FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

海上保安官 が ビデオ投稿を名乗り出! 勇気ある行動に賞賛多数

2010年11月10日(水)

 今朝、ある程度上級役職である『海猿』(43)が、当該のビデオをインターネット上に投稿したことを名乗り出た。

 私が、このニュースを知ったのは午後7時の「NHKニュース」だったが、昼のニュースからこの話題で持ち切りだっただったらしい。

 【You Tube】 を運営するGoogle日本法人が、捜査令状に従って「IPアドレス」を検察に教えたことで、急展開となったことが契機であろう。

 IT捜査手法もある程度発展しているようで、「IPアドレス」判明後、神戸市内のインターネット・カフェ(まんが喫茶)を割り出すまで、丸一日も掛かっていない。

 神戸市内で投稿された可能性が高いことが公表されたので、その『海猿』も防犯カメラの映像を解析すればすぐに個人が特定されるであろうことを知り、また捜査が自らの周辺にも及んできたため、他の同僚や上司に迷惑が掛かる前に名乗り出た訳であろう。

 逃げ回らずに、覚悟を決めて名乗りを上げたことにエールを送りたい。

海上保安庁にも、その「海猿」を賞賛し、擁護し、処罰しないように訴えるメールや電話が殺到していると言う。

 昨夜の讀賣系列の11時頃のニュースショーで、この『海猿』に事前に面談していた讀賣新聞記者の話を紹介していた。
 それによると、その海上保安官は、「私がやらなければ闇から闇へ葬られて跡形もなくなってしまう」「この映像は国民には見る権利がある」などと語っていた、という。

 これを引用した産経新聞の記事に注目した。
警視庁OBが「捜査は世論の影響を受ける」と言っていることだ。
【 海上保安官は10日に「告白」する前に、読売テレビ(大阪)の単独取材に応じ、映像を公開した理由について、「私がやらなければ闇から闇へ葬られて跡形もなくなってしまう」「この映像は国民には見る権利がある」などと語っていた。海保内部には中国人船長の釈放に不満を持つ職員も多い。海保には「流出」を擁護する意見も多く寄せられているため、動機に「悪意」がなければ処罰を与えるほど強い違法性があるのか との議論が起きる可能性もある。

 警視庁捜査1課OBは「捜査は世論の影響を受ける。 法と証拠に基づき粛々と捜査は進めるが、中国人船長の処遇とのバランスも考慮しないと国民感情は納得しないだろう」とし、動機解明とあわせ  処罰感情の有無が今後の捜査を左右する との見方を示した。】


尖閣ビデオ  中国漁船が衝突の映像 (2分28秒)

  こちらは、まだ見ることができそうです。(11/9 追加)


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


流出の航海士擁護の声相次ぐ…海保に660件 

      読売新聞 2010年11月10日(水)21:52

 尖閣映像の流出事件で、主任航海士が所属する神戸海保や同海保を管轄する第5管区海上保安本部、インターネットの掲示板には、「彼の行動は何ら非難されるものではない」などと主任航海士の行為を擁護する声が相次いで寄せられた。

 5管には、主任航海士が映像流出を打ち明けたとの報道が流れた10日朝から午後2時までに、電話やメール計約300件が寄せられた。内容の大半は主任航海士を激励するもので、「逮捕しないでほしい」などと訴える意見もあった。神戸海保にも同日午後7時現在、同様の内容の電話やメールが約360件届いた。うち苦情は1件だけだったという。

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」には、「命がけの行動に敬意を表する」「即時釈放を求める」などの書き込みが殺到。「この人は英雄」「問題のない映像を公開しなかった民主党政権が悪い」などと支持が繰り返し書き込まれ、主任航海士の“ファンクラブ”掲示板まで現れた。

関連トピックス
尖閣沖漁船衝突 情報流出 公務員の不祥事
関連ニュース
「全く想像せず」=海保、重苦しく―神戸に「激励」殺到(時事通信) 11月10日 21:03
ビデオ流出 「逮捕しないで」海保に電話やメール相次ぐ(朝日新聞) 11月10日 20:01
やはり内部関係者 尖閣映像流出 5管苦悩「言葉ない」(産経新聞) 11月10日 15:29
海保職員「自分が流出」=投稿元は神戸・漫画喫茶―ビデオ映像流出(時事通信) 11月10日 13:03
尖閣ビデオ流出 相次ぐ激励…困惑の海保 件数、内容非公表に(産経新聞) 11月10日 08:00 



海保職員「自分が流出」=投稿元は神戸・漫画喫茶―ビデオ映像流出

      時事通信 2010年11月10日(水)13:03

 中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、神戸海上保安部(神戸市)の40代男性職員が航行中の船上で、上司に「自分が映像記録を流出させた」と説明したことが10日、分かった。映像が神戸市内の漫画喫茶から投稿されたことも判明した。

 関係当局は説明に信ぴょう性があるとみており、警視庁捜査1課は国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで事情聴取。捜査当局は容疑が固まり次第、逮捕する方向で検討に入った。

 鈴木久泰海上保安庁長官は衆院予算委員会で、職員は巡視艇乗組員であり、航行中だったが、神戸の海保庁舎内に戻ったとの趣旨の説明をした。

 投稿元は差し押さえた動画サイトの通信記録から分かり、捜査1課は防犯カメラ映像や利用客の履歴などの提出を依頼。東京地検と連携し、映像の入手方法や流出経緯を調べる。

 捜査関係者によると、東京地検は9日、映像が投稿された動画サイト「ユーチューブ」を運営する「グーグル」(東京都港区)で投稿者に関する通信記録を押収。地検と警視庁がインターネット上の住所に当たる「IPアドレス」を分析した結果、神戸市中央区の漫画喫茶が浮上した。

 漫画喫茶はJR三ノ宮駅近くの繁華街にあり、店内には同じ通信回線を共有するパソコン100台以上が備えられている。

 同店から神戸海保は約800メートルの距離にあり、捜査1課は入店客情報を調べ、職員が出入りした形跡などを捜査するとみられる。 



グーグルから資料押収=投稿者の通信記録−ビデオ流出事件・東京地検
 

      時事通信 2010/11/09-23:42

  中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、東京地検は9日、国家公務員法(守秘義務)違反での差し押さえ令状に基づき、映像が投稿された動画サイトを運営する「グーグル」(東京都港区)から、投稿者に関する通信記録を押収した。
 地検は警視庁と連携して記録を分析し、投稿者の特定と、流出元についての捜査を進める。
 捜査関係者によると、グーグル側は捜査に協力する姿勢を示していたが、個人情報の保護を理由に、差し押さえ令状がなければ任意提出には応じられないとの姿勢を示していた。
 押収対象はインターネット上の住所に当たる「IPアドレス」などの通信記録とみられる。アドレスをたどれば、投稿に使われたパソコンの所在地を特定できる可能性がある。
 衝突映像が流出したのは、動画サイト「ユーチューブ」。4日夜、「sengoku38」名の投稿者が、衝突場面を含む計約44分の映像6本を公開していた。



流出前後の防犯カメラ要請=ネットカフェ対象に−ビデオ事件で沖縄県警 

      時事通信 2010/11/09-22:01

 中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、沖縄県警がインターネットカフェに防犯カメラなどの記録の提出を求めていることが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警はネットカフェが流出元になった可能性もあるとみて捜査。広範な対象に協力を求めて解明をする方針とみられる。

 関係者によると、捜査員は9日までに、那覇市内のネットカフェや運営会社数カ所を訪れ、3日から5日の防犯カメラ映像や利用客の履歴などの提出を依頼した。
 捜査関係者によると、ネットカフェのほかにホテルなどにも対象を広げる可能性があるという。

 衝突ビデオ映像が動画サイト「ユーチューブ」に公開されたのは4日午後9時前。県警はビデオ映像がネットカフェから投稿された疑いもあるとみて、公開前後の各店の利用状況を調べているとみられる。
 沖縄県ではネットカフェに利用客の本人確認や利用記録の作成、保存を義務付ける条例はないという。

 流出事件をめぐっては、海上保安庁の告発を受け、東京地検と警視庁が国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで捜査している。
 警視庁は9日、海保で調査を担当した職員から事情聴取し、沖縄県警と合同捜査本部を設置。石垣海上保安部(沖縄県石垣市)に捜査員を派遣するなどして捜査する方針だ。 



      
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1942-3e2bd670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)