FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「普天間、首相は公約違反」 共産党の志位和夫委員長

2010年4月1日(木)

 今更の話であるが、共産党の志位和夫委員長が普天間問題で、
【『少なくとも県外』と言ってきた鳩山由紀夫首相の(衆院選)公約に違反する。選挙詐欺と言われても仕方ないやり方だ】
 と批判したと言う。

 赤旗紙上では連日この公約違反を取り上げているが、時事通信が取り上げたことが、“今更の話”なのである。

************************
4月2日追記
普天間基地
「移設」政府案は最悪 連帯し撤去の大波を
     志位委員長が表明 2010年4月2日(金)「しんぶん赤旗」

  日本共産党の志位和夫委員長は1日、国会内で記者会見し、4月にいっそう熱い政治の焦点となる沖縄・米軍普天間基地問題について、「いま報道されている政府の『移設』案は沖縄県民にとって最悪の案だ」と厳しく批判しました。

 
(写真)記者会見で沖縄・嘉手納町作成のパンフ
    を示す志位和夫委員長=1日、国会内

 報道されているのは、同県名護市のキャンプ・シュワブ陸上に新基地をつくり、なおかつ、同県うるま市のホワイト・ビーチ沖に3000メートル級滑走路を3本もつ巨大基地をつくる案です。

 志位氏は「沖縄県内に二つの新基地をつくるものであり、県民からみれば、これ以上ないほど最悪の案だ」と指摘。地元紙の琉球新報社説(3月27日付)でも「これ以上悪い案は、思いつくことすら難しい」と指弾されている内容だと強調しました。

 同時に、鳩山由紀夫首相が総選挙で「少なくとも県外・国外」と公約していたことをあげ、「いわば『選挙詐欺』といわれてもしかたがないものであり、絶対に受け入れるわけにはいかない」と述べました。

 また志位氏は、「普天間基地の訓練や機能の一部を移すから沖縄の負担の軽減になる」とされていることについても、「沖縄県民にとってなんら説得力のあるものではない」と指摘しました。

 志位氏は、昨年12月に懇談した宮城篤実嘉手納町長が、2006年の日米再編合意によって、嘉手納基地の米軍機の訓練を本土に分散移転すると合意されたが、その後、逆に基地被害は増していると訴えていたことを紹介。同町発行のパンフレットを示しながら、同基地の常駐機の訓練が移転されても、米本土などから米軍機が飛来し、上空の訓練空域を使って米軍が勝手放題やっている実態を示しました。

 記者団から、前日の党首討論で自民党の谷垣禎一総裁が首相に対して、5月末までに結論が出なければ退陣するかと迫ったことについて問われて、「問題は時期ではなく、中身だ」と指摘。「首相の責任をはかる唯一の尺度は、(『県外・国外移設』を訴えた)総選挙の公約を守るかどうかにある」と述べました。

 志位氏は、「『移設条件付き返還』への固執が、もう破たんしていることは明りょうだ。無条件撤去を正面から米国に求めて交渉を行うことが、一番現実的な唯一の方策だ」と強調。「沖縄と本土の連帯で、全国津々浦々で新基地建設反対、無条件撤去のたたかいの大波を起こすために全力を尽くしていきたい」と決意を述べました。 



************************

 なお、日刊「赤旗」は、昨日・本日と日米核兵器持ち込み密約についても一面TOPを含む大きなスペースを割いて検証している。

 3月31日付けでは不破哲三元衆議院議員による記者発表を詳しく書いている。
その会見の模様は、下記を御覧ください。

核密約はこうして結ばれた 不破氏会見


核密約の内容は交渉の第1日から示されていた
    不破前議長が米側文書示す 2010年3月31日(水)「しんぶん赤旗」

政府、「討論記録」を密約と認める 
     「日米核密約」答弁書 志位委員長が会見 2010年4月1日(木)「しんぶん赤旗」




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


普天間、首相は公約違反=共産委員長 

      時事通信 2010年4月1日(木)18:03
 共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)、ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に2段階で移設する政府案について「『少なくとも県外』と言ってきた鳩山由紀夫首相の(衆院選)公約に違反する。選挙詐欺と言われても仕方ないやり方だ」と批判した。

 政府案が基地機能の一部県外移転を目指していることに関しても「嘉手納基地では(戦闘機訓練を県外に分散移転するとした)2006年の日米合意後も逆に騒音被害が増えた。沖縄県民に何ら説得力があるものではない」と語った。 

[時事通信社]  


普天間移設「政府の考えは私自身の腹案」1日の鳩山首相(朝日新聞) - goo ニュース

普天間移設、地元了解は当然=鳩山首相「腹案既に用意」−党首討論(時事通信) - goo ニュース


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1683-fbae23f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)