FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

郵政次期社長に斎藤次郎元大蔵事務次官

2009年10月21日(水)

 亀井郵政改革相は、昨日辞任させた西川氏に代わる郵政次期社長に元官僚の斎藤次郎・東京金融取引所社長を『ウサギの速さ』で内定した。

 天下りの最たるものという批判もあるが、亀井氏はこれに反論したようだ。

     

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

「大変な仕事になるだろう」
 郵政次期社長・斎藤氏
 


          読売新聞 2009年10月21日(水)21:50

 日本郵政の次期社長に内定した東京金融取引所社長の斎藤次郎元大蔵事務次官(73)が21日、記者会見した。

 この中で、斎藤氏は、「取引所では、企業のガバナンス(統治)に取り組んだ」と述べ、その経験をいかし、郵便・銀行・保険3事業の一体運営など新政権の基本方針に沿って経営改革に取り組む考えを示した。

 日本郵政は社外取締役が過半数を占める指名委員会で、斎藤氏を含む新たな取締役候補を選ぶ。臨時株主総会の承認、総務相の認可を経て、西川善文社長が辞任する28日にも、斎藤氏が新社長に就任する。

 政府は26日からの臨時国会に、日本郵政グループの株式売却を凍結する法案を成立させた後、組織再編をふくむ抜本見直し案を盛り込んだ「郵政改革法案(仮称)」を来年の通常国会に提出する方針だ。亀井郵政改革相は、斎藤氏と相談しつつ、見直しの具体案を固める意向を示している。

 斎藤氏は、正式就任前であることを理由に、今後の運営方針についての青写真は示さなかったが、「大変な仕事になるだろうとの感じは持っている。一生懸命やりたい」と抱負を語った。

 亀井郵政改革相はこれまで、「今の経営陣は私が責任を持って一新する」と述べ、経営陣の総退陣に踏み込む考えを示してきた。これに関し斎藤氏は、「まだ、社長でない。これからの話だ。いろんな人の意見を聞く」と述べるにとどめた。亀井郵政改革相も21日夕、記者団に対し、「新社長が基本的に判断することだ」と述べ、斎藤氏の考えを尊重する意向を示した。

 一方、斎藤氏は、旧大蔵省で「10年に1人の大物次官」と呼ばれ、中枢を歩んできたため、天下り批判も根強い。これに関し、斎藤氏は、「(旧大蔵省を)辞めてからずっと民間人としての道を歩いてきた。天下りとの意識はない」と反論した。

 日本郵政の社長人事を巡っては、20日に鳩山内閣が郵政民営化見直し方針を決めたことを受けて西川社長が28日付で辞任する意向を表明した。
 


日本郵政社長に斎藤次郎・元大蔵事務次官 亀井氏が発表(朝日新聞) - goo ニュース

日本郵政後任社長に斎藤次郎氏 元大蔵次官、亀井担当相が発表(共同通信) - goo ニュース

斎藤氏「官僚OB批判当たらぬ」 日本郵政新社長が会見(共同通信) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1510-3c8284b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)