FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

三日続けて社民党の福島氏の動静の話題

2010年5月26日(水)

福島氏は罷免覚悟の行動をとっていたことが本人の吐露で解った。

しかし、行動を起こすのが少なくとも半年遅かった。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


閣議決定に「署名せず」 社民幹事長(産経新聞) - goo ニュース
      2010年5月26日(水)15:26

福島氏「政権に恋々とは思われたくない」 社民議員総会(朝日新聞) - goo ニュース
      2010年5月26日(水) 12:16

辺野古前提なら閣議で反対 福島氏、罷免も覚悟(共同通信) - goo ニュース
      2010年5月26日(水)18:24

「辺野古」抜きで首相談話
 =28日普天間政府方針決定
  ―社民・福島氏は署名拒否
 

      時事通信 2010年5月26日(水)16:03

(時事通信)
 政府は26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題への対処方針を、閣僚の署名を伴う「首相談話」として28日に閣議決定する方向で調整に入った。県内移設に反対する社民党に配慮し、移設先となる「名護市辺野古」の地名は盛り込まない方針。一方、日米共同声明には移設先を明記することで合意しており、同党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)はこれに強く反発、閣議での署名に応じない考えを明らかにした。

 鳩山由紀夫首相は26日夕、首相官邸で記者団に「何らかの形で閣僚の皆さんの理解が必要だ。署名というのが自然だ」と強調した。これに対し、福島氏は記者会見で「(首相談話に)仮に『辺野古』が入っていなくても、日米合意を前提としているわけだから、閣議でサインはしない」と明言。福島氏が反対を貫けば、社民党の連立離脱に発展する可能性は否定できない情勢だ。

 日米両政府は実務者協議の結果、移設先を「名護市辺野古周辺」と共同声明に明記することで合意。米ヘリ部隊訓練の分散移転先として、「鹿児島県・徳之島」も盛り込むことも固まった。

 また、代替滑走路の自衛隊との共同使用を検討し、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)以南の米軍施設・区域返還促進や、航空機の騒音軽減も沖縄の負担軽減策の柱として記す方向。代替滑走路の位置や工法など詳細は、継続協議の上、8月末か9月までに詰めることで調整している。 

[時事通信社]
 



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1741-3e424b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)