FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

赤旗購読者、6年で2割減 共産、党勢公表し再建模索 (朝日)

2010年9月27日(月)

 日本共産党の第25回大会期・第2回中央委員会総会が9月25日から3日間の日程で開催され、参議院選挙敗北の原因を探求したそうだ。

 Asahi.com によると、日本共産党の機関紙【赤旗】は、6年間に2割減ったと、25日の志位和夫委員長の報告で述べたようだ。

 どれだけ深く敗北原因を究明したかは、発表される文書を詳しく分析してみる必要がある。

 Asahi.com で触れられているのは例えば下記のような状況である。
 (1)赤旗の購読者が2004年から2割減少した
 (2)65歳以上の党員が全体の4割を占めている
 (3)党員の党費納入率が6割に過ぎない

  相当に危機的な実態のようである。

 機関紙「赤旗」の減少を少し考えてみると、「赤旗」に限らず新聞を読む人々の絶対数は減っているのであって大声で叫ぶほどのことではない。
 その上で、「赤旗」という大時代的な『名称』の時代錯誤があることは確かである。

 歴史的に誇らしい不屈のタイトルではあろうが、そこに固執している限り若い世代の人々への訴求力は無く、今後も展望は無いと思う。
 誇らしく思えるのは、党員の4割を占める65歳以上の党員だけであろう。

 党名問題もしかりである。
 ある方は、「共生党」こそ、国民の支持も得やすく、かつ「Communist Party」にふさわしい訳語であると提唱されている。
 これは一理あると思う。

 他にもさまざまな党名の候補があるだろうから、党員や支持者から公募すればよいのではないだろうか?
 

*********************

第2回中央委員会総会 (前半)
   【参議院選挙の総括と教訓について】





第2回中央委員会総会 (後半)
    【政治情勢と党建設・選挙方針について】




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



赤旗購読者、6年で2割減 共産、党勢公表し再建模索 

      朝日新聞 2010年9月27日(月)22:24

 共産党の第2回中央委員会総会は27日、改選議席を減らした夏の参院選について、志位和夫委員長が「党の自力の問題があった」と総括し、閉会した。

 総会では執行部の責任を問う声もあがったが、志位氏は赤旗の購読者が2004年から2割減少したことや65歳以上の党員が全体の4割を占めていること、党員の党費納入率が6割に過ぎないことなど、厳しい党勢を露呈する数字の公表にあえて踏み切り、党再建に意欲を示した。

      **********

 志位氏は25日に朝日新聞のインタビューに答えた。主な内容は次の通り。

 ――昨年の総選挙と今夏の参院選で票を減らしたのは。

 「国政選挙は政権選択だという2大政党キャンペーンをやられると、政権に直接かかわらない政党は選択肢の外に置かれる。我々にとって厳しい条件だった」

 ――党にとって厳しい数値を公表した狙いは。

 「実情を党全体に率直に伝え、打開しようと思った」

 ――参院選敗北を受けて執行部の責任論も出たが。

 「党内外から寄せられた意見には指導部の責任ということも当然、ごく一部だがあった。きちんとした総括を出し、党を正しい軌道に乗せることが責任と考えている」(守真弓)




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

今日の運動
 *ストレッチング 20分
 *筋トレ 3種目 15回×2ユニット
 *所要にて短時間のみ
 *浴室にて入浴して汗流し 30分
 歩数計 2000歩
  



関連記事
スポンサーサイト



コメント

総括はされていない

参院選挙総括「2中総」について一言
①実際は「総括」をしていません。――一般社会では、企画や目標が失敗すれば、その方針が問題となるのはあたりまえです。党の参院選挙方針は、その半年前の第25回大会決定に記述されてありました。しかし、今回「2中総」参院選挙総は、その方針は棚上げにして、今回の総括は「中央(常幹)の自己総括」の報告であると、方針と運動の点検をそっくり棚上げしています。これは、「大会決定に照らして選挙総括を行う」と表明した7月12日「常幹声明」に自ら反し、方針の点検を定めた党規約に違反しているのです。
②「過渡的な情勢」と「建設的野党」は、第25回大会決定による次期大会までの基調方針となっていますが、「2中総」は、総括部分ではそれに言及せず、今後方針の政治報告において、その規定は、参院選挙前の情勢と方針であったと論証も無く捨て去っています。「綱領的見地で見通した、、」という党大会決定が半年もたたず破綻したということです。
 「全党の活動の基本を定めた綱領がまちがっていれば、かならず党活動は破たんし、混乱します」(党中央教育局編「基本過程」1984年)
 ということが、現実になっているのです。
 痛いほどの国民支配に、現在の党は、自ら情勢を切り開くのではなく、「国民の認識」の「後押し」国民の後ろからやるのだとか、、、離反している「党員の認識」は何を物語るのか、、この10年余、「科学の目」「綱領の生命力」がとんでもない間がいものであったこと、、、激動の情勢はそのような存在を寄せ付けない、、、『61年綱領』路線を捨て去り、磁力のない羅針盤で航海し漂ってしまったのだ。と思います。





が、「2中総」の選挙総括内容は、

  • 2011/09/13(火) 12:47:48 |
  • URL |
  • コマッタな #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

他人を蔑むコメントは許容できません

(latter_autumn)さま

あちこちで、このような論理を展開中の御様子です。

私は、あなたと論争するつもりは鼻から無いので、これまでのコメントは放置しておりましたが 、自らは優越感に浸って上から目線で非正規労働者の人々等を蔑むような上記コメントはあまりにもひどすぎます。

近々削除させて頂きます。

無警告で削除するのは私のやり方ではないので、今回最初の警告をさせて頂きます。

見に来ることもないのでしょうが・・・

【】

  • 2010/10/06(水) 00:32:10 |
  • URL |
  • JUNSKY 管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Unknown

だからこそ共産党のような政党は伸びる必要があると思うのですよ。このままでは失業も貧困もどんどん自己責任にされ、一部のエリート以外は長期間労働や劣悪な労働環境に苦しむだけの時代が続きます。
選挙の時になぜそれを前面にださなかったのでしょうか。政治を前に…なんて意味不明です。
護憲や平和はスローガンとしては美しくても、多くの人にとってはまず賃金であり、雇用であり、寝る時間すら削らざるを得ないような過酷な労働をなんとかしてくれではないのでしょうか。
10月16日には反貧困大集会が行われます。貧困に苦しむ人、職探しに苦しむ人。こうした人々とどの程度連帯できるかがカギでしょう。彼らは党員になったり党費を払う余裕はない。でも一票があり、彼らの後ろには彼らを気遣う父母祖父母の票があります。
日本はまがりまりにも民主国家。そうした票の集積で国政は動くのです。

  • 2010/10/04(月) 06:03:56 |
  • URL |
  • Unknown #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメント・TBありがとうございます。

皆さんコメント・トラバありがとうございます。

七詩さま
ほとんど御意見に賛成ですが、
貧困、長時間労働、失業、就職難、低賃金といった問題を前面に出して頑張っているのは政党では日本共産党がダントツだと思いますよ。

非正規労働がこれだけ問題になってきたのは、長期に亘る赤旗のキャンペーン(持続的報道)の成果であり、共産党も協同している労働組合の運動の結果なんですよ。

別に日本共産党を弁護するつもりはありませんが・・・

関連する労働組合員として・・・

  • 2010/10/03(日) 23:01:08 |
  • URL |
  • JUNSKY 管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

こりゃだめだ…

赤旗購読者は党員数イコール党勢という発想にこだわっているかぎりこりゃだめだという感じですね。だって民主党や自民党やみんなの党は党員数がどうとかこうとかいっていないでしょう。政党は得票してなんぼじゃないですか。
党員がどうの、党員数がどうのばかりいっている政党は外からみればしょせん党員のための政党であって国民皆のための政党ではないんだ…と思うだけでしょう。党員のための党はみんなの党にも負ける。
それに護憲や平和が別に悪いとは思いませんけど、もっと貧困、長時間労働、失業、就職難、低賃金といった問題を前面にだしてはどうなんですか。最低賃金の引き上げ、異常な長時間労働の是正、人材派遣業の規制…。

  • 2010/10/03(日) 21:30:38 |
  • URL |
  • 七詩 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

失われた共産党の20年

赤旗全紙8ページにも及ぶ報告が行われたのですが、・・・本当に反省するする気が有るのでしょうか?
共産党の党勢や赤旗読者が全般的に一貫して退潮傾向であることは事実で、これらの問題点を正直に発表したこと自体は評価出来るが、1年前の国政選挙での党勢から、今回の参議院選挙での、これほどの大きな後退の原因が何処にも説明が無いのですよ。
20年前のソ連東欧の崩壊による社会主義に対するイメージダウン、02年の小泉訪朝以後の北朝鮮叩きの影響による日本全体の右傾化による左翼護憲派陣営の縮小が大きく影響して社民党などは今や消滅寸前です。
全てが後退する中で、護憲派陣営では共産党ただ一人が衆議院490万票、参議院440万票の最後の防衛ラインで踏みとどまって健闘していたのです。
党勢が後退はしていたが緩やかであり490万票を得た1年前とは、それ程の取り立てて問題にする程の数字の悪化は無かったのですから、(共産党の側には大きな変化が無いのなら)別の何かが、大きく影響したと考えるべきです。
残念ながら、この視点がまったく無いのですよ。
共産党ですが、変化が無いどころか何十年も前からの選挙戦術を今でも変わることなく採用している。
世の中が変わったとの意識が無い。
蜷川京都府知事が健在であった頃にはビラの配布は大きな威力が有ったのですが、今では色々な宣伝ビラが新聞よりも多い今頃にも昔とまったく同じビラでの配布で政策宣伝を行っているのです。
これでは勝てないが、今回の報告で何時もとは大きく違う事、過去にはまったく無かったが一つだけあるのですよ。
共産党の敗北原因は『悪質な反共宣伝云々』の言葉が今回だけは無いのですが、それならは原因は『党の政策や姿勢』と言う理屈も成り立つが、これでは駄目でしょう。
これだけ社会が右傾化した日本では一々『共産党が云々』などといわなくても極簡単に十分に反共宣伝が成立するのですよ。
韓国軍天安艦沈没騒動で、今まで必ず共産党に投票していた元々の共産党支持者までが、『共産党は今は良いことを言っているが将来は・・・・』と思ったから440万の最後のラインを大きく割り込んだのです。
政策云々ではなくて、天安沈没で、もう少しレベルの低い共産党や赤旗の『イメージ』悪さが大きく影響したのでしょう。
そして共産党の総括で何時ものような反共宣伝云々が無い理由は簡単で、これを言うと具体的には『天安艦沈没時の赤旗報道の問題点』しかないので赤旗編集部や党幹部の責任問題に成るので、志位さんは『反共宣伝』とはいえないのです。

  • 2010/10/01(金) 15:05:19 |
  • URL |
  • 一休宗純 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

関係ないのでは

>そこに固執している限り若い世代の
>人々への訴求力は無く

全然関係ないと思いますが。

そもそも若い世代はノンポリ指向が強いですから。「赤旗」の名前を変えたら購読するようになる、なんて訳じゃないでしょう。

根本的な問題は、政治的な無関心の拡大。「赤旗」の名前を変えることが、その解決策になりえますかね。とてもそうとは思えませんけど。

>党名問題もしかりである。
>ある方は、「共生党」こそ、国民の
>支持も得やすく

党名も関係ないでしょう。

少し前に共生新党というのがあったけど、泡沫のまま事実上解党。

今回みんなの党が躍進したのは、党名がいいからか。
共産党がみんなの党に負けたのは、党名が悪いからか。
社民党が共産党にも負けているのは、党名がもっと悪いからか。
しかし社会党時代には共産党に勝っていたということは、当時の党名はよかったということか。

党名は全然関係ないのでは。

http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/blog-entry-460.html" target=_blank>http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/blog-entry-460.html

  • 2010/09/28(火) 17:07:34 |
  • URL |
  • latter_autumn #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1892-48d0ffd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)