FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

年金必要加入期間25年は長すぎ! 

2010年1月22日(金)

 鳩山首相のこの答弁は支持します。
但し、25年を短縮して20年や15年では困ります。

 長くても10年、短くて「期限の定め無し」(すなわち納めた範囲に比例して支給される)にするべきでしょう。

 「期限の定め無し」にすれば、たとえば8年目に諸般の都合で離職せざるを得なかった場合でも8年間に納めた掛け金に比例する年金が小額ではあっても受け取れます。

 今の制度は、24年11ヶ月納付しても貰えない(掛け捨てになる)という不合理なものです。
諸外国では例がありません。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

首相、年金加入期間の短縮検討 無年金者対策で(共同通信) - goo ニュース

首相、年金最低加入期間25年間の短縮検討 

       読売新聞 2010年1月23日(土)00:04

 鳩山首相は22日の衆院予算委員会で、公的年金を受給するのに必要な25年間の最低加入期間について、「期間短縮も重要な発想だ。25年は長すぎるので検討したい」と述べた。

 無年金者対策などのため、保険料を支払う期間の短縮に前向きな考えを示したものだ。

 首相はまた、「低所得者に基礎年金を上乗せし、暮らしを援助することも大事だ」と語った。

 これに関連し、長妻厚生労働相は同日の記者会見で、「25年ルールは(制度の)根幹にかかわることなので、新しい年金制度改革の中で見直しに取り組んでいく」と述べた。
 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1609-91759f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)