FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

日本国憲法は先人の智慧の結晶−1

1880年の婦人参政権!(1880年9月)
 明治維新から僅か十数年、土佐の片隅で婦人参政権が実現していたのを御存知だろうか?
 過日、高知旅行に赴いた際、「高知市立自由民権記念館」や「高知県立坂本龍馬記念館」を訪れたが、そこでの見聞は自由民権運動についての認識を新たにさせられた。これも初めて知ることの一つ。
 明治憲法(1889年)公布に先立つ、明治13年(1880年)6月、区町村会法に基づき土佐・上町・町会(町議会)では20歳以上の男女に選挙権・被選挙権がある町会規則を設定し、3ヶ月に亘る県令との闘争の結果、9月20日とうとう県令はこれを認める裁定をおこなった。その後、隣の小高坂村でも同様の内容を実現したのである。
 自由民権の理論家 植木枝盛はこれを称して「男女同権ハ南海ノ某一隅ヨリ始ル」と高知新聞に書いたという。
 おりしもこの年、立志社の同志によって自由民権運動の象徴的存在であった「愛国社」再興の第4会(大会)が開催され、「国会期成同盟」が愛国社とは別の団体として(いわゆる統一戦線のようなものか?)結成された。そしてこれを足掛かりに翌・明治14年(1881年)の「自由党」の結成に繋がって行く。
 そしてこれに前後する明治12年から14年にかけて植木枝盛の「東洋大日本国憲案」(岩波文庫所収:家永三郎解説)をはじめとする40以上(「自由民権記念館」の資料に記載されたものだけで)の民権派の憲法草案が提案された。欽定憲法の明治憲法とは違い、現憲法以上に民主主義的であるところもあり、これらの先人の智慧が日本国憲法にも生きて繋がっているといえる。アメリカ押し付け論を打ち破り、日本人民の宝である憲法を死守する砦ともいえよう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

憲法9条を護りましょう

憲法は先人の闘いと智慧の結晶です。

  • 2006/03/09(木) 00:02:29 |
  • URL |
  • Keep 9 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/18-f3a9d46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)