FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

谷垣自民党総裁の浅薄・僭越

2010年1月7日(木)

 一昨日、このブログでも“予告”記事を書いた、藤井財務大臣の健康問題での辞任が現実のものになり、管直人氏が後任に決まった。

 医師の指導の下、充分療養して頂きたいと思う。

財務相に菅副総理=仙谷氏、国家戦略を兼務−藤井氏辞任を了承−鳩山首相(時事通信) - goo ニュース

***********************

 ところが、自民党の谷垣総裁が週刊誌的な発言をして彼の浅薄さを露呈した。
曰く、【民主党内のあつれきが原因ならば問題だ】 と。
だいたい、健康上の理由で辞任せざるを得ない人に対して僭越な発言である。

 こういう発想をするのは、自民党内ではそういうことが日常茶飯事だったからに違いない。
 「省みて他を言う」 の類である。

 こういう憶測は週刊誌が流すような内容であって、まともなジャーナリズムにとっては、『はっすぱな』情報である。
 それを卑しくも公党の党首たる総裁が公の場で発言するとは、
「自民党はここまで落ちぶれたか!」
 と言わざるを得ない。

 谷垣総裁は、内輪の飲み会の席でうっかり口走った訳ではない。
党本部で記者団に語ったのである。
 まさに『体たらく』と言わなければならない。

 谷垣総裁と言えば、2009年10月26日の鳩山首相の所信表明演説に対して、
 【「ヒトラー・ユーゲントがヒトラーの演説に賛成しているような印象を受けた」。自民党の谷垣禎一総裁は26日、鳩山由紀夫首相の所信表明演説について記者団から感想を求められた際、民主党議員が衆院本会議場で演説に合わせ声援を送る様子を、ナチス党の青少年組織ヒトラー・ユーゲントになぞらえて皮肉った。 (時事通信)】 
 という発言で、自民党自身がナチス的政党に成り下がって来ていることを証明したが、またもや低俗なオツムを露呈した訳である。

 自民党は、最早政権を回復する能力も『品格』も何も無い泡沫政党に成り下がったようである。
 (すっと前から「品格」など無かったが・・・)


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

藤井氏辞任、自民総裁
  「民主内あつれきなら問題」
 

      読売新聞 2010年1月6日(水)22:54
 藤井財務相が6日、健康不安を理由に辞任したことに対し、自公両党は通常国会での予算審議に支障が生じることなどを指摘し、鳩山政権の対応を批判した。

 自民党の谷垣総裁は党本部で記者団に「財務相が予算審議前に交代するのは、私の記憶する限りない。体調(悪化)ならばやむを得ないが、民主党内のあつれきが原因ならば問題だ」と述べ、政府に辞任経緯を明確にするよう求めた。

 自民党内には「(約44兆円の)『史上最多の国債を発行した財務相』との汚名を負いたくなくて逃げ出したのではないか」(閣僚経験者)などと、藤井氏の健康不安を疑う向きが多い。

 自民党は、藤井氏が自由党幹事長当時の2003年に同党を解散する際、政党交付金を所属議員の政治団体などに寄付した問題も、通常国会で厳しくただす考えだった。大島幹事長はなお追及方針を強調するが、党内には「閣僚辞任でかわされた」との指摘が出ている。

 一方、公明党の山口代表は、東京都内のホテルでの会合で「政権交代後の新しい予算に対し、責任ある説明を尽くせるかどうかが問われている」と強調した。 


谷垣氏「党内あつれきが原因なら問題」 財務相辞任巡り(朝日新聞) - goo ニュース

藤井財務相辞任へ 小沢氏と確執?政権痛手(産経新聞) - goo ニュース
  まぁ、産経新聞なら言いそうなことだ。

通常国会前、政権に打撃=後任、小沢氏の意向反映か−藤井財務相の辞任で(時事通信) - goo ニュース
  この時事通信記事も最後に一言無責任に情報を紹介している。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1591-fe748f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)