FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

村木厚子元局長の関与を否定 郵便不正事件

2010年1月6日(水)

 障害者団体などを装い郵便料金を不正に減額されていたいわゆる「郵便不正事件」で元係長側は、捜査段階での供述を覆し、村木厚子元局長の関与を否定したという。

 捜査段階での“供述”の『強要』が行われた可能性が浮かび上がってきた。
この元係長の供述が、村木厚子元局長立件の重要証拠であっただけに、今後の展開が注目される。

 この問題が発覚した時、当ブログは以下の記事を書いた。
第一報はそのまま掲載したが、その後は冤罪の疑いを持って書いている。

 そのことが、今回明らかになりつつあるようである。

村木厚子雇用均等・児童家庭局長 逮捕 郵便不正
  2009-06-14 (第一報:asahi.com ニュース引用のみ)

村木厚子局長(障害保健福祉部企画課長)は、ハメられた?
  2009-06-15 

しかし、今回の場合、
女性キャリアの昇進を嫉んだ男性が課長時代の村木厚子局長に依頼されたことと
虚偽の供述をして、村木厚子局長を陥れようとしているのではないか?
という疑問も生じる。

 村木厚子障害保健福祉部企画課長の部下だった同省係長上村勉容疑者が、その嫉んだ男性とは断言できるものではないが、彼が村木厚子局長に先を越された男性キャリアの圧力を受けて“偽証”をした可能性もなきにしもあらず。

 今夜のNHKニュースで匿名で証言していた元厚労省幹部は、村木企画課長から上村係長に直接指示が飛ぶことは(組織の階層性から考えて)有り得ない、と言っていた。 


村木厚子厚労省前局長の無実訴える
  2009-07-10

 住田裕子弁護士らが9日、同省内で記者会見し、「無実の罪で捕らわれている」と同被告の即時保釈を訴えた。

 会見したのは、住田弁護士や堂本暁子前千葉県知事らで、「不正な手段に手を染めたり、部下に指示したりする人ではない」との声明を発表した。

 住田弁護士は、同被告に接見した際の様子を振り返り、「『真実は明らかになる』と話すと村木さんは涙を流し、この時に無実だと確信した」と話した。


 当ブログは引き続き「冤罪」の線でフォローして行きたいと思う。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

厚労省元局長の指示を否定
  郵便不正事件で元係長側
 

      朝日新聞 2010年1月6日4時2分

 厚生労働省から偽の証明書が障害者団体を自称する組織に発行され、郵便割引制度が悪用された事件で、虚偽有印公文書作成・同行使の罪で起訴された厚労省の担当係長だった上村(かみむら)勉被告(40)=現・主査=側が、「偽の証明書は独断で作った」という趣旨の主張をし、当時の上司で元雇用均等・児童家庭局長の村木厚子被告(54)=同罪の共犯で起訴、休職中=の指示を否定していることが5日、関係者の話でわかった。

 弁護側と検察側、裁判所の間で争点を話し合う公判前整理手続きの中で、そうした主張が明らかにされたという。

 大阪地検特捜部の調べでは、上村元係長は捜査段階で、村木元局長の指示で証明書を作ったことを認めたとされ、検察側は元局長の関与を示す重要な証拠と位置づけている。検察側は今後、ほかの厚労省関係者の証言も踏まえ、公判で元局長の共犯性を立証する方針だが、元係長側が指示を否定したことは、大きな争点になりそうだ。

 村木元局長の初公判は、27日に大阪地裁で開かれることが決まった。元局長側は全面無罪を主張する方針。

 検察側の構図では、上村元係長は障害保健福祉部企画課係長当時の2004年、企画課長だった村木元局長の指示で、自称障害者団体「凛(りん)の会」(現・白山会、東京)を郵便割引制度の適用団体と認める偽の証明書を作成。元局長は、凛の会元会長の倉沢邦夫被告(74)=同罪の共犯などで起訴=の依頼で国会議員が口添えの電話をした当時の部長(退職)から、発行を指示されたとされている。

 倉沢元会長の公判で明らかにされた元係長の捜査段階の供述調書や検察側の冒頭陳述によると、元係長は、元局長から「部長から下りてきた話でもあるから、すぐに証明書を作って下さい」と催促され、完成した際には「あとは私に任せて下さい」と言われた、とされている。

 一方、村木元局長は捜査段階から「不正を頼まれたことはなく、部下に偽造させたこともない」と関与を否認。倉沢元会長も「証明書が虚偽とは考えなかった」と無罪を主張しつつ、証明書は元局長から受け取ったと説明している。

 郵便不正事件では、実態のない障害者団体名義で企業のダイレクトメール広告が大量発送され、企業や団体関係者ら計20人が郵便法違反容疑などで逮捕・起訴されている。  



元厚労省局長の指示を否定 供述覆し、元係長証言へ(共同通信) - goo ニュース

厚労省元局長、27日初公判=証明書偽造、無罪主張へ−大阪地裁(時事通信) - goo ニュース

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1590-571e6218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)