FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

最高検察が早期終息を目指して特捜部長の尻尾切り

2010年10月3日(日)

 昨日の記事のつづきです。
 
 大阪地検の元・特捜部長と副部長が逮捕されたことに関して、
マス・メディアの多くが『疑いの目』を向けている。

それらの視点の幾つかを順不同で挙げてみると

* 国民の不信を解消するために、『内部にも厳しい』装いを示した。

* 大阪地検検事正など上部への責任が及ばないところで線引き。

* 高検や最高検に害が及ばないうちにけりを付けてしまう。

* 最高検が描いた絵図に合うように前田主任検事に自白させ、
  これを元に、特捜部長や副部長に証言を迫るという
  相変わらず自白偏重の取調べを行っている。

* 特捜部長や副部長は最高検の取調べに対して、
  「FDを改竄するような者の言うことを信用するのか?」
  と徹底抗戦の構えで有罪に持ち込めない可能性がある。

* 特捜部長は、それまで大阪地検特捜の『エース』・
  自らの右腕として重用していた前田主任検事を
  手のひらを返して厳しく批判。

* 報告が上がったはずの大阪地検検事正は「改竄は知らない」
  と「知らぬ存ぜず」と無責任な回答。

* 取り調べる側も取り調べられる側も手の内を知り尽くした
  プロ中のプロ。 抗争は泥沼に?

等など・・・

   ***************

 以下は、私の感想

 総じてみれば、検察をあげて自己保身のために血眼になっている
という感じである。

 そのために誰と誰を『スケープゴート』にして決着させるかだけを
考えているのではないだろうか?

 佐賀元明・元副部長は、「検察のストーリーには絶対に乗らない」
との趣旨の発言をしているようであるが、この言い分は反面で
「検察はストーリーを立件に都合良く描く」
(≒ 無実の人を冤罪で有罪にするために話をでっちあげる)
ことを、自ら白状したに等しい。


 村木厚子さんが無実だと解っていて、陥れる『絵図を描いた』張本人が
今度は、最高検が自らを有罪に問おうとしている『絵図』がでっちあげ
であると主張するつもりのようだ。
 他人を陥れることは平気であるが、自らの保身には熱心である。
反省の無い傲慢な人々である。
 

 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

供述対立、「隠避」立証に高い壁…最高検は自信

 10月3日追記
        読売新聞 2010年10月3日(日)14:30

 郵便不正事件で押収された証拠品のフロッピーディスク(FD)改ざんを巡り、大阪地検特捜部の当時のトップが逮捕された犯人隠避事件。最高検は、今後の起訴や公判維持に自信をみせるが、前部長らは全面否認を貫く構えで、専門家からは「立証は容易でない」との声も上がっている。

 「当然(有罪を)立証できるという認識のもとに逮捕している」

 1日夜、前特捜部長・大坪弘道(57)と前副部長・佐賀元明(49)両容疑者の逮捕を受けた記者会見。最高検の伊藤鉄男次長検事(62)は、事件の立証に強い自信をのぞかせた。

 立証の「核」となっているのは、主任検事・前田恒彦容疑者(43)(証拠隠滅容疑で逮捕)の供述だ。前田容疑者は、FDの改ざんが「故意」だったことを認め、大坪、佐賀両容疑者にも「改ざんが故意だと報告した」と供述。前田容疑者から改ざんを打ち明けられた同僚検事らの供述も、これと一致しているという。
 



前田容疑者、報告書を廃棄=パソコンの文書ファイルも削除―最高検(時事通信) - goo ニュース

前特捜部長「公判に影響」と改ざん調べず(読売新聞) - goo ニュース

「不利な証拠消したい」=前田容疑者が動機供述―証拠改ざん事件・最高検(時事通信) - goo ニュース

最高検検証チームが初会合 第三者の意見聞きまとめ(共同通信) - goo ニュース

検察のあり方見直す第三者検証機関、法相が設置検討(朝日新聞) - goo ニュース

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1898-c4da6836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)