FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

鳩山内閣の“目玉!” 「行政刷新会議」 が初会合

2009年10月22日(木)

 鳴り物入りで宣伝していたが、鳩山内閣成立後1ヶ月が過ぎても開催される様子が見えて来なかった「行政刷新会議」が今日になってようやく初会合を開いたと言う。

 鳩山首相は、
「国民の目線で真に必要な予算に重点を置かなければならない。できる限り歳出削減に切り込むことが国民の思いだ」 と述べ、徹底した取り組みを指示した。】と言う。

     

 これまでのところ、私が期待していた以上に頑張っていると思うし、多くの困難に直面しながらマニフェストとの整合性を追求しようという意気込みで取り組んでいると思う。
 昨日、仲間内で話し合った時に、参加していた方から「マニフェストで約束したから、ここまで頑張っているんだろうな。マニフェストがなかったら、とうに腰砕けになっていたかも・・・」と言う意見が出た。
 確かに、そういう側面はあるだろうと私も思った。

 今の処「国民目線での改革」が表に出て来ていて好感が持てるし、「歳入が足りない」とあちこち削り込んで涙ぐましい努力をしているのは良く解る。
 しかし、支出面で大きな処を見逃していませんか?
それらは、
1)米軍のグアムへの撤退と言う自己都合の撤退支援の3兆円超
2)米軍に対する条約上の義務が無い『思いやり予算』3千億円内外
3)政党助成金 3百億円前後
  少しづつ桁は減るが偶然の3並び

 これは少なくないんじゃないですか?
 昨日のスポーツ新聞のコラムでも「政党助成金」をキッパリやめたらどうか?という記事が掲載されていましたよ!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

日刊「赤旗」10月24日付より
  米軍「思いやり」聖域化 

前政権下の予算要求額と変わらず
--------------------------------------------------
 防衛省の2010年度軍事費(防衛関係費)の概算要求(15日決定)で、米軍基地建設費や従業員の給与などを負担する「在日米軍駐留経費」(思いやり予算)が1919億円(歳出ベース)と、8月末の自公前政権下の概算要求額とまったく変わらないことが23日までに明らかになりました。

 米軍再編経費では、前政権が決めた新規事業をそのまま盛り込み、SACO(沖縄に関する日米特別行動委員会)関係経費も同額です。「思いやり」予算とこれらを合わせた総額は 2870億円 で、09年度予算の2879億円とほぼ同額。新政権でも“聖域”化されていることが明確になりました。

 また、防衛省は米軍再編経費の内訳で、在沖縄米海兵隊グアム「移転」関連の「民活事業」を新規に盛り込んでいることを認めました。同事業は、米兵家族住宅約3500戸の建設や電力などのインフラ整備のための民間事業者の選定、出資等を行うものです。

 これ以外では、パトリオット(PAC3)追加配備をはじめとした「ミサイル防衛」予算に1662億円(契約ベース)を計上。09年度予算と比べて550億円もの増額を要求しています。

 装備関係では、新戦車の調達量を8月時点の58両(561億円)から16両(157億円)に減らしましたが、防衛省は、「(8月の時点では)2010年度から4カ年度分の集中調達を計上していたが、今回は10年度分だけにした。11年度以降は改めて要求する」と、新戦車の調達量を変更したわけではないことを示しました。 



首相「国民目線で歳出削減を」
 行政刷新会議が初会合
 


        河北新報 2009年10月22日木曜日

 鳩山内閣は22日、税金の無駄遣いを洗い出す行政刷新会議の初会合を官邸で開いた。議長を務める鳩山由紀夫首相は冒頭で「国民の目線で真に必要な予算に重点を置かなければならない。できる限り歳出削減に切り込むことが国民の思いだ」と述べ、徹底した取り組みを指示した。

 国家戦略室とともに内閣の両輪に位置付ける組織の本格始動で、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた政策を2010年度予算で実現するための財源確保が当面の課題だ。事業の要不要を精査する「事業仕分け」の手法で取り組む方針だが、短期間で成果をあげられるか真価が問われる。

 初会合では
(1)事業の妥当性、緊急性などを考慮し廃止を含めて検討
(2)規模が過大な事業や合理的な理由のない随意契約などは実施方法を見直す
(3)特別会計も対象
(4)独立行政法人・国立大学法人、公益法人向け支出も再検討
 ―との基本方針を確認した。

 子ども手当や公立高校の実質無償化など看板政策を盛り込み一般会計で過去最高の95兆円超に膨らんだ10年度概算要求から計240程度の事業を事業仕分けの対象とする方向。
 11月中に結論をまとめ、年末の予算編成に反映させる考えだ。

 仙谷由人行政刷新担当相は概算要求を3兆円程度圧縮し10年度当初予算案を一般会計で92兆円程度に抑えたいとの考えを示していたが、会合後の記者会見では「より小さい額がいい」と一層の削減に努める意向を表明した。

 
行政刷新会議が初会合−事業仕分けで作業班設置(医療介護CBニュース) - goo ニュース
     2009年10月22日(木)15:15

行政刷新会議が官邸で初会合 財源確保で無駄洗い出し(共同通信) - goo ニュース
     2009年10月22日(木)09:54

官僚の「ご説明」禁止 首相、歳出削減へ決意 刷新会議初会合(産経新聞) - goo ニュース
     2009年10月22日(木)15:35

母子加算、全額復活で合意=12月から支給−厚労・財務両相(時事通信) - goo ニュース
     2009年10月22日(木)14:03

関連記事
スポンサーサイト



コメント

???

行革刷新会議に対し国民の一部は、ただバトルを楽しんでいるだけのバカが多すぎる。それで国民の政治に対する関心が高まったと勘違いしてる政治家、行革刷新会議も結局は民主党の面目を保つ為の数字のごろ合わせでなんでも切ってします。やりとり見てると、まるで共産国ですな http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0248.gif">

  • 2009/11/18(水) 06:58:39 |
  • URL |
  • 民主化? #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1511-aceb1287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)