FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

検察庁 「組織ぐるみ」解明できるか 【河北新報社説(2010/10/3)】

2010年10月4日(月)

 今日は、大阪地検の“陰謀”事件に関する
【河北新報】の昨日(10月3日)付「社説」を御紹介します。

 (読み易くするための「適宜改行」は引用者)

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

前特捜部長ら逮捕/「組織ぐるみ」解明できるか

 部下が大事な物件を悪用しようとしたのを知っていて隠したという疑いで、上司2人が逮捕された。
とても検察庁で起きたこととは思えない話だ。

 しかも特捜部の部長―副部長―主任検事という主軸の出来事。
文字通り、組織ぐるみの構図だ。大阪地検の押収資料改ざん事件は、前特捜部長と前副部長が犯人隠避容疑で最高検に逮捕される事態に発展した。

 特捜部長の上には次席検事、検事正がいる。
大阪高検にも捜査の節目で報告が上がっていたはずだ。

 厚生労働省元局長の村木厚子さんへの強制捜査は、最高検も加わった検討を経てのことだった。

 検察捜査の総体が問われている。

 組織ぐるみの構図を大阪地検に限定してとらえたのでは、「特捜検事の証拠捏造(ねつぞう)」の全容解明と信頼回復は望めない。

 証拠隠滅容疑で逮捕された主任検事の前田恒彦容疑者(43)は、押収したフロッピーディスク(FD)の改ざんを認めているという。
上司2人は、ミスだと思っていたと容疑を否認しているようだ。食い違いを詰める裏付けがまず必要だ。

 誤ってFDの日付を更新したという前田容疑者の説明が信用できたので、故意の改ざんだとは考えなかった。前特捜部長の大坪弘道容疑者(57)と前副部長の佐賀元明容疑者(49)は取材にそんなふうに答えてきた。

 最高検のこれまでの調べを伝える報道内容からは、前田容疑者がどんな思惑で、何を成果として狙ってFDに手を加えたのかが、いまひとつはっきりしない。
改ざんを公表すべきだと主張したといわれるほかの検事の言動も含めて、地検内の当時の状況を検証する必要がある。

 犯人隠避罪の適用までは難しいにしても、高検、最高検のチェックがなぜ機能しなかったのか。その精査も欠かせない。

 最高検は改ざん事件の捜査とは別に、一審で村木さんの無罪が確定した事件の検証をスタートさせている。

 次長検事、刑事部長ら13人のチームが年内に報告書をまとめる予定だ。

 著しく倫理観を欠いた一人の検察官の逸脱行為では済まされない。

 その危機感が最高検の検証作業にどれだけ反映されるか。

 不信の清算が進むかどうかの鍵の一つはそこにある。

 最高検による身内の検証には限界がある。

 刑事弁護の実務が長い弁護士や裁判官経験者も交えた検証チームに切り替えることを検討した方がいい。

 法曹三者の仲間意識に対する批判も考えれば、刑事法学者らの参加も必要だろう。

 大阪地検の特捜部は東京地検に次いで1957年につくられた。名古屋地検も合わせた三つの特捜組織が本当にまだ要るのか。

 歴史的な役割を終えたという見方に加えて、エリート意識がもたらす弊害が目立つならば議論は「特捜解体論」に進んでいかざるを得ない。

 では、特捜部をなくした後、永田町の醜聞や複雑な経済事犯の摘発をどんな組織が担うべきか。そんな問題意識も含めて、検察を組織ぐるみ見直すための検証であってほしい。

        河北新報【社説】 2010年10月03日日曜日  



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1900-3339799b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)