FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

モーツァルト の 「死因」 に 『新説』

2009年8月20日(木)

 日本や世界では新型インフルエンザの感染が急拡大しているが、
モーツァルト死因は連鎖球菌による『感染症』ではないか?
との新説が現れたのだという。

 インフルエンザとは、関係無いが、興味ある記事だったので、引用した。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



モーツァルト死因は連鎖球菌?
 =「感染で合併症」の新説−オランダ研究者


              時事通信 2009年8月19日(水)16:03
【ニューヨーク時事】
 オランダにあるアムステルダム大の研究グループは19日までに、18世紀の作曲家モーツァルトは連鎖球菌に感染してのどの炎症を起こし、合併症である急性腎炎によって死亡した可能性があるとの新説をまとめ、米国の内科学紀要に発表した。

 モーツァルトは35歳だった1791年12月、ウィーンで世を去った。死因に関しては、毒殺やリウマチ熱など諸説あり、毒殺説を基にプーシキンの戯曲「モーツァルトとサリエリ」や映画「アマデウス」(1984年)が生まれた。

 研究グループは当時のウィーン市民の死亡記録を調査し、若い世代の間で全身のむくみというモーツァルト同様の症状を呈した死亡例が急増していたことを発見。この症状をもたらす連鎖球菌感染症の小規模流行があったと推論し、モーツァルトも犠牲になった恐れがあると指摘した。  



モーツァルトの死因に新説 連鎖球菌感染で合併症に(共同通信) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1451-9d6d19ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)