FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

国の最高権力者という認識の無い鳩山首相

2010年1月19日(火)

 きのうから会期150日の通常国会が始まった。
今日からは、各党の代表質問である。

 自民党の大島氏の質問は、これまでの自公による悪政・失政には無反省に民主党を批判したが、この質問に対する民主党席からのヤジは、与野党逆転したとはいえ旧態依然で、自民党の“ヤジ将軍”並みの聞き苦しいヤジであった。
 私は、民主党の見苦しい姿に一層失望した。

 これに続く公明党の質問は、何やら絶叫調であった。いわゆる“舞い上がった”状態。
ヤジるのもそろそろ疲れたのか減ってきた。
その内容は、自民党と似たり寄ったりの無反省のものであったが、「第二次補正予算の早期成立を求める」と民主党に秋波を送る(摺り寄る)ことも忘れなかった。
 これには与党席からも拍手が起こっていた。

 その次に質問に立ったのは共産党の佐々木議員であったが、与党席からも野党席からも殆どヤジなく淡々と進んだ。しかしながら、9議席の悲しさ故、その質問時間は極めて短かった。
 鳩山総理の答弁も差し障りの無いものであった。

 **********************

 そういう中で、各紙の世論調査によると、民主党の不支持率が政権樹立以来初めて支持率を上回った。 
 母集団が小さいので、どの程度の精度かは解らないが、各社の調査結果がほぼ同じ傾向であるため、まずトレンドとしては鳩山内閣は国民の期待を失いつつあることは確かなようだ。

内閣不支持44%、初の逆転 共同通信全国世論調査(共同通信) - goo ニュース

女性、無党派層「鳩山離れ」一気に(読売新聞) - goo ニュース

「小沢幹事長辞職を」67%、内閣支持42% 世論調査(朝日新聞) - goo ニュース

   

            (Asahi.com より借用)

             
 **********************
 
 もうひとつこの数日話題となっているのは、鳩山首相が小沢幹事長が検察と戦うことを支持すると発言したことは、「指揮権発動」の一歩手前であったのではないか? ということだ。鳩山首相は、そんなつもりは無かったと弁明しているが、鳩山首相は自らが国家権力の最高権力者であるという自覚がないのだろう。
 憲法上では国民の負託を受けた日本国の最高権力者であり(真の権力は国民にあるという建て前ではあるが)政治の最高指導者という立場であるはずが、自らは全く自覚していないらしい。謙虚とかそういうレベルの話ではない。
 鳩山氏の頭では、最高指導者は小沢一郎氏であり、自らは小沢氏の顔色を伺いながら小沢氏が是とする事項だけを代行するということなのか?

 情けないと言わなければならない。

 幾ら「小沢幹事長の同志としての擁護発言」であったとしても、発言は鳩山総理の発言となることが解っていないようである。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


小沢氏問題 首相「指揮権発動せぬ」 代表質問で答弁(朝日新聞) - goo ニュース

首相、指揮権発動考えず=自民・大島氏、小沢氏らの説明要求−代表質問始まる(時事通信) - goo ニュース

首相「偽装献金事件、決着した」…衆院代表質問(読売新聞) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1605-1947f934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)