FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

もう日本の民主党はぐちゃぐちゃ!

2010年3月23日(火)

 先日筆頭副幹事長に副幹事長職を解任された生方氏が
小沢幹事長の『鶴の一声』で“復活”を果たした。

 民主党は、まさに小沢幹事長が何でも独断で取り仕切る政党であることを、より一層明確にした。

 メディア報道であるから、『何と言ったか』は定かではないが、共同通信によれば、
小沢幹事長自身が、
【「参院選を控え、党の団結と協力が大事だ。本来の副幹事長の職務に全力を挙げてほしい」と伝え、続投を要請したことを明らかにした。】と言う。

小沢氏、生方副幹事長解任を撤回 「党の団結大事」(共同通信) - goo ニュース

時事通信では、一層突っ込んで、
【参院選考慮、小沢氏「おわびする」】とまで書いている。

生方副幹事長の解任撤回=参院選考慮、小沢氏「おわびする」−民主(時事通信) - goo ニュース

朝日新聞では、世論の批判と支持率の低下が解任撤回の背景にあるように書いている。

民主、生方副幹事長続投に転換 世論の批判うけ(朝日新聞) - goo ニュース

いつのまに、日本の民主党は『朝令暮改』の党に成り下がってしまったのか?

*****************************
 一方で昨日の小林議員の居直り記者会見に対しても鳩山代表(首相)も含む党幹部からさえ批判的な声があがっていると言う。

小林氏の進退、首相「終わったと思っていない」(読売新聞) - goo ニュース 

首相「離党・辞職否定で終わらない」=小林議員進退で民主幹部と協議へ(時事通信) - goo ニュース

政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信) - goo ニュース

 しかしながら、小林議員が潔く議員を辞職したら、
「それなら、小沢一郎はどうなんだ? 鳩山由紀夫はどうなの?」
 という声が、自民党などはもちろん、民主党内や国民の間に広がることを
懸念して、『辞職の決意をした小林氏に翻意を迫った』という噂も
あながち、無いでは無い ように思える。

 この数日前の報道では、辞職の意向が出ていた(マスコミが勝手に流した?)
くらいだから。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1674-70b21985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)