FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

与党中毒

2010年7月28日(水)

 一つ前の記事で、インターネット中毒(依存症)について書いたが、今日は『与党中毒』についてである。

 鳩山由紀夫元総理や菅直人総理がいとも簡単に与党中毒に陥り、官僚の操り人形と化してしまった様は、この1年たらずの間に多くの国民の不信感を醸成してしまった。

 市民運動家出身の菅直人総理も、普天間、労働者派遣法、消費税などで、御輿として官僚にうまく担がれて、結局市民運動家としての“独自性”をなんら示せないまま、ひと月で支持率を半減させてしまった。

 与党になるまで言っていたことと真逆の政策を平然と語る始末である。
米軍基地の抑止力の必要性を否定していた野党時代とは打って変わって、いまや抑止力論に完全に飲み込まれ、結局沖縄普天間基地問題での解決の糸口を自ら断ち切ってしまった。

 それほど、与党中毒は感染力が強く、症状もひどいらしい。

**************************:

 社民党の辻本清美議員も、国土交通省副大臣を経験したことから、この与党病に感染し、短期間に重症となったようだ。
 国土交通省で民主党の前原大臣とペアを組んで、“改革”を進めてきたことを、自らの手腕によるものと『勘違い』しているようである。 その省庁を動かす醍醐味こそが(実際は百戦錬磨の官僚にうまく乗せられて操り人形になっていることも自覚できず)、この与党病の一つの原因物質である。

 辻本議員は、省庁を動かす「醍醐味」が、社民党の政権離脱で味わえなくなったものだから、忸怩たる思いで『長患い』し、結局社民党を離党して無所属の立場から与党として活動し、あわよくば無所属のままで、あるいは次回総選挙で民主党から当選して再び大臣をやりたいと思ったのであろう。
 まさに与党中毒そして大臣病を併発していると言わなければならない。

 前原国土交通大臣は、早速辻本議員にエールを送り、与党としての協力に期待する談話を出した。



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1819-bc1ee393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)