FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

おバカ 柳田法相 の 発言要旨 (きのうのつづき)

2010年11月18日(木)

 きのう、自らのおバカぶりを示す『身内の』集会での発言が暴露された

 「法相就任を祝う会」での柳田稔法相の発言要旨は・・・


法相?えーっ何で俺が… 柳田法相の発言要旨 

      読売新聞 2010年11月18日(木)10:43

 柳田法相が14日に広島市で開かれた法相就任を祝う会合での発言要旨は次の通り。

 「9月17日(の内閣改造の際)新幹線の中に電話があって、『おい、やれ』と。何をやるんですかといったら、法相といって、『えーっ』ていったんですが、何で俺がと。皆さんも、『何で柳田さんが法相』と理解に苦しんでいるんじゃないかと思うが、一番理解できなかったのは私です。私は、この20年近い間、実は法務関係は1回も触れたことはない。触れたことがない私が法相なので多くのみなさんから激励と心配をいただいた」

 「法相とはいいですね。二つ覚えておけばいいんですから。『個別の事案についてはお答えを差し控えます』と。これはいい文句ですよ。これを使う。これがいいんです。分からなかったらこれを言う。これで、だいぶ切り抜けて参りましたけど、実際の問題なんですよ。しゃべれない。『法と証拠に基づいて、適切にやっております』。この二つなんですよ。まあ、何回使ったことか。使うたびに、野党からは責められ。政治家としての答えじゃないとさんざん怒られている。ただ、法相が法を犯してしゃべることはできないという当たり前の話。法を守って私は答弁している」
 




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

柳田法相の問責可決見通し 国会軽視発言で 
       共同通信 2010年11月18日(木)16:27

国会軽視発言「法相辞任」与党に強まる
       読売新聞 2010年11月18日(木)14:45

民主、法相辞任論強まる=公明・社民、問責案賛成へ―首相は罷免拒否 

      時事通信 2010年11月18日(木)12:03

 公明党幹部は18日、国会軽視と取れる発言をした柳田稔法相に対する問責決議案が参院に提出された場合の対応について、「前向きに考えざるを得ない」と述べ、賛成する方向で検討する考えを明らかにした。社民党も同日午前の常任幹事会で、法相の自発的辞任を求めるとともに、問責決議案には賛成することを決めた。両党を含む野党が決議案に賛成すれば、可決されるのは確実。民主党内には、2010年度補正予算案審議などへの影響を回避するため、法相辞任で事態を収拾すべきだとの声が強まった。

 社民党の重野安正幹事長は常任幹事会後の記者会見で、「(国会答弁は)二つ覚えておけばいい」などとした法相発言について「到底容認することができない。法相は自ら職を辞すべきだ」と強調。問責決議案への対応に関しては「提案されれば反対するものではない」と明言した。

 社民党は、先に自民党が衆院に提出した仙谷由人官房長官らへの不信任決議案に反対するなど、野党ながら菅政権に協力してきた。社民党と公明党が法相の問責決議案に同調する姿勢を示したことに、民主党内では危機感が拡大。同党幹部は「(状況が)きつくなっているのなら、(辞任も)仕方がない」と語り、執行部の一人は「自分で辞めるべきだ。法相の資格がない」と指摘した。

 一方、菅直人首相は18日の参院予算委員会で、法相について「わたしは罷免すべきだとは思っていない」と述べ、続投させる考えを示した。自民党の世耕弘成幹事長代理が法相罷免を求めたのに対して答えた。世耕氏は「罷免しないなら、われわれは認めるわけにはいかない」として、問責決議案を提出する方針を表明した。 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1956-039ac1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)