FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

民主党内の代表選で多数派工作をするために【解散】を弄ぶ菅直人

2010年8月24日(火)

 民主党の菅直人代表は、9月の民主党代表選挙に勝利するための多数派工作として、1年生議員を集めて“政策調整”のための?懇談を行った。

 小沢一郎との駆け引きの話は、ちょっと置いておいて・・・

 マスメディアの報道によると、その懇談会の中で、
【次期衆院選について「3年後に衆参ダブル選挙をやればいい」と語った。】(産経)という。
 朝日新聞報道では、
【「3年後に参院の任期が来るから、そのときに衆参ダブル選挙でいいじゃないか」と踏み込んだ。】 とある。

 与野党の力量や国際関係などあらゆる流動的な状況から、必要に迫られて“抜く”『伝家の宝刀』と言われる衆議院の解散特権である。

 政治情勢や経済情勢によっては、やむを得ず、または積極的に解散権を行使する可能性もあり、野党の攻勢により泣く泣く解散に追い込まれることもあり得る。

 そういう性格の国会に対する総理大臣の『最重要特権』である解散権を、民主党内の新人議員囲い込みの駆け引き材料(道具)に持ち出すなど、この方の浅薄さはいよいよ本物である。 せいぜいその程度の人間でしかなかったということが改めて実証された。

 メディアでは、そういう側面からよりも、【解散権を自ら縛ることによって党内での求心力や国会での主導権を失う】という側面からもっぱら捉えているようであるが(以下の朝日新聞引用参照)、それは本質ではないのではないだろうか?



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

中長期の政策遂行が真意=菅首相の同日選発言で説明―仙谷氏(時事通信) - goo ニュース
      2010年8月24日(火)14:03

首相「3年後にダブル選」 新人議員懇 代表選支持訴え(産経新聞) - goo ニュース      
      2010年8月23日(月)14:48

「解散時期」で駆け引き=新人の不安心理つく―民主代表選(時事通信) - goo ニュース
       2010年8月23日(月)22:03 

首相、苦肉のダブル選発言
 新人取り込みへ解散権封じ
 

      朝日新聞 2010年8月24日(火)03:32
 民主党代表選で再選を目指す菅直人首相が23日、「伝家の宝刀」を持ち出した。「脱小沢」戦略に続き、「3年間は解散しない」と明言。選挙基盤が弱い当選1回生議員を安心させ、取り込む狙いからだ。ただ、首相の権力の源泉である「解散権」を自ら封じるかのような発言は、首相の求心力低下を招きかねない。 

 23日午前、衆院議員会館の首相の自室で開かれた民主党の1回生議員18人との懇談会。首相は「縦割り行政を政治主導で変えたい。そのためには3年間は腰を据えて本格的な改革をやりたいんだ」と説明。そして「3年後に参院の任期が来るから、そのときに衆参ダブル選挙でいいじゃないか」と踏み込んだ。

  首相は約40人の議員に自らのインタビューが載る本を贈呈。裏表紙に議員一人ひとりの名前を書き入れるサービスぶりで、1回生議員の支持拡大に躍起だった。

 衆院議員のクビを切る解散権は、首相の最大の武器。首相があっさりそれを封印したような発言をしたのには、訳があった。

 この日、小沢一郎前幹事長に近い山岡賢次副代表は都内で記者団にこう語った。

 「ねじれ国会では予算関連法案が参院で通らない。解散と引き換えに通してもらうことになるのが確実だ」

 小沢氏支持グループの戦略の一つは、菅首相では早晩、政権は行き詰まり、衆院の解散・総選挙に追い込まれると宣伝することだ。選挙基盤が固まっていない1回生の不安をあおり、首相から支持を引きはがすことにある。首相が解散権を封じてみせたのは、1回生のこうした懸念を払拭(ふっしょく)するためだった。

 だが、あえて解散権を封じる戦略は、首相の求心力低下につながる危険もある。

  政府提出の法案の成立がままならない「ねじれ国会」で、首相は解散しないと足元を見られれば、国会で野党との駆け引き材料を失い、国会運営の主導権を完全に失ってしまう。今回、再選されても党内の「反菅」勢力への抑えも利かなくなるのは明白だ。

 山岡氏は首相の発言を聞くや「3年後のダブル選挙なんて無理だ」と記者団を前に切って捨てた。首相は代表選での多数派工作を念頭に、表向き「解散しない」と言い出したに過ぎないとの見立てだ。

 懇談会ではまた、首相が「脱小沢」路線を捨てたのではないかと受け取られかねない場面もあった。

 「小沢さんがいたからこそ、政権交代を成し遂げることができた」。首相は「挙党一致」を求める1回生の問いに、小沢氏をこう持ち上げ、「誰もが、これでやっていこうという形になるよう努めたい」と語り、挙党態勢の必要性を強調した。

 だが、前原誠司国土交通相、野田佳彦財務相、岡田克也外相らは、「脱小沢」を条件に首相への支持を明確にしている。

 解散権を封じたとみられたうえ、小沢氏に融和のサインを送ったと受け取られかねない首相の発言に、首相を支える党幹部の一人は「殴りに行こうかと思った。菅さんはわかっていない。すぐ余計なことを言う」と憤った。

 足元の菅グループの中には、融和路線で代表選を乗り切り、その後の政権運営を安定させたいとの思惑もある。23日の菅グループの会合では、出席者から「無投票が一番安定した挙党一致だ」との声も出たほどだ。

 「脱小沢」と党内融和を求める声の双方に、一定の配慮をせざるを得ない首相の苦しい胸の内ものぞく。首相は同夜、鳩山由紀夫前首相に電話し、「どう振る舞ったらよいだろうか」と相談。鳩山氏は「首相らしく泰然自若としたらいいのではないか」とアドバイスした。
      朝日新聞 2010年8月24日(火)03:32


首相「3年後に衆参ダブル選」 新人議員との懇談で言及(朝日新聞) - goo ニュース
      2010年8月23日(月)12:38
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

今日の運動
 *ストレッチング 10分
 *【ピラティス】 45分
 *【ポルドブラ】 50分
 *【ナチュラルスタイル・ヨーガ】 45分
 *水泳(平泳ぎ)500m 20分
 *浴室で入浴して汗流し 30分
 ちょっと頑張りすぎたか? しかし苦痛では無く楽しんでます。
 トータル5時間弱。
 *歩数計 6400歩 (スタジオレッスン含む) 
 ピラティス、ポルドブラ、ナチュラルスタイル・ヨーガとも
   20数名参加で、男性は4−5名でした。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1849-6b5318a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)