FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

雑誌 【THE BIG ISSUE】 に小雪さん登場

2009年12月8日(火)

 先日(12/6)、「六本まつり」に参加したときに、
雑誌 【THE BIG ISSUE】が店を出していたので、
表紙で買った。



 【THE BIG ISSUE】は、ホームレスの人達が立ち直るきっかけにするための国際的な活動であり、日本でも数年前から発行され始めた雑誌である。
 
 【THE BIG ISSUE】の販売活動を行いたいと思ったホームレスの人達は、最新号10冊を無料で受け取ることができる。
 これを1冊300円で販売して、元で3000円を手にする。そしてこの中から
【THE BIG ISSUE】を1冊140円で発行元から購入し、300円で売って1冊160円の収入を得るのである。



 1日10冊売ることができれば、1600円の収入になり、食費くらいにはなる。
 もっとも1日10冊と言うと少ないようだが、1ヶ月コンスタントに売ると300冊になるので、結構大変であろう。

 私の買ったのは、今年10月号で、表紙は女優・小雪さんだったが、小雪さんは雑誌の中でも結構長いインタビュー記事に登場して注目すべき発言をしていたので紹介したい。



小雪さんは、公開される映画「わたし出すわ」の中で、大金を得て、昔の同窓生にお金を援助するという役柄を演じるそうだが、「もし自身が大金をえたらどうつかうだろうか?」という質問に対して、
「自分だったら寄付すると思います。今も自分のお給料は、そういう使い方をしているから」と答え、続いて次のように語っています。



 小雪さんは、5年ほど前から難民を支援する基金など3つの団体に寄付しているという。
 それも、ただ闇雲に寄付するのではなく、
「自分が還元したいと思う人たちに、ちゃんとお金が回ってゆく」団体かどうかを精査して寄付しているという。責任のある寄付の仕方だと感心した。



 看護学校に通っていて阪神大震災の時にはボランティアもされたようで、『社会派』と言える女優さんだ。女優にならなかったら看護師になっていただろうと言う。

最後に、今の社会について
「私は大企業からシステムを変えていかないと、今の社会はなかなか変わらないと思います。ようやくエコ、エコって言い出したけど、遅いですよね。天下りをやめて雇用を増やすとか、東京にカジノをつくるなら、仕事に困っている人たちを雇うとか、できることはいっぱいあると思う」
 と、石原都知事への皮肉も交えて、なかなか芯のある方だ。



 以前より、女優として小雪さんは好きな方だったが、一層好きになった。

  小雪・WEBSITEは、http://koyuki.jp/

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

でも、最大の問題は、教育

小雪さんは素敵ですが、天下りを悪事と思わぬ腐敗官僚による中央集権行政が、国家衰退の根本原因です。
中でも、最悪は、文科省が学校を、とことん腐敗させたことです。
大学が天下り機関に変わり、読み書き計算の指導技術も身に付けない教員を排出しています。不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人を作る学校は、教育機関の資格がありません。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。この本は、学校現場から愚民化教育の実態、時代錯誤した非効率教育、教育荒廃の仕組みを明らかにした驚くべき書です。
この本こそが、「自民党・官僚」が国政を私物化し、国民をだまし、虐待し、盗んできたことの明白な証拠です。知識時代に愚民化教育を行う者は、悪党です。
受験競争で時代遅れの知識を詰め込ませ、世界最低となった大学に進学させ、外国語もIT能力も金融や法知識もない若者を育てれば、貧窮し自殺者が出るのは当然です。失業も倒産もデフレも、自民党と腐敗官僚の悪政が原因です。
子供と日本を守るために、悪徳官僚は許せません。

  • 2009/12/09(水) 18:35:04 |
  • URL |
  • 大和 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1561-bbb87255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)