FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

新型インフル 日本でも死者、韓国でも二人、世界で2千人超

2009年8月16日(日)

 昨日、沖縄で新型インフルエンザを遠因とする日本発の死者が出た。
ご冥福をお祈りするものである。

 この男性は、インフルエンザが直接の死因ではなく、元々慢性腎不全で人工透析を受けており、心筋梗塞(こうそく)の治療歴もあった。
 これらの条件にインフルエンザが影響を与えて、肺炎を起こしたことによる敗血症性ショックだったという。(毎日新聞Web版等による)

 従って、『新型』ではないインフルエンザでも同様の事態になった可能性があり、「新型インフルエンザ」が決定的な要因とは断言できない。

 しかし、世界的に見ると既に「パンデミック」状態にあることは確かで、それも季節が【夏】の北半球でも感染が拡大していることには、充分注意する必要がある。
 これから数ヵ月後の秋から冬に掛けて、北半球では一層急激に拡大する危険が取り沙汰されており、他人事ではないことを肝に銘じておく必要があろう。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

新型インフル感染で国内初の死者


          医療介護CBニュース 2009年8月16日(日)12:00
厚生労働省と沖縄県は8月15日、新型インフルエンザに感染していた57歳の男性患者が死亡したと発表した。国内での新型インフルエンザ感染者の死亡例は初。また、舛添要一厚労相は「ウイルスの病原性が変化したものではない」などとするコメントを発表した。

厚労省などによると、死亡したのは沖縄県在住の57歳の男性で、心筋梗塞の治療歴があり、慢性腎不全のため、人工透析を受けていた。8月9日に咽頭痛、咳などの症状が現れ、10日に透析を受けた医療機関で簡易検査を行ったところ、A型陰性だったため、解熱剤の処方を受けた。12日に再び透析を受けたが、透析中に発熱、39度台まで上昇した。簡易検査でA型陽性となったため、透析後にタミフルを投与。胸部写真の心陰影拡大や全身状態が思わしくないことから、同日に別の医療機関に紹介、入院となった。
その後、14日未明に意識レベルが低下、肝機能障害と血小板減少がみられた。意識レベルはいったん改善するが、同日夕から呼吸苦が増強、透析を実施した。しかし、15日に入って循環不全となり、同日午前1時半ころに心停止。心肺蘇生によりいったんは心拍再開したが、午前7時前に死亡が確認された。緊急でPCR検査を行ったところ、新型インフルエンザ陽性であることが確認された。
この男性の周辺にインフルエンザ様症状のある人はおらず、同県は、感染源については不明としている。

また、死亡例の発生を受けて舛添要一厚労相は15日、「新型インフルエンザ(A/H1N1)による死亡者の発生について」と題するコメントを発表した。
この中で舛添厚労相は、「新型インフルエンザウイルスの病原性が変化したものとは考えておりません」としたものの、念のため国立感染症研究所でウイルス変異の有無などの確認を行う意向を示した。
また、現状について「新型インフルエンザの感染は拡大している状況」にあるとの認識を示し、国民に対し基本的な感染症対策を取るよう呼び掛けた。
 


新型インフル、持病ある人は重症化の危険性(読売新聞) - goo ニュース

新型インフルで2人目の死者=韓国(時事通信) - goo ニュース

新型インフル 世界では2000人超死亡 高齢者が重症化(産経新聞) - goo ニュース

「ウイルス変化とは考えていない」=新型インフル、初の死者で−厚労相(時事通信) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/1446-4a95eb45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)