FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

村木厚子氏の“犯罪”は 大阪地検・特捜部 の作文

2010年2月24日(水)

 2月16日の記事 に続き、このブログでも何度か「罪を着せられた可能性」を
指摘してきた厚生労働省元局長・村木厚子氏の郵便不正事件の『その後』。

 TV報道等によれば、部下も上司も村木厚子氏の関与を完全に否定し、
ますます検察(大阪地検・特捜部)の作文による冤罪の可能性が増した。

 Web記事を要約すると
上村元係長は、
*「自分の判断でやったと説明しても調書に書いてくれなかった。」と証言
*「企画課長だった村木被告の顔は知っているが、仕事で話をしたことはない」
*「村木被告には証明書を渡していない」
*「村木被告とのやりとりが生々しく書かれているが、全部でっち上げ」
  と涙ながらに訴え、検察側の取り調べを批判した。
*「予算のことで頭がいっぱいで一刻も早く雑事を片づけたかった。
  偽の決裁書類を出した時点で、将来的には証明書も偽造しないといけないと
  追い込まれ、6月1日に偽造を自分で最終決断した」と説明した。
とのこと。

 上村元係長の、この証言が事実だとすれば、上村元係長は村木厚子企画課長(当時)を陥れようとしてこの犯罪を行った訳ではなく、個人の意志でやった問題を検察が一方的に上司であった村木厚子企画課長が主導したものとしたことになる。

 昨日のニュースを見ていると、この問題の震源地が民主党の石井議員(今や長崎県知事選挙の際の露骨な「利益誘導演説」で有名!)であったことも解っており、検察による民主党潰しの一環だった可能性さえ疑われる。

 いずれにせよ、村木厚子氏は検察によって陥れられた訳であり、女性事務次官を嘱望されていた有能な人材の前途を奪ってしまったことになる。
 この責任をどう取るつもりなのだろうか?

 もっとも、上村元係長とは全く別の事務次官有力候補(いわゆるライバル候補)またはそれに連なる“派閥”の部下が、村木厚子氏の将来の芽を摘むため“派閥抗争”で『冤罪』を検察にリークした可能性は今も否定できない。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

「元局長の指示ない」と部下証言 厚労省文書偽造公判(共同通信) - goo ニュース

郵便不正公判、元係長「村木被告と話したことない」(読売新聞) - goo ニュース

「供述調書はでっち上げ」=厚労省元局長公判で元係長−大阪地裁(時事通信) - goo ニュース

村木被告の元部下「調書はでっち上げ」…郵便不正(読売新聞) - goo ニュース

元係長、涙声で「申し訳ない」=郵便不正、厚労省元局長に−大阪地裁(時事通信) - goo ニュース

厚労省元係長「調書はでっちあげ」
  郵便不正公判で主張

      朝日新聞 2010年2月25日(木)01:00
 自称障害者団体を郵便割引制度の適用団体と認める偽の証明書が厚生労働省から発行された事件で、虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われ、無罪を主張する同省元局長村木厚子被告(54)の第8回公判は、24日午後も大阪地裁で続いた。村木元局長の共犯として起訴された当時の担当係長上村(かみむら)勉被告(40)は検察側の証人尋問で、元局長から不正な発行を指示されたとする捜査段階の供述調書は「でっち上げだ」と訴えた。

 上村元係長は、昨年5月に大阪地検特捜部に逮捕された後の取り調べ状況を問われ、「検事は紳士的だったが、自分の判断でやったと説明しても調書に書いてくれなかった。厚労省の組織犯罪にしたかったのでは」と主張。村木元局長の関与を認めた厚労省関係者らの証言を知らされて誘導されるなどし、記憶に反する内容の供述調書に署名したと語り、「悔しい思いでいっぱい」と涙ぐんだ。

 一方、偽の証明書は村木元局長にでなく、自称障害者団体「凛(りん)の会」(現・白山会、東京)元幹部の河野克史(こうの・ただし)被告(69)=元局長らとの共犯で起訴=に厚労省近くの喫茶店で手渡したと述べた。河野元幹部はこれまでの公判で、上村元係長からの受け取りを否定している。

 検察側は、上村元係長が「単独犯行」の動機を「予算の仕事に集中したかった」と述べていることや、証言内容がほかの関係者と食い違うのは「不自然」と判断。捜査段階の供述調書の内容が「真実」として、裁判所に証拠採用を求める方針。
 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

中島 正久 さま

長文のコメントありがとうございます。
検察の腐敗が良く解りました。
同じような事をやっている自民党議員や元政権幹部がお咎め無し(たとえば二階氏)という状況を見ると、一連の事件が民主党追い落としを図る勢力の行動が背景にあることは察せられます。
とはいえ、政治資金規正法に抵触するか否かはともかく、鳩山・小沢の金権ぶりは確かな訳で、これには国民もうんざり・・・ その上後期高齢者医療問題の先送り、派遣法改正の先送り、普天間問題でのアメリカ支配からの脱却に失敗(はじめからその気はないか?)等など、期待を裏切っているのも確か。
民主党には、将来は無いように見えます。

  • 2010/03/07(日) 10:21:02 |
  • URL |
  • 管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

民主党対検察+自民の戦争

少し教養のある日本人なら昨今の一連の事件は
冤罪と言う観点でなく、まさしく検察権力の危機からくる あがき であるこは判っている。
政権交代に危機を持つ自民と検察の合策だ。
検察にとって一番の危惧は裏金問題であろう、自民政権が続く限り小泉、政権との裏取引で検察は安泰、民主政権なら取調べの可視化、検察幹部の国会同意人事化などどれも受け入れられない。三井氏の出獄以来いよいよその時期がきた。悪は暴かれ裁かれなければ!検察による不法逮捕、冤罪で苦しんだ沢山の国民は救われない、また不法な人権を無視した取調べにより何人の善良な国民が自殺で命を絶ったか。
三井事件以来自民党代議士の逮捕はあったか?
日歯連の村岡派閥事務総長(小切手を預かる)だけでこれも、橋本、野中を見逃し無罪承知の村岡逮捕、こんな茶番を許す日本の司法、メディアは存在の価値すらない。
昨年3.3事件、郵政不正事件、1.15事件はすべて衆議院、参議院選挙を民主党を不利に落とし込もうとした、小泉と小沢の戦いだ。
国会議員、官僚、メディアの人でこの構図と検察の裏金そして自民と検察の裏取引を知らない者はもぐりである。一連の事件は共通している点がある、検察による作文ででっち上げ無理やりの逮捕、人権無視の恫喝、脅し、嘘の情報(凛の会事件では電話の記録、上村係長の名詞や同僚の嘘の自白)これが取り調べと言えるか?厚生郵便事件の実行犯である上村係長は上司であった村木元局長(当時課長)の指示は何もなく話したことも無かったと言い、取調べノートの出現で不法な取調べが誰の目にも明らかである、また塩田部長も電話記録の嘘による自白調書のでっち上げはあきれてものも言えないのである。しかし小沢関連捜査では嘘、でっち上げにもかかわらず、誰一人として嘘自白は無かったとおもわれる。
この厚生郵便事件はチンピラの詐欺に乗せられたノンキャリアの悲しいお話で無理に石井参議院議員を結びつけるには村木氏の犠牲が必要であっただけで、この責任は大阪特捜部長の首だけで済みそうでない・・・村木氏を救う会には日本のうるさ型婦人がスクラムであい向かっている。そもそも特捜Bは石井氏憎しは有名らしい。小沢氏の佐久間Bと同じ構図である。
西松事件は政治資金規正法に沿った処理をしたから起訴である?また西松総務Bも実態のある政治団体であると証言、会の解散も正規の会としての手続きで行っている。
四億事件も会計のプロならなんの問題もないことがわかるし、ゼネコンなど数々のガサ入れでも本筋の贈賄、利得斡旋などの証拠はなし。
三重の水谷建設の元社長はヤクザ社長である、自分の脱税事件で手心を加えて欲しかったから福島県知事佐藤氏は気の毒である。きっと検察の書いた偽裏金で五千万二回で一億も渡したら弱少ゼネコンは倒産、こんなこと業界人ならだれもわかる佐久間が作った話でしょうともっぱらの話。少し前石原知事にも裏金渡したなんていってたと思うが。私が民主党議員なら水谷建設を締め上げ(指名停止)嘘の裏をとって検察にギブアップさせるのだが。佐久間Bのキャメルのコートの映像は検察というよりヤクザの殴りこみの感あり!ひどい。正義の欠片も無い。
天の声などどこにあるのか?
いずれも検察のでっち上げであるが 二つの疑問がある ①小泉の元飯島秘書が動いている。
②鳩山、小沢とも不起訴である。
取調べの可視化が参院で二回も可決していおいて政権をとり、公約にも入れていても動きなしである。今回鳩山、小沢は自民政権と同じくうら取引=けものみち=に入ったのではないか?
むしろ日本の民主主義のためには早急に衆議院法務委員会で検事総長の検察裏金問題の承認喚問をしたらぜんぶ解決。
これだけ検察リークで鳩山、小沢、石川、石井
村木を悪人に仕立て上げたら国民はそう思う。
風を吹かせすぎで心ある人は真理がわかるが誰でも 悪人 支持率はガタ落ち 当然!
冤罪を捏造してもばれても、人権無視の取調べをしても、嘘の情報で嘘の調書を作ってもなんで検察、裁判所は罰せられないの?日本の三権分立はなにも機能していない!
民主も国権の最高機関で過半数をもっているのだから検察の媚びることなく強気で 検事総長の裏金承認喚問、検察幹部に民間人の起用、取調べの可視化、検察者会見の開放と放映、リークの罰則化などで民主主義国家に近づこうではありませんか!
   私も中小企業の元役員で今は年金暮らし   の老人です。正しいことが正しく、悪い   やつを眠らせない社会であって欲しい。
   今の検察が大嫌いです。

水谷建設の一億裏金献金は検察の嘘疑惑でそそのかしだとは思いません?

このコメントにご意見をいただければ幸いです。 いつもご苦労様です。

  • 2010/03/07(日) 00:56:00 |
  • URL |
  • 中島 正久 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1645-dea8225a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)