでも言い訳するつもりであろうか?! 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


首相、たちあがれ日本に入閣要請 連立へ政策協議も 
      (共同通信) 2010年12月25日(土)00:25

連立、「ふざけた話」=たちあがれ幹事長
      (時事通信) 2010年12月25日(土)00:03

菅首相、連立参加を打診=たちあがれ日本に―実現困難か 

     (時事通信) 2010年12月24日(金)20:03
 菅直人首相がたちあがれ日本(平沼赳夫代表)に対し、民主、国民新両党による連立政権への参加を非公式に打診していたことが24日、分かった。来年1月召集の通常国会に向けて、政権基盤を強化するのが狙い。ただ、たちあがれ日本の中では連立参加に否定的な意見が強く、実現は難しいとの見方が広がっている。

 たちあがれ日本は27日、議員総会を開き、首相からの打診について協議する。同党は「結党趣旨」の中で、「打倒民主党」を掲げていることから、菅政権への協力は有権者の理解が得られないとの立場に傾いている。園田博之幹事長は24日、都内で記者団に「あり得ない。ふざけた話だ」と述べ、連立参加に反対の意向を表明した。

 首相は24日、時事通信のインタビューで「いろいろな方と意見交換している。ただ、何か正式に申し入れたという形になっているとは承知していない」と述べ、たちあがれ日本に非公式に働き掛けたことを事実上認めた。

 首相は11月18日と今月4日、首相公邸や都内のホテルで同党の与謝野馨共同代表と会談。民主党の岡田克也幹事長も22日にたちあがれ日本の平沼、与謝野両氏と会った。民主党側は一連の会談を通じて政権への協力を要請、さらに平沼代表の入閣などを打診したとみられる。 

[時事通信社] 

 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2002-c2c75bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)