FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

根岸・鈴木さん ノーベル化学賞授与

2010年12月11日(土)


  ノーベル賞授賞式で、カール16世グスタフ・スウェーデン国王(右)から
  化学賞のメダルと賞状を受け取る根岸英一さん=代表撮影
     (読売新聞) 2010年12月11日(土)02:11

 

  2010年のノーベル賞授賞式の晩さん会が開かれた
  ストックホルム市庁舎の「青の間」(10日夜、スウェーデン)
     【時事通信社】 12月11日(土) 10時43分


  ノーベル賞授賞式の晩さん会でスピーチする米パデュー大の
  根岸英一特別教授(スウェーデン・ストックホルム市庁舎)
     【時事通信社】 12月11日(土) 10時43分

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



根岸・鈴木さん晴れ舞台、ノーベル化学賞授与(読売新聞)
       2010年12月11日(土)02:11

奇跡の反応、最高の舞台へ=「身引き締まる」緊張も―鈴木、根岸さんノーベル授賞式

      (時事通信)  2010年12月11日(土)01:03

【ストックホルム時事】
 炭素同士を結び付けた「奇跡の反応」が、最高の舞台で輝いた。北欧の古都ストックホルムで10日夕(日本時間11日未明)迎えたノーベル賞授賞式。「身が引き締まる思い」。北海道大の鈴木章さん(80)と米パデュー大の根岸英一さん(75)は、緊張の中にも笑顔を見せた。

 2人は午前中、会場のコンサートホールでリハーサルに臨んだ。根岸さんは「メダルの受け取りをやってみたが簡単だった。きょうは一段と寒く、身が引き締まる思い。本番も頑張ります」。鈴木さんは「(普段と)何も変わることはないよ。リハーサルもすぐ終わった」と余裕の表情だった。

 本番直前、えんび服に着替えた根岸さんは、「着心地は悪いですね」と冗談交じりで笑顔を見せた。鈴木さんは文化勲章を胸に着け、緊張した様子だった。

 授賞式には、研究を支えた家族も招待された。

 鈴木さんは高校3年の時、通学の電車で妻陽子さん(79)と出会った。妻から見た夫は「けんかしても、すぐ忘れておしまい。根がお人よし」。

 根岸さんは同級生宅を訪れるうちに妹のすみれさん(73)と結ばれ、今夏に金婚式を迎えた。「本当に亭主関白。イノシシみたいにこれと思ったら突っ走る」。すみれさんは、あきれながら笑う。

 夢に寄り添い半世紀。最高の舞台に、陽子さんは鈴木家の家紋「橘」が入った薄い小豆色の着物を選んだ。すみれさんは親族が金沢市の呉服店で見立てた薄いベージュの京友禅。「結婚式でも着ていないのに」。すみれさんは幸せそうに笑った。  



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1986-e8952d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)