FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

トヨタ、92億円節約=07年のリコールで 時事/NHK

2010年2月22日

 きょう昼のNHKニュースによると、「リコール問題への対応で米国議会などへのロビー活動の結果、1億ドルの節約となった」とのトヨタの内部文書が米国議会で公表され大問題になっているという。

 Webニュースでも、時事通信、asahi.com などが取り上げている。

【トヨタは同日、「我々は顧客の安全を最優先に考えており、一つの内部文書だけで(安全よりコスト重視などと)結論づけるのは適切ではない」との談話を出した。】
 と言うから、『懲りない人々』と言わなければならない。
 事態がここに至った原因が何か、全然解っていないことを証明したようなものだ。

トヨタ、92億円節約=07年のリコールで−社内文書(時事通信) - goo ニュース

トヨタ内部文書「リコール問題で1億ドル以上を節減」 

      朝日新聞 2010年2月22日11時15分
 【ワシントン=尾形聡彦、ニューヨーク=丸石伸一】
 トヨタ自動車の大規模リコール(回収・無償修理)問題で、米下院の監督・政府改革委員会は21日、「リコール問題で(当局との)交渉の末、1億ドル(約92億円)以上を節約できた」とするトヨタの内部文書を明らかにした。2007年のリコールが大規模になるのを防いだことで、多額の費用が浮いたことをトヨタが社内で強調している文書で、トヨタの豊田章男社長が出席する24日の同委員会の公聴会で追及が強まるのは必至だ。

 文書は、監督・政府改革委が調査過程で入手。09年7月初めに、現・北米トヨタ社長の稲葉良み(よしみ、みは目へんに見)氏が、同社ワシントン事務所について、米当局や米議会への働きかけで成果をあげていることを強調する内容だ。文書は「機密扱い」とされている。

 09年7月は、同年8月の米西海岸でのレクサス車の暴走・死亡事故、同年9月のトヨタの大規模リコール発表の前に当たる。

 文書は、ワシントン事務所の成果として、リコール問題で「(同社にとって)有利な結果」を得たと指摘。特に、「カムリや、レクサスESのリコール問題では1億ドル以上を節約」と明記している。

 トヨタは07年9月に、フロアマットにアクセルが引っかかる恐れがあるとして、主力車種の「カムリ」と高級車「レクサスES350」の一部、計約5万5千台をリコールしている。このリコールが比較的軽く済んだことを指しているものとみられる。

 ただ、その後、09年9月末発表のリコールは、カムリやレクサスES350を含め7車種約380万台に上った。

 監督・政府改革委の有力者、アイサ議員(共和)の広報担当は21日、「トヨタと米当局との間でどんなやりとりがあったのか重大な疑問が生じている」と批判。公聴会でも追及する方針だ。

 トヨタは同日、「我々は顧客の安全を最優先に考えており、一つの内部文書だけで(安全よりコスト重視などと)結論づけるのは適切ではない」との談話を出した。
 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1642-9a677dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)