FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

09年9月9日9時9分

本日は【9】並びの日です。・・・・・・ 投稿クリックが10秒遅かった!
                   (Reality があるよう修正しません)

【憲法9条】を世界に発信いたしましょう!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

以下は、購読しているメルマガ ≫≫9の日通信≪≪ を御紹介します。
            2009年9月9日(水)
**********************


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
【1】「the time憲法でみる」
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

■「脱官僚」

 今回の総選挙で大勝した民主党は「脱官僚」を掲げています。官僚の今まで果してきた役割に否定的風潮が強い今、民主党の主張に賛同する人が多いのも当然かもしれません。
「官僚主導」に変わって国民の多くが投票した政党の政策に沿った形で行政が行なわれることは、憲法の国民主権の立場からすれば当然のことです。

 ただ、多数政党による多数の横暴は許されません。
少数者の意見をどう政策に反映させるのかが真の民主主義には問われます。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
【2】「憲法 あの時」
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

■サンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約調印
 (1951年9月8日)

 1951年9月8日、サンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約の調印がなされました。日本国内には、全面講和、再軍備反対の声があるにもかかわらず、独立した日本は西側陣営に加わり、米軍の駐留継続の道を選びました。
 米軍の駐留に関しては1959年、砂川事件一審で違憲判決があり、その後それを合憲とする判決は出されていない状況が今日まで続いています。

 1954年に創設された自衛隊についても1973年、長沼事件一審で違憲判決があり、やはりその後それを合憲とする判決は出されていません。
 日本への米軍の駐留や自衛隊の存在は今なお、絶えずせめぎ会う関係が続いています。

――――――――――――――――――――――――
┏●┓
┃好┃「戦争をしない国 日本」
┃評┃ DVD販売中!
┗●┛
    http://www.filmkenpo.net/form2/form2.html
――――――――――――――――――――――――
『戦争をしない国 日本』上映・普及センター
〒160-0022東京都新宿区新宿2-5-11
甲州屋ビル3F(株)青銅プロダクション内
 TEL 03(3358)8169FAX 03(3352)2922
 e-mail info@filmkenpo.net
 http://www.filmkenpo.net/
――――――――――――――――――――――――
 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

七生さま

投稿直後に早速の
長いコメントありがとうございます。

当ブログは、「憲法9条は世界の宝」という
立場でございます。

他の条項の改正は、右翼&反動派の「呼び水」に過ぎません。
もっとも、自民党も「9条改正が眼目だ」と、言い始めていましたが、これに対する国民意識の一つの現われ方が、この度の選挙結果だと思います。

  • 2009/09/09(水) 11:30:16 |
  • URL |
  • 管理人 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

9と聞いてやって来ました

はじめまして、七生です。(*'-'*)
参考になれば、幸いです。
 
『原爆は何故落とされたのか』
日本人よ、何故 "Yes, we can." と言えるのだ!?

「原爆投下が終戦を早めた」という説は、
アメリカが原爆投下を正当化する為に、
今も言い張っているウソ話である。
「日本を降伏させるのに原爆投下は必要なかった」
という事実は、とっくに証明されているのだ。
それこそTBSの特番、
『"ヒロシマ"あの時、原爆投下は止められた』
でもやっていたほどの常識だ。
※(某キャスター氏のコメントは人間理解の浅薄さを証明する情けないものだったが。)
http://matodoga.blog24.fc2.com/blog-entry-195.html" target=_blank>http://matodoga.blog24.fc2.com/blog-entry-195.html

「天皇の地位保全」の条項さえ出せば、
原爆を投下せずとも日本は降伏すると
米国務次官・グルーは何度も主張した。
しかし大統領トルーマンは、
ポツダム宣言の草案から
「天皇の地位保全」を認める条項を
あえて削除した。
トルーマンは原爆を投下するまで
日本を降伏させたくなかったのだ!

○莫大な費用をかけて作った原爆を、
 議会対策の為にも使わなければならなかった。
○ウラン濃縮型と、
 ルトニウム型の2種類の原爆を、
 黄色いサルの住む都市で実験使用して、
 その効果を確かめる必要があった。
○戦後の世界秩序を巡って、
 ソ連のスターリンに
 脅しをかけておく必要があった。

原爆投下は終戦を早める為に
実行されたのではない!
ルーズベルトの急死で、
たまたま大統領になってしまい、
「つぶれた田舎の雑貨屋のおやじ」と言われて
全米国民の溜息を浴びていた
ハリー・トルーマンは、
自分の強さを誇示する為に、
何が何でも虫けら同然の日本人の上に
原爆を落としたかったのだ。
トルーマンは原爆を2個落とし、
目的を達成したら、グルーの案に戻り、
「天皇の地位保全」を日本に伝えた。
結局はトルーマンの計画通りに進んだのだ。
グルーの努力は実を結ばなかった!

『原爆を投下するまで日本を降伏させるな』
(草思社)の著者、鳥居氏によれば、
ルーズベルトは、日本との戦争が長引けば
中国が内戦になる可能性が高まると考え、
ドイツを降伏させたあと、
一日も早く日本を降伏させるために、
グルーを起用した。
ルーズベルトは「天皇の地位保全」を主張する
グルーに希望を託したのだ。
ところがルーズベルトの急死、
トルーマンの大統領就任によって、
グルーの対日政策は無視される。
日本を降伏させるわけにはいかなかったからだ!
原爆を落とすために!
 
日本が主体の正しい歴史を知るには
小林よしのり『戦争論』全3巻がおすすめです。
 
※ダニエル・エルズバーグ
元国防総省職員・平和運動家(米国)論文↓
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20090821150520891_ja" target=_blank>http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20090821150520891_ja

塩野七生『ローマ人への20の質問』より
Q:
憲法改正について、
もしもこの日本人にローマ人が助言を与えるとしたら、
どのように言うでしょうか。
 
A:
一部の日本人が主張するような、
普通の国になるための憲法改正ではなく、
普通の憲法にするための憲法改正を勧めるでしょう。
日本人は、ユダヤ教徒ではない。
日本国憲法は、神が人間に与えたものではありません。
ゆえにそれを死守するのは、自己矛盾以外のなにものでもない。
この自己矛盾から抜け出すのが、まずは先決されるべき課題ですね。
憲法改正には国会議員の三分の二の賛成を必要とし、
さらに国民投票で過半数を得る必要があると定めた第九十六条を、
国会の過半数さえ獲得すれば改正は可、とするように改めるのです。
これにも国会議員の三分の二の賛成と
国民投票での過半数が必要になるのは、もちろんのことです。
しかし、憲法改正条項である第九十六条の改正が成ってはじめて、
ユダヤ教徒でもない日本人が、
神が与えたわけでもない憲法にふれることさえ不可能という、
非論理的な自己矛盾から解放されることになる。
第九条を改めるか否かは、その後で議論さるべき問題と思います。

  • 2009/09/09(水) 11:08:05 |
  • URL |
  • 七生 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1471-7a735f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)