FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

小沢一郎 民主党元幹事長の特別抗告棄却 最高裁

2010年11月25日(木)

 柳田おバカ発言や、仙石傲慢発言、尖閣問題、APEC、北朝鮮問題など

内憂外患で、菅内閣の存立の基盤が揺るいでいる中で、しばらく音沙汰が

途絶えていた小沢の陸山会の資金疑惑問題。

 検察審査会の二度の「起訴相当」判定により、起訴され裁判で白黒を

付けることが決定されたにも拘わらず、難癖をつけて裁判を回避しようと

見苦しい最後のアガキを続けていた小沢一郎に対して、最高裁判所は、

小沢側の「特別抗告」を棄却した。

 自らは「絶対潔白だ」と強弁しているのだから、裁判で正々堂々と

闘えば良いのに、国会喚問同様裁判も逃げ回っていたのである。

 いよいよ観念するしかない。 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 最高裁、小沢氏の特別抗告を棄却 起訴議決の適否で
       共同通信 2010年11月25日(木)17:07


 小沢氏の特別抗告棄却=起訴議決の効力停止請求―「行政訴訟の対象外」・最高裁
       時事通信 2010年11月25日(木)16:03
 
 小沢氏の特別抗告棄却 最高裁 

      朝日新聞 2010年11月25日(木)15:57
 小沢一郎・民主党元代表が東京第五検察審査会の「起訴議決」の効力停止などを求めた特別抗告審で、最高裁第一小法廷(白木勇裁判長)は25日、訴えを退けた東京高裁の決定を不服とした小沢氏側の特別抗告を棄却する決定をした。

 小沢氏側は起訴議決の効力停止と、「検察官役」となった指定弁護士の選任の効力停止を求めていた。東京地裁、同高裁も「検察審査会は準司法機関であり、議決は行政機関の決定ではない」として訴えを退けており、最高裁もその判断を支持した形だ。

 小沢氏の起訴、公判を担当する「検察官役」の指定弁護士は10月22日に選任されており、起訴に向けた証拠の読み込みや補充捜査の準備をしている段階。

 小沢氏は、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金収支報告書の虚偽記載にかかわったとして政治資金規正法違反容疑で市民団体から告発された。しかし、強制起訴を決めた議決では、告発事実になかった「小沢氏からの借入金4億円」の虚偽記載も犯罪事実に含めていたため、小沢氏側は「告発事実にはなかった内容まで含めた起訴議決は違法、無効だ」と主張していた。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1967-2350803c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)